岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   活動日誌

とき:2018年4月26日(水)12時15分~&17時の2回

ところ:岡山駅西口サンステ

4月25日(水)、JAL争議支援第2弾。最初は12時15分から岡山駅西口サンステで30分間の宣伝。参加者は6人でした。チラシは300枚配りました。17時から国労主催の争議支援のお手伝いです。ついでなので、お昼に余ったチラシを200個くらい持参しました。

昼とはうって変わって、風は強く、かなり寒くなりました。17人が参加して国労片岡書記長の訴えと、JAL西岡さん、再び後藤委員長と続きました。始まって30分も立たないうちに700枚のチラシを配り終え、予定よりも早く終わってしまいました。

実はこの宣伝、JR福知山脱線事故から13年を振り返り、公共交通機関の安全運航を求めての宣伝ということで、JALの安全運航と争議解決も同時に訴えたところです。経営者が責任を逃れて、社員に押し付けていること。安全軽視の姿勢は変わらず、事故があっても根本的な解決には至らないこと。さらには儲からないことにはお金を掛けず、人員整理は執拗に繰り返す、などの安全軽視はどちらも共通点があることです。


チラシを渡しながら「脱線事故から13年なります。安全が一番」とお話すると、「もう13年になるんですね」と言葉を返していただいた方がいました。また、「JALは放漫経営だった。自業自得じゃないか?」という人もいましたので「経営者は誰一人として責任を取ってない。社員に責任を押し付け、会社再建でも経営者は社員の自主退職を求め、整理解雇をしただけ」と話すと、「確かに先に経営責任を果たしてからだな」と納得してくれました。対話をすると「関心を持って下さっていることに感謝」したくなります。
もっと、多くの人に事実を知ってほしいと思います。どんなことを経営者がやったとしても犠牲になるのは利用者です。事故が起こってからでは遅いんです。市民が声を上げなければと思います。

19時からは国際交流センターで集会も開かれ51名が参加しました。


No tags

とき:2018年4月24日(火)17時30分~

ところ:岡山駅西口さんすて

4月 24日(火)憲法宣伝。6人が参加、19筆の署名を集約しました。知人が3人署名をしてくれたという報告。学生さんが長い間質問をしていました。結果はどうなったのか?通り過ぎた人が引き返して署名をしています。訴えが届いたからかな?署名をした人が何かを話しています。手ごたえを感じます。

参加者の割に署名に応じてくれた方が多い印象です。雨でしたから無理かな?と思っていましたので意外な成果でした。参加者の内、組合関係は1人でした。ちょっと寂しいがこれが現実。毎週、マイクを握っていますが今日は私自身、ちょっと疲れ気味。署名をした頂いた皆さんに感謝。ご一緒に声を上げることができればいいのですが、きっと、同じ思いの方もいらっしゃると思います。次回は28日です。


No tags

と き:2018年4月10日(火)17時30分~

ところ:岡山駅西口さんすて

4月10日憲法宣伝。6人が参加、署名は11筆でした。準備をしていると、ポスターやのぼりをジーッと見ているご婦人に気付きました。「何が御用でしょうか」と声を掛けると「署名ですか?」と聞かれたので「そうです」と言って署名用紙を出すと早速書いてくださいました。今日は出だしがいいです。


気温も暖かくなり、署名にはちょうど良く、4月はじめということもあって、リクルートスーツを着た若い人は沢山行き来しています。ほとんどの人はしてくれませんが、中には積極的に歩み寄てくれる人もいます。チラシを受け取って恥ずかしそうに笑っている人もいます。そうでしょうね?気心もまだ知れていない仲間の中で、チラシを受け取ることの反応は予想がつきません。どうやら、周りは無視の様子に笑って、チラシを別の人に渡す人もいます。


そんな様子を見ながら「未来を創造できるのが人間です。このままで日本が平和で安心な国であり続けられると考えている人はいないと思います。どうすればいいのかご一緒に考えましょう」と訴えました。


