岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

月別 2017年3月

とき:2017年3月31日

ところ:中国電力岡山支店周辺

金曜イレブンアクションと言えばジンクスがあって、雨が少ないと信じていましたが、3月31日の金曜アクションは高浜原発の再稼働が大阪高裁によって容認されたためでしょうか、悲しみの大雨となりました。それでも17人が参加しました。

CIMG9403

3月25日の朝日のニュースには恐ろしい原発避難者への差別と偏見の実態が報道されています。「福島に帰れ、担任は無視原発避難いじめ。生徒の体験」という見出しです。

これまでにも横浜の子どもさんがバイ菌呼ばわりされたいじめ問題がありました。しかしこれだけではありませんでした。

CIMG9404

東京電力福島第一原発事故で福島県から千葉市に家族で避難し、転校先の小学校でいじめを受けたと訴えている高校2年の女子生徒(17)が25日、朝日新聞などの取材に応じた。小学6年だった2011年、半年以上にわたり複数の同級生や保護者から「福島に帰れ」などと言われ、翌年、別の小学校に転校したことなどを語ったと言います。

生徒と父親(49)、母親(42)によると、同級生に「被曝(ひばく)者だろ」「放射能がうつる」などと言われたほか、同年秋の学校行事の際は、同級生の保護者から「なんでここに来たんだ」などと言われたという。心無い、むごい言葉だと思いませんか?

CIMG9407

父親によると、同じ学校に転校した当時小学3年の長男の授業参観でも、長男が発言すると、教室の後方にいた保護者の一人が「福島に帰れ」などと発言。担任の教師は特に対応せず、授業を続けたという。これは横浜の教育委員会と同じ構図です。なんとも悲しい人間の仕業です。どうしてこんなことが起こるのでしょうか?子どもの言葉は親の言葉だったことが分かり、血の気が引く思いです。決して特異なケースではないです。原発は人の心をも蝕んでいます。


No tags

と き:2017年3月30日(木)12:15~

ところ:岡山駅西口

概 要

 

2017年3月30日(木)、岡山県社会保障推進協議会は、お金の心配なく医療・介護を受けられるように、公的責任における社会保障の充実を求める宣伝を行いました。9人が参加しチラシを300枚を配布し、署名16筆を集めました。

CIMG9379

森本事務局長が訴えを行い、「社会保障が自己責任とされ自己負担が増やされている。社会保障制度は命と暮らしを守るものであるにもかかわらず、保険料が払えないからとして、財産を差し押さえされるケースさえ出ている。また、介護で働く人の賃金はとても低く、到底まともな暮らしができない。そのことが人手不足を招いている」と現状を説明しました。

CIMG9393

署名に協力してくれた人の中には、「大病をしたことはないが、これからが心配」「大切なことだから頑張ってほしい」と声を掛けてくれました。しかし、署名に応じてくれるのは高齢者が殆どで、春休みということもあり学生や若い会社員もいましたが興味を示してくれませんでした。

CIMG9396

若い人の多くは、時間残業するのも貧困に陥るのは力量が足りないからだ自己責任論を込まれています。社会の周縁では、必要な医療や介護を受けることができずに困り果て、孤立死する人や介護殺人など痛ましい事件が後を絶ちません。決して無関心でいられる問題ではありません。社会保障は憲法に明記された正当な権利であること、国の責務であることを広く浸透させ、自己責任からの大転換が求められます。


3月29日(水)JAL宣伝を行いました。5人が参加、チラシは500枚を配布することができました。定例の宣伝場所となった岡山駅西口サンステは旅行者や昼休みで職場を離れた人たち、リクルート姿の若者が往来しています。横断幕を広げ、のぼりを立てていつものように訴えました。

20170329145707_00001

日本航空に働く職員165名が整理解雇されたのが2010年の年末でした。伊原事務局長は宣伝で訴えながらは県労会議の当時からの争支援活動が走馬灯のように思い出されたと言います。

日本航空が放漫経営の末に経営破綻して、職員が自主退職に追い込まれ、大幅な企業年金の減額が報じられる中、整理解雇が行われました。国民の目には当時、「当たり前、支援なんて?航空会社は高い給料払っていたのでしょう」という雰囲気が蔓延していました。それでも宣伝をしていると中には分ってくれる人もあり、「そんな事情があったなんて知らなかった。職員に責任はないのに」と署名をしてくださる方も多かった。まだまだ、解雇に同情的な雰囲気がありました。毎月毎月、宣伝を重ねる中で地裁判決に手応えを感じていた運動でしたが、地裁で負け、高裁で負け、最高裁で棄却され、万事休す、と思われましたが争議団は不死鳥のようによみがえり自主決着を目指して現在も頑張っています。6年も前の話ですから忘れている人も多いと思いますがこの問題は決して過去のことではありません。

