岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

月別 2011年7月

とき:2011年7月30日(土)~31日(日)

ところ:広島県総合体育館(グリーンアリーナ)

概要:

 第57回日本母親大会が7月30日、広島県立総合体育館で開催され、全国から8500人が参加しました。全体会では被災県の岩手から70人、宮城80人、福島100人の参加が紹介されると、会場からは盛んな拍手が送られました。原発事故・放射能被害に苦しむ福島県の若いお母さんの涙の訴えに、参加者は「原発とこれ以上の放射能被害は許せない」と共感と共に連帯の拍手に包まれました。

大会実行委員長の高田公子さん(新日本婦人の会・会長)

大会実行委員会代表委員の高田公子さん(新日本婦人の会・会長)は主催者あいさつの中で、「大震災を通じて、国民の政治を見る目は大きく変わってきた。社会のきずなと連帯の力は地域の中でしっかりと根付いている。震災と原発事故への取り組みは子どもの未来を本当に守ることが出来るのか、今を生きる母親の責任を痛感させられる。命を守るため、核も基地のいらない日本へ、青い地球、日本国憲法を子どもたちにしっかりと手渡そう」と訴えました。会場では被災地への募金が訴えられ350万が集約されました。

広島の実行委員会作成のバックスクリーン

よく見るとメッセージで構成されています。

さらに近寄ると

「核と世界の子ども達」と題する歌と朗読の構成詩劇(地元広島)は感動をもって、称賛の大きな拍手が会場に響きました。反貧困ネットワーク事務局長の湯浅菜誠さんは記念講演の中で、「人間らしい社会は誰がつくるのか?」と問いかけ、「ないものをつくり、生きられる条件、社会をつくりましょう。社会が疲弊している。未婚率49%は異常。1年間に3万人も自殺しなくてもよい社会を」と話し、そのやわらかい語り口と、人柄からにじみ出る笑顔に魅せられ、会場からは共感の拍手が大きく広がりました。

湯浅誠さんのサイン会は長蛇の列に

歌手のクミコさんが特別参加して、3月11日の大震災に講演途中に遭遇した経験を交え、「INORI~祈り~」など2曲を歌われ、参加者にはCDのプレゼントと同時に、震災復興支援のクミコ募金が訴えられました。

各地の活動が紹介されました。来年は新潟です。(こいて~!新潟)

この後、参加者は市内パレードを行い、「ノーモアヒロシマ・ノーモアフクシマ」と訴えました。


, , , ,

と き:2011年7月28日(木)12:00~13:00

とこと:岡山駅ビックカメラ前

概 要:

  晴天の下、県労会議は脱原発を目指して宣伝と署名、シールアンケートを行いました。陽射しが強く、じりじりと焼かれるような暑さでしたが、9人が参加しました。暑さに負けることなく活動した結果、9筆の署名を集め、シールアンケートでは13人と対話することが出来ました。

「脱原発ポスター展」のポスターを使用した張り出し

 東日本大震災による福島第一原発事故以降、原発依存からの脱却は世界的な流れとなりました。日本国内でも「原発は段階的になくすべき」との考えは国民的合意になっています。県労会議の伊原事務局長は、「福島原発事故は地震や津波の危険性の指摘があったにもかかわらず、その指摘を無視したために起きた人災です」と安全神話に固執した体制こそが問題であるとしました。経団連が22日に発表した「アピール2011」では、日本の経済回復のためには原発への信頼回復が必要であると記されていました。また、震災復興のためと称し、法人税減税・消費税増税・労働規制の緩和の主張を繰り返しています。伊原事務局長はこの点について、「新聞各社が行った世論調査では国民の7割が原発からの段階的撤退を求めています。また、福島原発事故は未だに収束の見通しが立っていません。財界は原発から撤退すると電力が不足し、日本の企業が海外へ移転することになると脅しとも取れるような根拠のない発言をしています。財界の狙いは震災・原発事故を利用してでも自分たちの利益を守ることです。自らの利益のためなら国民を犠牲にしてもかまわないのでしょうか」と話し、「原発ゼロを目指す集会が東京で開催され、2万人が集結しました。将来の展望を開くためには私たち国民が声を上げることです」と訴えました。