No tags

4月9日、核兵器廃絶の宣伝・署名行動に10人が参加、17筆でした。原水協事務局長が病気から復活。まだ十分ではないらしいが宣伝ではマイクで訴えました。今日は息切れがするらしく、人が連携して訴えを続けました。


今日も肌寒い日でした。なかなか署名をしてくれる様子もなく、「厳しいな」と思っていると、意外に集まった感あり。市職労さんが新人さんを伴って2名で参加されました。その新人がなんと5筆も集めました。素晴らしい。

核兵器禁止条約批准国が7か国になりました。核保有国は相変わらず熾烈な核開発競争をしています。北朝鮮の核開発を契機にまた増産しているようです。こんなことで世界平和を実現できるはずはありません。

国際的な「核廃絶の世論」を広げる必要があります。日本にはその責任があります。被爆国ですから、原爆の恐ろしさを十分にわかっている国ですから当然です。
今日は事務局長さんの退院を祝って集合写真を撮りました。

 


No tags

とき:2018年4月6日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

4月6日、金曜イレブンアクション。久々の雨で肌寒い抗議行動となりました。16人の参加で熱気がこもったデモ行進となりました。それもそのはず、前回の替え歌に続いて今回もワルツの歌声を電力会社周辺に響かせ、雨カッパの下は汗で濡れるほどでした。
476回目となった抗議行動ですが、ニュースの紹介では玄海原発再稼働の裏で配管の蒸気漏れあった報道に触れて、何と電力会社は2006年以降、同じ場所を40年以上持つと判断して点検していなかったというのですから驚きです。こんなことで原発の安全性が保たれるはずはありません。絶対に容認できないトラブルです。


福島第1原発事故に関わっては、当時102歳の大久保文雄さんは事故が原因で自殺しました。因果関係が認められ東電が慰謝料を支払うことになったのですが、地裁の判決で判決を双方が受け入れ、東電は遺族に謝罪しました。地裁判決で終わってよかったと思いますが裁判で争う判決が出なければ謝罪しない東電の姿勢には疑問を持ちます。さらに、再稼働に執着する姿にも疑問があります。本当に反省しているのでしょうか?
今日の替え歌を1番だけ紹介します。
声出し 腕組んで 抗議する(とめろ)/再稼働(とめろ)許さない/避難の 苦しみが わかるのか?(とめろ)/それならば(とめろ) 今すぐに/福島の 人たちは 今でも
帰れない ふるさと 汚染した/福島の 人たちは 今でも/仮設 暮らし 悲しい
と福島の人達の無念さを歌いました。


No tags

4月4日 岡山県労会議のスケジュールを更新しました。

更新したスケジュールはココ岡山県労働組合会議にスケジュール4月5日~5月3日

 


No tags

と き:2018年4月3日(火)12時30分~

ところ:岡山駅東口マツキヨ前

4月3日(火)12時30分~、アベ政治を許さないプラスターアクション。替え歌らか始めました。「知らない 言えない トボケルナ/訴追の 恐れは 嘘っぽい/何のために 証人喚問 テレビに ぼやいた/首相をかばい 夫人をかばう/何が そうさせた」と歌いながら、安倍政権の公文書改ざんに対する疑惑を追及しました。裁量労働制のデータ捏造、自衛隊の南スーダン派兵とイラク派兵に関する日報の隠ぺいと改ざん疑惑が新たに浮上しました。どこまで行ってもウソばかりに政治に国民はうんざりですが、ここで追及を緩めてはいけません。国民の世論こそが政治を決め、暮らし改善に道を開きます。

社民党の野崎さんは、「腐敗した政権に政治は任せられない。戦争をする国にさせないためにも、3000万署名を成功させよう」と切々と話されました。

共産党からは垣内さんと林市議が訴えです。自衛隊の日報隠しは安倍政権の本質を表している。政治の信頼が崩れており、私たちの手で信頼の政治を取り戻そう」と独自のプラスターと横断幕を掲げてリレートークです。