CIMG9376

さすがに7年目ともあると私たちの運動にも陰りが出始め、最近は支援集会を開くのが怖くなり開いていません。でも、宣伝は続けています。今日も通りすがりの人たちが「何をしているのか?」という顔で横断幕をのぞき込んで、私の訴えを聞いてくださったようでした。チラシを配布している仲間に「空の安全は当然だ、頑張って」と励ましてくれた人、「テレビで見かけない宣伝だ。なにをしているのか?」と関心を持ってくれた人など様々でした。

いろんな宣伝をしているとわかることがあります。こちらを見ている時間が長い人が多いほど注目度は高いと感じています。当然だと思います。年に1回、争議団の方々が岡山に来られます。制服を着たパイロットや客室乗務員の姿に通りがかった高校生がびっくりしていたのを覚えています。パイロットや客室乗務員が解雇で争議を闘っているのですから?まだ、珍しかったのでしょうが、その内に誰もが同じ立場になるだろうと考えてしまいます。月100時間の残業を認める労働法制の改悪が国会に出されているという話もさせていただきました。

CIMG9377

会社に「空の安全を守る」気がないのなら国民の声を運動で守らせることが重要であり、運動によって気付いてもらえることもあります。そのためにも宣伝は必要です。

JAL宣伝には日本の働く者の未来を語る内容がいっぱい詰め込まれています。まだまだ、宣伝を続け、働くこと、公共交通機関の安全性、採算、職員の育成などを訴え続けます。


No tags

と き:2017年3月24日(金)12:15

ところ:中国電力岡山支社周辺

概 要

 

原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は228回目となる抗議行動を行いました。今回の行動には19人が参加し、脱原発、再稼働反対を訴えました。もう間もなく4月ですが、冷たい風が吹いていました。

CIMG9295

東京電力福島第一原発の事故に伴い、2千人を超える被災者が身を寄せた福島県郡山市の避難所で、医師がカルテ代わりに記録した延べ8千人分のメモと日誌が残されていたことが判明したと報道されました。原発事故直後の混乱期に書き留められた文章であり、医療対応の教訓となることが期待されます。

CIMG9310

推進派は原発事故をうやむやにし、なかったことにしようとしていますが、世界では福島原発事故の教訓から安全基準が大幅に引き上げられています。アメリカでは、安全対策費の上昇に伴い、東芝傘下のウェスチングハウスは経営危機に陥り、原子炉の研究予算は削減されています。原発で儲けることはできません。

CIMG9314


と き:2017年3月19日(日)13:00~14:00

ところ:マツモトキヨシ前

概 要

 

よく晴れた日曜日の昼下がり、戦争廃止を訴える総がかり行動が行われました。連休の中日にも関わらず70人が集まりました。

CIMG9242

8人がリレートークを行い、それぞれ立憲主義を守る立場から、共謀罪・安保法制・基地建設に反対を表明しました。

CIMG9235

民医連の大坂さんは、「SEALDsの元メンバーらが、学生や子育て世代の人たちで結成した『未来のための公共』が国会前で初めての集会を開いた。自由に考え、話せる場にしたいとの思いで活動をはじめたそうだ。私は、不安や違和感を気軽に話そうという活動にとても共感する。思考停止から人間らしく考え合う本当の民主主義をつくっていきたい」と発言し多くの共感を呼びました。

CIMG9224

また、日本共産党の垣内さんは、「奈義町の日本原演習場での米軍単独訓練が許可されようとしている。アメリカ軍の海外侵略に協力することに他ならず、地元住民の平和な暮らしに関わる重大な問題だ。そもそも、海兵隊と空母打撃群の基地を国内に置くことを認めている国は、世界に日本以外にどこにもない。安倍政権は全国各地で米軍の基地機能強化を狙っている。沖縄だけの問題ではない」と連帯して声を上げていくことを訴えました。

CIMG9240

戦争をさせない1000人員会を代表してマイクをとった大石弁護士は、「安倍政権は共謀罪の成立を狙っている。共謀罪は犯罪行為を計画しただけで逮捕されるもので、国民の内心の自由を侵犯する。安倍首相はテロ対策のためには必要と答弁しているが、法案にはテロの文言は一切なかった。その後、修正されるがテロと言えるようなものはほとんど含まれていないのが実態だ。結局、権力者の恣意的判断によって、市民活動までもが弾圧される危険性がある。市民の連帯で廃案に追い込もう」と呼びかけました。