 本日のシールアンケートは、13人の内10人が「原発に反対」と答えました。「原発への不安」は何かという問いに対しては、「人体への影響」が11人と最も多く、続いて「政治が信用できない」が9人、「使用済み核燃料の処理方法」が7人という結果です。また、20代の青年が「原発に賛成」と回答したのには驚きました。「日本の経済が心配」、「代換エネルギーの見通しがない」というのが原発に賛成する主な理由でした。

 県労会議は9月11日に脱原発県民集会を計画しています。アンケートの結果や宣伝での対話などを集会の参考にしていこうと思っていますので、協力お願います。

脱原発ポスター展はこちら 〝 http://nonukeart.org/ ″


No tags

とき:2011年7月26日(火)9時~

ところ:笠岡市役所~福山石野公園

概要:

7月26日、岡山県の平和行進も最終日となりました。笠岡市役所前では出発集会が開かれ、副市長さんが、「戦後66年が経過し、戦争を語り継ぐ人達も高齢化している。平和の尊さを子供たちに伝えたい。笠岡市は平和都市宣言をして、安全・安心の福祉都市をめざしている。核廃絶を訴えて広島へ行進を続ける平和行進の皆さんが、気持ちよく行進されることを願っている」とあいさつしました。議会議長さんも参加してくれました。

笠岡市副市長さん

笠岡地域平和行進実行員会代表の樋之津市議は、「昨年はNPT再検討会議が開かれ、日本から多くの方が参加した。笠岡でも2万6千を超える署名を集めて参加した。国連のパンギブン事務総長が、皆さんの核廃絶の運動に世界の人々が感謝する日が来るだろうと話してくれた。今年は、その約束の実行を迫る大会として成功させたい」と決意を語りました。

樋之津実行委員会代表

岡山コープの松岡れい子さんは、「戦争をなくすために、お互いを思いやる子どもに育てたい。その心を育て、何も感じない子どもにならないように戦争の悲惨さを伝えたい」と話しました。

松岡れい子さん

笠岡地区ではコープ生協の皆さんが沢山子どもたちと参加してくれました。筆者も一緒に歌いながら行進しました。通し行進の弓田君と中務さんは、「今日で最後の行進となった。元気半分、寂しさ半分。青年の平和の輪が広がって、もっと多くの若者と行進したい」と最後の行進を惜しむようにあいさつしました。

笠岡市からタペストリーが送られました。

行進団は福山まで歌いながら声を掛け元気よく歩きました。この日は115名が参加しました。

城見小学校近くまで来ると、例年通り城見保育園の子どもたちが、かわいい声援で迎えてくれました。また、城見小学校では地域実行委員会の皆さんからそうめんと冷たい麦茶がふるまわれました。美味しかったですよ。

城見保育園の園児たち

ボンボンを持って出迎えてくれました。

福山では広島の皆さん約100人が出迎えてくれました。

引き継ぎの会では県原水協の代表である花田県労議長が、「岡山県では通し行進の青年を先頭に、多くの青年が熱い思いで行進を続けた。岡山では途中、台風で1日行進が中断されたが、元気いっぱいで行進。この行進を始めて22日の新聞で、アメリカが臨界核実験をしたとする報道がされた。核を独占と核抑止力論で世界を支配しているアメリカの脅威こそが問題であり、各国が核を競い合って配備してきた時代を終わりにして、核兵器をなくすための具体的な行動をはじめよう」と広島にエールを送りました。

挨拶する花田議長

広島を代表して挨拶する尾野県労連議長

広島に行進を引き継ぐ弓田君、中務さん

広島に引き継いだ岡山県労会議と広島県労連の皆さん


,

と き:2011年7月25日(月)

コース:金光支所~笠岡市役所

概 要: 

