岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   日程ご案内

予告

原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山実行委員会

フィールドワーク第3弾

鳥取県北栄町(ホクエイチョウ)風力発電の見学で自治体と住民の取り組みを聞こう

11月22日(日)9時出発 鳥取県倉吉で町並み見学と食事 15時~北栄町風力発電の見学

チラシはココ11.22風力発電北栄町

興味ある方は事務局にご連絡ください。☎086-221-0133


,

 季節はすっかり春ですね(*^_^*)大好評「学習の友」読書会の案内です。

学習の友5月号には「やりがい、イッパイ、労働組合」という特集があり、労働組合に集まっている青年からの実践報告や活動に対する悩みへのヒントなどが掲載されています。今回は「青年」に焦点をあて、参加者のみなさんとディベートしていきたいと思います。労働組合に結集している人も、そうでない人もどなたでも参加できます(^_^)/毎回個性豊かなメンバーが集う、おもしろいこと間違いなしの読書会ですヽ(^o^)丿ぜひぜひ参加してください!!

と  き:2012年5月7日(月)19:00~20:30

と こ ろ:県労会議会議室

参加費:無料


, ,

春が近づいてきています(^_^)/4月を迎えた「学習の友」の読書会はどんどん芽吹いていくこと間違いなしヽ(^o^)丿
今回は「学習の友」4月号を使います。
4月号では「有期雇用の抜本規制、パート労働法の改正を」「最低賃金は少なくとも1000円以上に」という特集が組まれています。
すでに春闘はスタートしており、野田政権の国民にいじめの政治に対して、国民世論を結集して闘うのが私たちの運動です。運動に休みはありません。気を許せない日々が続いています。「まるで、善と悪の闘いのようだ」と評される2012年春闘。

春闘だけでなく、参加者一人一人の生活の悩み不安などについても話しましょう(*^_^*)
毎回個性豊かなメンバーが集う、おもしろいこと間違いなしの読書会ですヽ(^o^)丿ぜひぜひ参加してください!!

と  き:2012年4月5日(木)19:00~20:30

と こ ろ:県労会議会議室

参加費:無料


No tags

「第4の革命」とは・・・

 爆発的な風力発電導入を実現した、ドイツの1990年の電力買い取り法、そして2000年にドイツで制定され、その後太陽光発電の導入の起爆剤となった「再生可能エネルギー法」。これら2つの法律を制定させた中心人物こそ『第4の革命 – エネルギー・デモクラシー』のメイン出演者である、ヘルマン・シェーア氏です。この映画はシェーア氏の提案により4年がかりで完成。2010年、ドイツで最も観られ、その後のドイツのエネルギー政策に影響を与えたドキュメンタリー映画となっています。

 著名な環境活動家やノーベル賞受賞者ムハマド・ユヌス氏、起業家イーロン・マスク氏や政治家らによって、これから30年以内に100%自然エネルギーへのエネルギーシフトが可能だということを、様々な角度から分析し紹介する。この映画は自然エネルギーへの認識を高め、新しいエネルギー時代への夜明けへと人々を導いてくれます。

詳しくはこちらhttp://www.4revo.org/abou

上映会&トーク:2012年3月17日(土)

□会  場:岡山県立図書館デジタル情報センター(岡山県岡山市北区丸の内2-6-30)

□チケット:前売り1000円 当日1200円 託児ひとり200円

      18歳以下は500円(前売り、当日とも)

~上映スケジュール~

1回目 開場 9:30 上映開始10:00(託児あり、有料、要予約) 

トーク11:30~12:00

2回目 開場12:30 上映開始13:00(託児なし)        

トーク14:30~15:00

3回目 開場15:10上映開始15:30(託児なし)   

トーク17:00~17:30

チケット申し込み・問合せ先:原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山実行委員会

〒700-0905 岡山市北区春日町5-6 (岡山県労働組合会議内)

☎086-221-0133 Fax086-221-3595 

Eメールokakenro@mx1.tiki.ne.jp


No tags

あなたも その魅力にはまるかもしれない(^_^)/

第4回「学習の友」読書会in岡山の案内です。

と き:2012年3月2日(金)19:00~

ところ:県労会議会議室(勤労者福祉センター3F)

内 容:

学習の友3月号を使って読み合わせを行います。

今回で4回目となる読書会。

毎回多彩なメンバーで話が盛り上がりますヽ(^o^)丿

楽しいこと間違いなし!