CIMG9219

自民党政権は3月21日、共謀罪を閣議決定しました。共謀罪が過去3回廃案となった経緯を踏まえ、謀議だけでは犯罪にならないようにするなど要件を厳格化し、対象犯罪を277に絞り込んだとしますが、根本にある危険性は何ら変わっていません。適用対象を定めた条文は修正され、「テロリズム集団」が加えられましたが、何がテロ集団にあたるかの定義はありません。監視や密告の横行という、戦時下のような息苦しい社会が再び訪れようとしています。


とき:2017年3月18日(土)14時~16時

ところ:JA奈義支所

3月18日(土)、「2つの「殴り込み部隊」が融合する極東最大の危険な基地に」と題して岩国平和委員会の吉岡光則さんの講演が行われました。中四国防衛局が日本原の基地で海兵隊岩国基地の部隊の単独訓練を打診してきたことを契機に、奈義町や津山市、県レベルの平和団体が訓練反対の要請や地域へのチラシ配布を続けています。 この日は日本原の対策連絡会が午前中に400人が結集して集会と抗議デモが行われました。奈義9条の会、勝田郡平和委員会、津山平和委員会が学習は運動を強化しようとJA奈義で学習会を開きました。

P1040368

P1040372

P1040376

会場には約60人が参加、吉岡さんの話に聞き入りました。奈義9条の会の鷲田正見代表が「世の中逆戻りしている。自分は戦争中、学徒動員で勉強もできなかった。当時の占領軍には文句も言えなかった。戦争の訓練などもってのほか」と挨拶しました。奈義町の議会報告を行った森藤議員は「すでに全戸にチラシを配布しているが、議会で反対したのは自分だけだった。残念だ。しかし、町長はまだ態度を決めていない」と、新しいチラシを示しながら「笠木町長は町民の声を聞くべき、米軍単独訓練と自衛隊の演習は全く別物」と強調しました。

P1040381

P1040382

津山市平和委員会の末永さんは「市長とも話し合いを続けているが何も決まっていない。反対賛成を決めると住民は割れる。結論を伸ばした方が住民の声を反映しやすい」としました。  吉岡さんは岩国基地の拡張強化がされた経緯とお金で住民が懐柔され、容易に反対運動が盛り上がらない実態を具体的に話しました。「基地のお金に依存するようになった岩国市は活力を失い、若者が自治体を去っている。カレー店のアルバイトに1000円を出しても若者が来ない」とその疲弊の実態を話しました。さらに国は住民に嘘をつき基地建設を進めている。住民はその嘘に慣れ、生活を国にお願いする弱さが基地強化につながっている」として、交付金目当てに米軍に依存する自治体運営を批判しました。

P1040396

P1040399

質問では「なぜ沖縄と岩国の闘いは違うのか?」「岩国では北朝鮮の弾道ミサイルなどで戦争に巻き込まれるのではないかという不安はないのか?」などの質問が出ました。  吉岡さんは質問に答えながらも「日本では米軍の運用と言えば基地問題が秘密になる怖さがある。自治体の職員も善悪の判断の前に思考停止になっている」と、基地問題の怖さを語りました。


No tags

とき:2017年3月17日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社

3月17日、金曜イレブンアクションに22名が参加。原発なくせと声を上げました。

3.11祈りおかやまの集会を終えたばかりですが、その余韻を残しながらのアクションでした。227回目は原発事故から7年目となります。

P1040352

原子力機構は核燃料運搬船の使用を終了すると発表しました。開栄丸というそうですが、使用済み核燃料を運搬するために建造されたそうですが、11年間で4回しか使用していなかったそうですが、今後、核燃料を運搬するのはどうするのだろう?と疑問も沸いてきます。運搬船がなくてもいいのなら、どんな手段で?とますます疑問が膨らみます。使用を終了するとしても運搬船は維持するというのですから、わからないことばかりです。

P1040359

福島県の内堀知事が首相の東日本大震災追悼式で「原発事故」という言葉を使わなかったことに違和感をもったという話は国民感情だと思います。アベ首相は事故をなかったことにしたいのだから当然なのでしょうが、国民の要望や感情とは相いれないのが日本の首相です。森友学園も含めてアベ首相の対応は不信感を増大させるだけだ。

今日は「明日があるさの替え歌NO4」で参加された皆さんと声を上げました。

震災あの時忘れない/笑顔が素敵な君のこと/大切なこと心に刻むよ/今でも忘れない/夢に見たよ夢に見たよ/まぶたに甦る


No tags

と き:2017年3月16日(木)8:00~

ところ:岡山市内

概 要

 