 いよいよ平和行進も終着点目前です。本日の平和行進は曇り空の下で行われ、行進しやすい天候となりました。金光支所で行われた出発式で、全国通し行進者の石崎忠男さんは、「いよいよ広島が近付いてきました。しかし、まだ平和行進が終わったわけではありません。今日もがんばって歩きましょう」と話しました。県内通し行進者の弓田盛樹さんは、「1946年の今日ビキニ環礁で史上5回目の核爆発が行われ、多くの悲劇を生みました。福島原発事故も同様に多くの悲劇を生んでいます。平和行進を歩ききることで、2度と悲劇を繰り返さないことを伝えたいです」と話しました。中務愛子さんは、「本日のスタート地点である金光は私の地元です。地元で平和行進が行われることはとてもうれしいです。今日も頑張ります」と元気よく決意を表しました。

 夏休シーズンということもあり、沿道には中学生や高校生の姿がありました。練習中の野球部の高校生は、「こんにちは!」と元気よくあいさつをしてくれました。また、トラックドライバーの男性は、「広島まで頑張ってください!」と励ましてくれました。

 笠岡市役所に到着したのは15時30分でした。到着後、毎年恒例となっている平和の願いを込めた風船を飛ばしました。

明日で岡山県内平和行進は最終日を迎えます。最後の最後まで平和の思いを叫び続けて行きましょう。


No tags

とき:2011年7月25日

ところ:岡山労働局賃金室

概要:岡山県労会議は7月25日、午前11時岡山地方最低賃金審議会会長・安田誠一様宛で「平成23年度の岡山地方最賃改定審議会に関わる意見書」を提出しました。また、専門部部会の委員として生協労組おかやま関連一般の濱さんを推薦しました。

意見書はココ2011地方最賃改定意見書173kb

添付書類はココ2011最賃体験まとめ76.8kb


, ,

と き:2011年7月24日(日)

コース:船穂支所~金光支所

概 要:

  本日の平和行進には40人以上が参加し、船穂支所から金光支所までを行進しました。本日も猛暑日となりましたが、元気いっぱいに行進はスタートしました。

船穂支所で行われた出発式で、県内通し行進者の弓田盛樹さんは、「今日で平和行進は80日目を迎えます。県内行進も残すところ3日です。来年の平和行進には青年を100人参加させたいです。そのためにも、今日も元気に平和を叫びます」と話しました。中務愛子さんは、「本日の終着地点の金光は私の地元です。金光のみんなに平和を訴えて歩くことになるとは思ってもいませんでした。私自身が中心となって平和運動を活性化させたいです」と元気に話しました。

 本日の行進は中務愛子さんの掛け声を先頭にスタートしました。また、本日の行進には先日か引き続いて京都生協労組の仲間が参加しました。

清音支所に到着後昼休憩を取りました。清音支所では倉敷医療生協船穂支部の方々からそうめんとちらしずしのもてなしがあり、美味しく頂きました。

また、玉島ケーブルテレビによる取材と撮影が行われ、平和行進の広がりを感じました。

 終着地点の金光支所に15時くらいで、予定よりもかなり早い到着となりました。金お光支所からお茶の接待を受け、行進団一同、喉を潤し解散しました。

いよいよ平和行進も大詰めです。明日は、金光支所から笠岡市役所まで行進します。岡山県内平和行進も終了目前です。


No tags

と き:2011年7月23日(土)

コース:総社市山手支所~真備支所

概 要: 

 本日の平和行進には80人が参加し、総社市山手支所から真備支所までを歩きました。総社市山手支所では平和への思いを綴った短冊が手渡されました。

今日もがんばります

総社市山手支所で行われた出発式で、県内通し行進者の弓田盛樹さんは、「自衛隊が海外派兵された時の武器使用権限を強化しようとする動きがあります。そもそも、自衛隊を海外へ派兵することは憲法違反です。平和行進で憲法を守ろうの声を高く上げましょう」と話しました。中務愛子さんは、「いよいよ平和行進も大詰めです。みなさんと平和行進を歩くことで、運動が進んでいることを実感します。今日もがんばりましょう」と決意を表しました。

出発です

 最高気温が35度を超える中、行進は弓田盛樹さんの掛け声を先頭に元気にスタートしました。また、本日の行進には京都から生協労組の仲間が駆けつけてくれました。途中から歌を歌ってくれたりと、行進を大いに盛り上げてくれました。

