岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

日付 2017年3月11日

とき:2017年3月11日(土)14時

ところ:県立図書館デジタルシアター

3月11日(土)14時~、国際女性デー岡山県集会が開かれ54名が参加しました。

フレンズのオープニングでは楽しく歌を口ずさみ、開会では有馬さん実行委員長(高教組)の挨拶とDVD「女性と憲法」(NHK)の鑑賞と長久啓太さんの憲法のお話、活動交流という形で進行しました。

P1040243

フレンズは「沖縄今こそ立ち上がろう」「心をつなごう」など参加者とともに歌い、安倍政権に対する国民的闘いを反映した曲を紹介しました。有馬さんは「今日は3.11震災から6周年。今尚12万人が避難生活をしている。昨日は移住者の方々の集会にお邪魔したが、なぜまだこんな状態なのか❓基本的人権が否定されている。それは沖縄でも、岡山倉敷民商の弾圧事件でも。一方で森友学園問題は大犯罪にも関わらず政権が隠そうとしている。今日は女性の権利についてご一緒に考えましょう」と話しました。

P1040248

DVDは当時、GHQの指示で憲法に女性の権利を書き込んだベアテ・シロタゴードンさんに焦点を当てて、憲法に書き込まれた女性の権利が民法に反映されないために、DVで夫から逃げている女性の子どもが戸籍をつくれなくて長年、学校も行けず、病院の治療も受けられなかった半生を紹介していました。民法に子どもは前夫の子どもと認定される規定があるからでした。そのために女性は離婚もできず、子どもも悲劇的人生を歩みました。

P1040251

P1040258

P1040262

長久さんは人間関係の中で問題となる「人権」について話しました。弱者・強者の差がはっきりしている関係性の中で起こりやすいとして、相手を尊重しない、自由を奪う、従属させる、尊厳を侵害するなどの人権否定が起こるとしました。さらに、憲法24条の個人の尊厳や憲法草案に携わったベアテ・シロタさんの回想録を紹介しました。それには「私は自分の名前を呼ばれたとき、強い使命感に興奮した。日本の女性が幸せになるためには、女性の権利をはっきりと掲げなければならない」と書かれていました。長久さんは「おかしいことに気づけること、おかしいことを自分の言葉で言えること」を強調しました。その上で、「その勇気は個人的なものではなく、仲間がいればこそ勇気が出る」とノーマ・フィールドの言葉を紹介しました。さらに、「あきらめない女性たちの行動が社会の姿を一歩一歩変えてきた」と締めくくりました。


No tags

と き:2017年3月11日(土)10時~

ところ:岡山シンフォニーホールイベント広場

岡山県春闘共闘は3月11日(土)、岡山市シンフォニービルイベントホールにて春闘総決起集会を開き200人が集いました。県労会議を母体とする県春闘共闘は29年目になりますが、4年連続の賃上げを勝ち取り地域経済を活性化させようと、産別の取り組みを交流すると同時に、市民に向けても大幅賃上げと地域経済活性化を訴えました。

P1040094

P1040108

来賓として出席した大平衆議院議員(日本共産党)は国会報告として、労働法制の規制緩和に触れながら、「80時間は過労死ライン、繁忙期には100時間もの残業を強いる改悪案に反対して闘う。戦争法や憲法改悪など安倍政権の暴走はすさまじいが、これを阻んでいるのが国民の運動だ。共謀罪は国民・市民の声を抑え込む狙いがある。森友学園問題など国民の財産を格安で安倍首相と親しい人物だからと売り渡そうとする政権は絶対に許せない」と決意を示しながら、集会参加者を激励しました。

P1040130

P1040127

三上県春闘共闘会議委員長は「森友学園問題は安倍政権を考え方や体質をわかり易い形で表面化したものだ。雇用はよくなったと言われるがその実態は決して良くない。国民生活の安定と賃上げを一体に取り組もう」と呼びかけました。

P1040138

P1040147

P1040157

P1040173

P1040177

P1040191

P1040194

P1040184

P1040199

伊原事務局長は、「社会的賃金闘争の3つの課題は同時並行して前進している。公契約運動も非正規公務員の賃金を正職員並みに引き上げ、公共工事の受注業者の下請けにも利益配分される状況を生み出したのは春闘を闘う仲間の成果だ。最賃引き上げと同時に、基本賃金の大幅引き上げと政治課題を同時に闘う春闘で市民を巻き込みながら前進することが大切」と基調報告を行いました。

P1040210

産別の報告では9つの労働組合が活動報告や先行組合としての取り組みを紹介しました。JMITUでは4千円引き出しの支部もあり手応えを感じていました。生協労組は正規100円、非正規10円の回答に怒りをもって2次回答引き出しに向けて闘っています。自治労連の保育分会が中心となって待機児童解消に消極的な岡山市政を批判する寸劇で抗議しました。県医労連は社会保障の闘い、高教組からは教育を県民に取り戻す闘いと決意などが紹介されました。

P1040235

集会を受けて春闘アピールを採択した参加者は、デモ行進で「大幅賃上げ」「地域経済活性化」「100時間もの残業は認めない」と訴えました。


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top