岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

月別 2012年10月

と き:2012年10月29日(月)18:30~

ところ:県労会議会議室

概 要:

 安保破棄岡山県実行委員会は、11月23日(金)から3日間に渡り東京で開催される、日本平和大会2012の参加者を対象に事前学習会を行いました。中尾元重さん(安保破棄岡山県実行委員会代表)を講師にした今回の学習会には7人が集まりました。

講師の中尾元重さん(^_^)/

 中尾元重さんは日本平和大会の歴史について、「第二次世界大戦終結後、核兵器使用の危険を含めて東西冷戦構造が激化する初期の段階で、1949年4月、ジョリオ・キューリー、ピカソ、アインシュタインらの呼びかけにより、第1回平和擁護世界大会がパリとプラハで開催された。全面占領下にあった日本でも、呼応して第1回平和擁護日本大会が東京で開催され、日本平和委員会の結成など、全国的な平和運動の幕開けとなった」とし、「1986年11月、日米安保史上初の日米統合実動演習が行われるという新たな情勢に際し、『軍事同盟打破・基地撤去』を中心課題とした日本平和大会が横田基地を抱える東京・昭島市で開かれた。この平和大会はその後毎年、全国の米軍・自衛隊基地所在地で開催され、日本の安保・基地反対闘争の発展に重要な役割を果たしてきた。今年で26回目を迎える」と話しました。


みんな真剣に学習しています\(◎o◎)/!

 今回の日本平和大会2012にはアメリカ、アジア、ヨーロッパなどの平和活動家も大きな期待をもって参加します。軍事同盟打破と外国軍事基地撤去を要求し、アメリカの覇権主義に反対する国際交流と連帯の場になっています。

 


, , , , , , ,

と き:2012年10月26日(金)12:15~

ところ:中電岡山支社周辺

概 要:

 原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は、13回目となる原発建設・再稼働に抗議する抗議を中電岡山支社前で行いました。今回は39人が参加し、「しあわせなら手をたたこう」の替え歌に合わせて中国電力に抗議ました。

 東京電力が福島第1原発事故後、青森県東通村に対し、7600万円支払っていたことが朝日新聞の調べで分かりました。東電は東通原発の建設費として処理していますが、経済産業省は「寄付金に近い」と判断しています。東電は事故後、同じ名目でとなりの青森県六ケ所村にも約2億7千万円を支払っています。東電は今年の5月、賠償に伴うコスト削減として、寄付金の廃止を表明していました。

※予告

原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山実行委員会― フィールドワークPart3―

 鳥取県北栄町(ホクエイチョウ)風力発電の見学で自治体と住民の取り組みを聞こう

 11月22日(木)9時出発 鳥取県倉吉で町並み見学と食事 15時~北栄町風力発電の見学


, , , , ,

予告

原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山実行委員会

フィールドワーク第3弾

鳥取県北栄町(ホクエイチョウ)風力発電の見学で自治体と住民の取り組みを聞こう

11月22日(日)9時出発 鳥取県倉吉で町並み見学と食事 15時~北栄町風力発電の見学

チラシはココ11.22風力発電北栄町

興味ある方は事務局にご連絡ください。☎086-221-0133


,

と き:2012年10月19日(金)12:15~

ところ:中電岡山支社周辺

概 要:

 原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は、12回目となる原発建設・再稼働に抗議する抗議を中電岡山支社前で行いました。33人が参加し、今回は「365歩のマーチ」の替え歌に合わせて原発ゼロを訴えました。

 原子力規制員会は10日、原発の安全規制に関して外部の有識者から参考意見を聞く際に、人選となる基準を決定しました。電力会社や原発メーカーから過去に寄付を受けた専門家については金額などを公表しますが、対象から除外しないことになりました。規制員会の内規によると、過去3年以内に原発会社に所属していたり、50万円以上の報酬を受け取っていた専門家は起用されません。しかし、寄付は公表されますが起用することは制限されません。これでは規制の意味がありません。

 脱原発100万人統一行動実行委員会は、11月11日に全国一斉行動を呼びかけています。岡山でも集会とパレードを予定しています。


, , ,

岡山行動のご案内

とき:11月11日(日)13時~14時

ところ:岡山市石山公園(30分集会)

内容:集会とパレード

   集会では倉敷と岡山の原発ゼロ運動の紹介

   県知事に手紙を届ける「原発いらないママアクション」からの活動報告

   大塚愛さんによる「福島第1原発事故の刑事訴訟」の紹介を予定しています。

   短時間ですが、岡山県内の様々な団体の活動を紹介できればと考えています。

  集会の案内はこちら11.11原発ゼロ岡山行動

   