みんなで感想を分かち合うことは新しい自分の発見につながります。

ぜひ、友達を誘って参加してください(*^_^*)

なお、今回は開催日が金曜日ということもあり、

終了後に有志で「飲み会」を開催します。(自費負担)

合わせて参加ください♪

     


, ,

みさんは「学習の友」という雑誌を知っていますか?「学習の友」は働く人のための月刊雑誌です。政治経済、社会情勢、労働者の権利についてわかりやすく書いてあります。ときには、私たちは何のために生きるのかといった哲学的なことにも触れます。そして、「学習の友」の一番いいところは、みんなで読むと楽しさが膨らむという点です。一人で読むのもいいですが、みんなで読むことで内容の理解がより深まります。

 第3回岡山「学習の友」読書会が下記日程で開催されます。面白いこと間違いなしの読書会です(^_^)/みなさんの参加をお待ちしています。

 

と き:2月9日(木)19:00~20:30

ところ:岡山県労働組合会議会議室(岡山市勤労者福祉センター3F)

参加費:無料

※終了後、有志で夕食をとります(*^^)v

【主催&お問い合わせ先】岡山県労働者学習協会 TEL&FAX 086-232-3738 

【共催】:岡山県労働組合会議 


No tags

イレブンアクション岡山実行委員会は12月の企画をご案内しています。

12月11日(日)、自然エネルギーのまちモデル地区・高知県梼原町(ゆすはらちょう)を訪問します。

詳しくはチラシを見て、申し込んでください。

チラシはココ梼原訪問チラシ

申込書はココイレブンアクション岡山12月の企画ご案内


, ,

と き:2011年10月23日(日)11:00~

ところ:東京・明治公園

概 要:

 「『震災だから』じゃすまされない!まともな仕事と人間らしい生活を」とスローガンに全国青年大集会2011が開催されました。今年の青年大集会には全国から4,800人の青年が集結しました。岡山県からは16人の青年が参加しました。当初は雨模様だった天候も青年の溢れる熱気で、快晴へと変わりを天候にも恵まれました。

 集会開催前に12種類の分科会が開催され、全労連青年部は「最低賃金」ブースを担当しました。パネリストの伊藤圭一さん(全労連・調査局長)は、「私たち全労連は最賃を上げることが全体の暮らしと経済の底上げになると考えています。今年の上げ幅は地方により1~18円。中央最低賃金審議会の改定目安を乗越えた地方は7割にのぼりました。これはみんなでがんばった成果です」と最賃引上げを勝ち取っていることに確信を持つことが大切だとしました。青年の間に貧困が拡大していることについて、「貧困には一度はまると抜け出すことが困難な貧困トラップがあります。低賃金だから深夜もいとわず長時間働く。貯蓄がなく、アパートを借りることができない。住み込み仕事を希望する。これらが劣悪雇用につながり、最終的には不安定雇用に行きつきます」と話し、貧困を自己責任にせず、法制度による保護・救済の土台づくりと労働組合の力が必要であると訴えました。

分科会の様子

各地の青年から発言もありました

 松山友幸さん(全労連青年部部長)の開会宣言、「ニュヨークに始まった格差と貧困をなくす運動は世界全体に広がっています。声を上げれば変えられる。まともな仕事と人間らしい生活を取り戻すことができると確信して本日の集会を成功させましょう」によって本大会が始まりました。

 初めに全国で闘っている青年から実態の告発と報告がありました。ソニー仙台テクノロジーセンターで震災を口実にした雇い止めと闘っている青年たちは、「東日本大震災以降、私たち期間社員には自宅待機が命じられました。会社に呼び出された時にはたった5分の面接で雇い止めを言い渡されました。必要な時には正社員をエサにいいように利用し、必要がなくなると震災を口実にゴミのように扱われました。正社員と同じように働いていたのに、こんな残酷なことが許されていいのでしょうか」と会場に訴えました。

岩手県大船渡市から参加した、岩手県自治労連・青年部からは、「緊急時にこそ住民のみなさんに安心してもらうことのできる行き届いた公務が必要です。にもかかわらず、公務員数は削減され続け、9月の人事院勧告で公務員賃金の引き下げが発表されました。これからも皆さんとともに頑張っていきます」との発言がありました。

その他、日本航空キャビンクルーユニオンからの発言。福井県のパナソニック若狭工場で派遣切りになり、直接雇用を求めて裁判を闘っている河本猛さんからの発言。学費無償化を求めて活動を展開している高校生・大学生からの発言。また、不払残業代と慰謝料を勝ち取ったSHOP99元店長清水文美さんらが次々と発言しました。

 湯浅誠さん(反貧困ネットワーク事務局長)は、「みなさんが各地で小さな集まりを積み重ねることで培った経験とノウハウを次世代の育成に行かしてください」と話しました。同じく反貧困ネットワークを代表して、宇都宮健治弁護士があいさつをし、「私たちは日本の仲間と連帯し、同時に全世界で貧困と格差と闘っている仲間とつながることが大切です。そうすることで、まともな仕事と、人間らしい生活が勝ち取れるのです」と集会参加者を激励しました。

韓国青年ユニオン代表のハン・チヘさんは、「いま、1%の人たちが社会を乱しています。私たちの権利を踏みにじる1%の人たちに対して全世界の若者が立ち上がっています。一緒に手を握り、若者の権利のために闘いましょう」と連帯の意を表明しました。