ここで参加者は「そだねーコール」です。「森友疑惑 徹底究明 闘うぞ そだねー/公文書改ざん 許すな そだねー/安倍首相 うそつくな そだねー」と声を揃え、新婦人の赤坂さんにバトンタッチです。

「安倍政権の支持率が下がっています。特に女性の支持率が急激に減っている。もっと、声を広げ、退陣に追い込みましょう」と力強く訴えました。

森友疑惑は朝日新聞の報道が契機になって、沈静化していた疑惑が一気に世論化しました。そのマスコミの法律である放送法4条を削除しようとする文章が明らかになりました。

「公平に真実を書き、賛成反対の両論を併記する」というのが4条です。これを削って何をしようとしているのか?もう明らかです。これ以上、安倍政権を放置するわけには行きません。私たちの手で政治を浄化しましょう。


No tags

と き:2018年3月30日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支店周辺

桜散る岡山市内は春の陽気で浮かれています。私たちは相変わらずの抗議行動ですが、今日も行動に16人が参加しました。

東京電力の国からの借金は13.5兆円になるそうです。返済できるのでしょうか?そんな会社が再稼働で再び事故を起こせば国がひっくり返る大問題ですがどうやら国にはその気はないようです。借りた金はすべて私たちの電気代で返すのでしょうが呆れたものです。さすがに検査院も「見直しのおそれ」と言っていますが、「踏み倒しのおそれ」あるいは「国民に借金押し付けのおそれ」の間違いではないでしょうか?伊方原発2号機の廃炉が決まりました。「廃炉は苦渋の判断」だそうですが、「安全対策費用に2千億円近くかかるから」というのが理由です。涙が出そうです。命は軽いのでしょうね。確かに2千億円は重たいでしょうが、悔しくて涙があふれそうです。

今日は宿題をいただいていた替え歌が今回のニュースを知ってできましたので早速、お披露目です。「①仮設の暮らし 早7年/支援を切られて あても無し/退去を迫られ 困る日々/政府は何を 見てるのか?②仮設の暮らし 早7年/電力会社は なぜ倒れぬ/支援のお金 止めどなく/負担の仕組み 電気代」

しばらく晴れ間が続くそうです。元気に頑張ります。


No tags

と き:2018年3月28日(水)12時15分~12時45分

ところ:岡山駅西口さんすて

春爛漫、さくらは満開です。3月28日(水)JAL宣伝に7人が参加してくれました。用意した400枚のチラシは30分で無くなるほど反応がよくてびっくりです。チラシを広げてみる人が目立ちました。中には「息子がJALに勤めているが何かあったのか?」と聞く人もいました。


「JALは安全よりも利益優先の会社に変わった。32年前の御巣鷹山の墜落事故を忘れたのでしょうか?今でもパイロットや客室乗務員が足らない状況にも関わらず、解雇者を職場に戻そうともしない。年間で2000憶円も利益を出している会社です。戻せないはずはありません。戻せば利益も上がるし、労働条件も緩和できます。ご一緒に安全第1と声を上げてください」と訴えました。


通行する人たちは黄色ののぼりを眺めながら、「何があったのか?」と不思議そうです。もう解雇から7年が経ちましたから当然です。震災と同じでもう忘れられています。月1回の宣伝ですが、記憶を取り戻す日でありたいと思います。


No tags

と き:2018年3月23日(金)

ところ:中国電力岡山支社周辺

3月23日(金)、原発ゼロを目指すイレブンアクション岡山は274回目となる抗議行動を行い、21人が参加しました。

九州電力は23日11時から玄海原子力発電所3号機を再稼働させました。3月14日には関西電力が大飯原発を再稼働させました。原発事故後の新規制基準下の再稼働は、全国で5原発7基目となります。

約7年3か月ぶりの再稼働ですが、福島原発事故の原因究明、放射能汚染の解決の目途もない中での再稼働とあり、地元では再稼働ありきの九州電力に対する抗議の声が上がっています。

参加者は、東日本大震災による福島第一原発事故を風化させるなとコールしながら歩きました。


No tags

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top