,

と き:2012年10月12日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社周辺

概 要:

 10月も半ば、いよいよ本格的に秋です。発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は12回目となる中国電力岡山支社抗議行動を行いました。今回の行動には34人が参加し、「ピクニック」の替え歌に合わせて原発ゼロを訴えました。

 原発再稼働の判断をめぐって政府と原子力規制委員会が責任を押し付け合っている問題で、再稼働を自動的に進めて行く狙いが浮かび上がっています。さらに、野田政権が9月14日に決定した「2030年代に原発稼働ゼロをめざすエネルギー・環境戦略」は、実際には原発再稼働容認であり、使用済み核燃料の再利用政策も継続していくという矛盾だらけの内容でした。

 財界・電力会社は政府と結託して原発を推進め続けています。私たち国民の「原発NO!」の声を大きく発言しましょう。


, , , , ,

と き:2012年10月6日~8日

ところ:倉敷芸文館

でっかい感動ありがとう

10月6日~8日、労働者教育協会主催の全国学習交流集会が倉敷芸文館で開かれ、全国からの参加者は600人を超えました。初日は全体集会として全日空の尾崎恵子さんが「輝いていきたい、仲間とともに」と題して、自らの労働組合活動を紹介しながら記念講演。

講演する尾崎恵子さん

その後は「感想交流会」が開かれ、尾崎さんの講演をもとに労働組合の役割や日頃の活動の大切さなどを語り合いました。夜は「出会う・つながる交流会」として、全国の参加者が出身県の情報や趣味を交換しながら盛り上がりました。参加者が主役の分科会では安保や青年の活動など10のテーマに分かれて、学び交流しました。熱心な討議に時間を忘れるほどで、参加者はそろってこの感動を活動に生かしたいと口々に語っていました。

今日の安保情勢と課題を話す山田敬男会長

3日目は下野関私立大学の関野秀明さんが「現代の政治課題と科学の目」と題して貧困をテーマに講演しました。感想文には、「生き方が変わった」「すごく楽しかった」「この感動を地元に持ち帰って活かす」などの決意と感動に満ちた内容がびっしりと書かれていました。

関野秀明先生

地元の実行委員も疲れを見せながらも、労働者教育協会・山田会長が閉会の挨拶で語った、「憲法と安保に強い学習活動家を育てよう」という言葉を大切に今後も活動していこうと言葉を交わしていました。講演をされた尾崎さんも関野さんも学習意欲に満ちた参加者を前に、講演にも力が入った様子がよく分かりました。今回の交流集会は4年前に衆議院選挙を心配して流した経過があり、リベンジとも言える集会でしたが、前回の東京集会が少なかっただけに、中央の役員の方も大変喜んでいました。いつの間には「岡山の成果や教訓を活かそう」が共通語になっていました。

講演のまとめはココ10.6~8全国交流集会・講演まとめ


, , ,

と き:2012年10月5日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社周辺

 10月になり、涼しい気候になりました。季節は秋になっています。発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は11回目となる中国電力岡山支社抗議行動を行いました。今回の行動には37人が参加し、「みんなでつくろう」の替え歌に合わせて原発ゼロを訴えました。

 東日本大震災以降、建設工事が中断されていた大間原発ですが、2012年9月14日に国の革新的エネルギー・環境戦略が決まったことから、10月1日に工事を再開しました。大間原発の建設工事再開は、電源開発社長が、「40年間は原発を動かしたい」と発言していることからも、政府の2030年代稼働ゼロの方針に明らかに矛盾しています。また、建設地は、「大間マグロ」で名高い漁業の町になっており、重大な事故が起きれば、漁業に甚大な影響を与えることになりかねません。

 政府・電力会社の居直っているとも取れる態度に断固として抗議していきましょう(^_^)/

 

(お知らせ)

私たちの運動に協力していただいている「原発止めたい!!ママアクションinおかやま」のみなさんが、第4回お手紙アクションを行われます。お時間のある方は「原発を止めて」のお手紙をもって、2012年10月11日(木)11:00に岡山県庁本庁舎1F受付前に集合してください。