行進を大いに盛り上げてくれました

夏といえば沖縄

 終着地点の真備支所では、医療生協の和泉さんが挨拶をしました。和泉さんは、「平和のために私たちにも出来ることがあります。平和について話すこと・学ぶこと・歩くこと・仲間を増やすこと・勇気の心を作ること。私はこの言葉が大好きです」と訴えました。

医療生協の和泉さん

明日から平和行進は80に日目になります。広島まで後わずかです。広島を目指してがんばりましょう。

 

まだまだ行進は続きます


No tags

と き:2011年7月22日(金)

コース:倉敷市役所~船穂支所

概 要:

  本日の平和行進も晴天の下で行われ、倉敷市役所から新しく完成した船穂支所までを行進しました。午前中は40人が参加し、元気よく平和な世界を求めて声を上げました。

 水島支所に到着後昼休憩を取りました。水島支所での出発式では折り鶴とテナントが渡されました。また、合唱団が歌を歌い集会を盛り上げました。その後、健寿協同病院でミニ集会が開かれ、利用者の方々が折った千羽鶴が贈呈され、その数は3万羽もありました。利用者には高齢の方もおられ、行進者一同が胸を打たれました。また、午後からは参加者が増え、合計150人の大行進になりました。

健寿協同病院出発後、霞橋を渡りました。橋の上は風が心地よく、爽快な行進になりました。全国通し行進者の石崎忠雄さんは、「橋の上を歩くのはめったにない。とても風が気持ちいいですね」と元気よく橋を渡りました。

霞橋を抜けてしばらく行くと、第1回平和行進で岡山県内通し行進をされた、柚木進子さんのご家族が沿道で迎えてくれました。平和行進の歴史を感じる一場面でした。

 次回行進のコースは総社市山手支所から倉敷市真備支所です。この総社市コースは平和行進の歴史のあるコースだそうです。どのような出会いがあるのか楽しみです。


No tags

県労会議のスケジュールを更新しました

新しいスケジュールはココ県労会議7月25日~9月3日までのスケジュールPDF80.3kb

団体からのチラシはこちらに掲載。クリックしてみてください

2011.9.3~4私たちのまち岡山を考える市民のつどい

2011.9.4冤罪「布川事件」学習会


 と き:2011年7月21日(木)

コース:早島町役場~倉敷市役所

概 要:

  本日の平和行進は晴天の下で行われ、70人以上の人が参加しました。早島町役場に午前9時に集合し、出発式を行いました。出発式では日本共産党の須増伸子さんが歌を歌い、参加者は盛り上がりました。

須増伸子さんは歌が上手い!

県内通し行進者の弓田盛樹さんは、「昨日は13人の子ども達が行進に参加してくれました。子ども達が大きな声で“戦争反対”と言うのを聞いて私も負けられないと思いました」と話しました。同じく県内通し行進者の中務愛子さんは、「早島町には友人もたくさんいます。あいにく友人は本日の平和行進には参加していませんが、友人に届けるつもりで今日もがんばります」と話しました。

本日も頑張って歩くと決意を表明

 本日は弓田盛樹さんのシュプレッヒコールを先頭として、平和行進を歩きました。行進に気付いた沿道の人たちは大きく手を振って応えてくれました。また、車を停車して、「頑張って歩いて下さい」と激励の言葉をかけてくれた男性もいました。コープ倉敷北で昼休憩を持ち、平和行進参加者全員にカレーを振舞ってくれました。

みんなで歌いながら行進をしました

倉敷駅構内から倉敷商店街内では多くの人に歓迎される行進となり、倉敷駅内にいた高校生は「こんにちは平和行進です」というシュプレッヒコールに元気よく、「こんにちは」と応えてくれました。倉敷商店街内ではお店の中から手を振って挨拶をしてもらうことが出来ました。倉敷市の多くの人の注目を浴び、商店街の活性化にも少しは貢献できたのではないでしょうか。

青年が平和への思いを訴えました

先輩も負けていません

 平和行進もいよいよ後半の日程となり、倉敷地域に入りました。広島まであとわずかですが、暑さに負けることなく「平和」を叫び続けて行きます。


No tags

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top