回答指定日翌日、岡山県国民春闘共闘委員会は全国統一行動にとりくみました。3月も半ば桜の開花も近づいていますが、依然冷え込みが厳しかったです。

DSC00703

通信労組はNTTグループ各社の賃金回答が平均1400円の低額回答であったことを受けてストライキを決行しました。JMITU通信労組のストライキ支援には14人が参加し、NTT岡山西支店の正門付近で300枚のチラシ配布を行いました。

DSC00745

河合弘志書記長は、「3月15日に有額回答が示されたが、内容は昨年よりも低額だ。全社員の生活改善要求に答えず、格差拡大の姿勢を示すNTTグループ各社に対して怒りを込めてストライキを行う」とストライキ宣言を行いました。

CIMG9202

CIMG9213

CIMG9204

その後、11時から岡山駅西口で最低賃金の引き上げを求める街頭宣伝を行いました。行動には、30人参加が参加し37筆の署名を集めました。

CIMG9207

宣伝では、日本の最低賃金制度に地域間にばらつきがあるために、賃金のより高い地域へと人口が流出を招き、地域経済が疲弊している現状を訴えました。マイクをとった山本泉さん(生協路組おかやま)は、「私たちは最低賃金を全国一律で1000円以上に引き上げることを求めている。アメリカではファストフード労働者が立ち上がり時給15ドルを求める運動が大きく広がった。大統領選挙でも選挙公約になったほどだ。日本で実現できないはずがない。最低賃金の引き上げが地域経済を活性化させ、人口減少に歯止めをかけることができる」と語りました。


,

とき:2017年3月12日(日)10時~

ところ:石山公園&デモ行進、バブテスト教会

3月12日(日)、3.11への祈り」追悼と脱原発のつどいが今年も開かれました。会場の岡山市石山公園には350人の人たちが参加して、脱原発と被災者支援への決意と思いを共有しました。集会ではギターの弾き語り、お母さんシンガーとしても知られている佐伯真由美さんがオープニングを飾りました。会場周辺で様子をうかがっていた参加者は一斉に歩を前に進め、叫び問い掛けるような歌声に聞き入りました。

DSCF8170

DSCF8186

P1040285

福島の現状を知る上で大切な報告が行われました。浪江の「希望の牧場」で、牛たちの命をつなぐために活動している吉沢さんを支え、獣医としても被ばく牛の暮らしを見つめる伊坂邦雄(本名・伊東節郎さん)が福島の除染と被災者支援について報告を行いました。

DSCF8223

DSCF8244

DSCF8251

DSCF8248

DSCF8256

伊東さんは、「除染は希望の牧場も対象になり、除染業者が来た。しかし、牧場の土をはぎとると牛の新鮮な餌がなくなるので、宿舎と牛舎だけにした。それでは仕事が少ないと業者に言われ、牛の糞を回収してもらうことにした。すると、業者は牛の糞と山の土を混ぜてフレコンバッグに詰めた。何故かと聞くと、牛の糞だけでは軽くてフレコンバッグが潰れるそうだ。しかし、こんな除染で1万個のフレコンバッグがつくられた。一個は5千円から8千円であり、福島の山以外はすべてが対象とされてお金が使われている。希望の牧場だけで1億円近いお金が使われている。本当の意味でこれは除染だろうか?このようなお金の使い方には疑問がある。さらに、避難者には除染を済ませたから避難解除準備区域を解除して帰れという。しかし、戻れない。若い人は仕事のない街に帰れない。家族はバラバラになる。しかも支援の打ち切りも同時に行われる。おかしい。帰っても暮らせない。楢葉町では20%くらいの帰還だ。これが現実だ」と話しました。

DSCF8264

DSCF8270

DSCF8283

DSCF8287

脱原発の運動をされている団体の紹介が終わり、倉敷金曜アクションで毎回歌っているフレンズの歌が始まるとそろそろデモ行進の時間となりました。参加者はプラカードやのぼりを持って「原発再稼働反対、命を守ろう」とアピールしながら岡山駅前までデモ行進を行いました。

P1040324

P1040327

午後はバブテスト教会で講演会やライブトークなどが開かれました。「日本再生のために」と題して講演した古賀茂明さんの話を聞こうと教会は人やカメラでいっぱいになりました。

祈りと誓いの奉読、宗教者の祈り、ライブやトークでは移住者の声を聞き、二階堂和美さんのライブなど盛りだくさんのプラグラムで原発被害への苦しみ悲しみを語り合い、祈って原発のない社会への誓いを新たにしました。古賀さんのお話は省略します。


No tags

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top