詳しくはこちら→http://tometaiokayama.web.fc2.com/


, , , , ,

と き:2012年10月3日7時30分~

ところ:岡山駅ビックカメラ前

民主県政をつくるみんなの会として岡山駅まで宣伝

民主県政を作るみんなの会は10月3日朝7時30分、岡山駅ビックカメラ前で通勤する労働者に向けた宣伝を行いました。のぼり旗(シンボルカラーはグリーン)を立て、「いのちくらし最優先の県政を」と書かれた横断幕を掲げチラシ250枚を配布しました。宣伝には14団体23人が参加しました。

訴えを行う中嶋代表

最初に訴えを行った中島代表委員は、「岡山県政はこれまでの無駄使いによる財政難を県民と県職員に押し付け、他県と比べても低福祉で暮らしにくい岡山県にしている。吉備高原開発やチボリ公園事業に使った財政の付けは、社会的弱者へも容赦なく伸し掛っている。障害者の医療費助成も千円の負担ができないのかと冷たい言葉が投げられ、自治体の使命である住民福祉がないがしろにされている」と住民福祉最優先の県政実現の展望を語りました。

花田自治労連委員長

自治労連花田委員長は、「岡山県政は障害者の医療不負担だけでなく、国保への県独自支援額も2007年度の5567万円から2010年には2912万円と減らされ、住民負担を減らそうと頑張っている県内自治体の動きに逆行している。県の職員や教員が減らされ、さらに1200人の減らす計画だ。賃金は県独自に7.4%も減らされ、全国最悪。岡山県政は財界言いなりであり、この流れを変えない限り安心して暮らせる県政は実現しない。住んでよかった県政にするためにご一緒にがんばろう」と県民と一緒になって県政を変える決意を語りました。

立候補を表明した大西幸一氏

大西幸一知事候補は、「民主県政つくる会の推薦を受けて決意も新たに立候補を表明した。住民の血税を無駄な公共事業につぎ込み、県財政を厳しくしたことへ反省のない候補者に岡山県の舵取りは任せられない。また、TPPや消費税増税、危険なオスプレイ配備、原発ゼロなど、国の悪政を批判できない県政では県民の声を代弁する知事の役割は果たせない。皆さんの先頭に立って住んで良かったと言える岡山県を実現したい」と訴えました。


, ,

とき:2012年9月26日(水)10時~

ところ:岡山県人事委員会(丸の内会館)

9月26日、岡山県労会議と岡山県公務・公共業務労働組合共闘会議(公務共闘)は岡山県人事委員会に対して「2012年度岡山県人事委員会の勧告にあたっての要請書」を提出しました。要請には県労会議から花田議長、伊原事務局長、公務共闘から岩佐高教組委員長、鷲尾自治労連副委員長、田中自治労連書記長、星原自治労連書記次長が参加しました。

要請書を渡す花田県労会議議長受け取りは県人事委員会の花田次長)

要請内容は①「全体の奉仕者」として誇りと尊厳を持って職務に専念出来るよう、人事院勧告に追随することなく、賃金・労働条件の改善・充実を図る勧告を行うこと、②最低賃金を時給1000円以上にすること、③県独自の賃金カットの即時中止を求めるなど毅然とした対応を行うこと、④非正規職員の雇用の安定をはかるとともに、賃金及び労働条件の改善を行うよう勧告すること、⑤新たな高齢期雇用については「雇用と年金の接続」を大原則として、制度設計にあたっては労使間での十分な協議を行うことなど、13項目を要請しました。伊原事務局長は毎年の公契約キャラバンに触れて、「自治体職員最低賃金は非正規の場合時間給が1000円以下であり、民間の臨時やパートの時間給平均以下となっている。最低賃金は政労使の約束で2020年までに1000円以上とすることが合意された。公務でもこうした約束を踏まえた賃金改訂をすべき」と県人事委員会の姿勢を問いただしました。

 要請の様子

対応した花田次長は作業の状況については、「具体的な数値は検討中である。勧告時期は例年どおり10月上旬を目途にしている。賃金カットは今年度で終わるという前提で勧告する。非正規労働者については人事委員会が所管していないので任命権者に話してほしい。高齢期雇用は制度が示されてから、それをふまえて検討する。今日の要請内容は委員に伝える」と話しました。非正規について、再度、「任命権はなくとも賃金に関わる重要な問題であり、非正規の賃金も含めた議論をしながら勧告をすることが重要ではないか?数字だけ勧告すればいいものではない」と強調しました。

要請書はココ2012.9.26岡山県人事委員会の勧告にあたっての要請

資料はココ2012.9.26人事院への要請資料


, , ,

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top