アメリカから参加したUE(アメリカ電気・無線・機械労働組合)のオータム・マルチネスさんとマイケル・フェリットさんは、「仲間を誘って組合をつくり私たちの身近で起こっている活動や世界の活動に参加しましょう。働くものの権利のためにともに闘い続けましょう」と力強くアピールしました。

全労連・大黒作治議長は、「野田内閣は財界と一体となり、労働時間の延長、派遣法のさらなる規制緩和を行おうとしています最賃の引上げ、労働時間の短縮、ルールある経済社会の確立、ディーセントワークの実現が全世界で求められています。みなさんのこれからの奮闘に期待します」と青年への思いを訴えました。

日本共産党・志位和夫委員長は、「全国のみなさんが連帯して新しい日本をつくることを求めます。一つひとつの闘いには困難があります。しかし、屈することなく闘い続けることで労働者の権利が守られ、人間らしく働くルールの確立ができると思います」と青年たちに力強いエールを送りました。

 各県の青年組織から発言が行われました。民青同盟鳥取県委員会は、「全国では街頭でアンケートや署名活動を行うことで青年の声を集めています。青年の声を聞いて、青年の悩みや・苦しみに思いを寄せることこそ民青の本来の役割だと思います」と仲間に寄り添うことこそ大切だとしました。

広島青年ユニオンは、「いま私たちの隣には全国の仲間がたくさんいます。きっと力になってくれるに違いありません。大人たちよ青年の声をもっと聞け!今こそ私たち青年が声を上げるときです」と力強い発言がありました。その他、神奈川・大阪・京都から発言がありました。

「1%の金持ちが支配する社会を変えよう」と集会アピールが発表され、拍手を持って採択されました。

田中悠さん(民青同盟中央委員長)が閉会あいさつを行い、「貧困格差に対する大きな運動は世界中に広がっています。安定した仕事に就きたい、給料を上げてほしい、人間らしく働きたいと自信を持って声を上げていきましょう」と呼びかけました。

その後、青年によるパレードが行われ都内はにぎわいました。

 全国青年大集会は回を重ねるごとに迫力ある集会へと成長しています。それは同時に、集会に参加している青年も成長していることを示しています。今こそ、私たち青年が声を上げるときです。


, , , , , , ,

とき:2011年9月11日(日)13時30分~17時

ところ:岡山県総合福祉会館1階ホール

概要:

 3つの原子炉から同時期にメルトダウンを起こし、大量の放射性物質が飛散して福島県民8万3千人が避難生活を強いられる最悪の事態が今なお進行中です。

集会の案内チラシはココ2011.9.11チラシ

岡山県労会議では原発エネルギーからの離脱を考える学習会を呼びかけています。

学習会の講師を無料で引き受けます。ご連絡先は℡086-221-0133です。遠慮なくご連絡ください

8月19日昼休みに行った宣伝と原発に関するシール投票

私たちは、今回の原発事故が想定外の地震などではなく、原発利益共同体による利益の優先の構図が招いた人災が原因だということを認識しています。政府と電力会社は安全神話をふりまきました。その結果、危険性を指摘する住民や良心的な学者の声には耳を傾けず、点検漏れや事故を隠し続け、国際条約にも違反して第3者機関としての規制委員会設置を怠ってきました。また、チェルノブイリやスリーマイル島の原発事故にも学ばず、安全対策を怠ってきたことが福島第一原発事故の原因です。私たちは、あらためて原発と国民生活は両立できないこと、原子力エネルギーに依存する社会は生命を脅かし、社会を崩壊させる過酷な事故に巻き込む危険性があると再確認しました。核分裂を制御する技術は未確立で核エネルギーの暴走を止めることはできず、原発事故がおきれば、地球全体に悪影響を及ぼし、数十年単位の長い時間、放射能に苦しむ人々を作り出してしまうことも目の当たりにしました。世界有数の地震大国である日本で、原子力発電所を存在させ続けることは困難です。原発ゼロをめざす国民合意を作り出し、政策として決定させ、着実に、計画的に、そして迅速に原子炉廃止に向かうことを政府と電力会社に迫る全県民的な運動が必要になっています。全国的な原発廃止運動が巻き起こっています。それぞれの団体や個人の「原発ゼロをめざす」の一点で思いを共有し、「9.11原発ゼロをめざす県民行動」を成功させ、県民世論をリードする大きな一歩をご一緒に進めましょう。


, ,

とき:2011年3月4日(金)10時~18時

ところ:岡山県労働組合会議事務所(℡0120-378-060)

ご案内:岡山県労働組合会議では毎日電話や面談による労働相談を受け付けています。解雇やセクハラ、パワハラ、いじめ、或いは労働条件など労働に関することなら何でもご相談を受け付けています。気軽のご相談ください。相談は無料です。3月4日は全国一斉労働相談日です。平日よりも体制を厚くして、対応しますので、職場の問題でお悩みの方はご相談ください。相談の内容や秘密は厳守します。


No tags

<< Latest posts

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top