岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

日付 2015年10月27日

とき:2015年10月27日(火)12時15分∼

ところ:岡山駅西口さんすて

月に1度のJAL宣伝。今日は8人も参加してくれました。すごいです。昨日の戦争法廃止宣伝もそうでしたが、参加人数が増え始めました。非常に嬉しいです。という訳できょうはテンションが上がりました。JALの経営破綻から解雇事件、さらには裁判のことや自主決着をめざして交渉を重ねていることなどをお話しました。そこで、私たち空の公共交通機関を利用するものとしての社会的経済的な問題を認識してほしいと訴えました。

CIMG7648

CIMG7649

CIMG7650

第1はベテランの解雇は空の安全にとって由々しき問題に繋がること、第2は当時の稲盛会長が安全は二の次で儲けが1番と言っていること、第3は役員が誰ひとり経営破綻の責任を取らず一般職員の首切りでその責任を押し付けたこと、第4は今では合理化のために飛行機の整備が充分に行われておらずトラブルが絶えないこと、第5はパイロットや職員教育のできる乗務員が足らないにも関わらず職場に戻さないことなどを強調しました。年配のご婦人たちが(多分旅行者だと思う)珍しそうに横断幕を眺めていました。

CIMG7652

チラシも20分くらいで350枚配りましたが、その時点で思わぬ妨害に会いました。酔っ払いのおじさんが突然手を上げて「意見がある」あると大きな声を上げました。こちらが手を振って「お断り」をすると、さらにエスカレートして近づいてきましたが、仲間が制止してくれたものの、「喚き散らす」状態で、やむを得ず宣伝は中止しました。ハプニングは付き物という心構えで宣伝を続けていますが、さすがに参りました。その酔っ払いが言っていたのは「賃金が高いから首になった」とのことだったが、よくある誤解であり、間違った認識です。私たちが2010年~2011年にかけて宣伝していた頃に、街頭でよく言われました。思い出しました。リーマンショックで倒産が相次ぎ、就職も思うようにできないようになった社会になっていただけにバッシングも強い時期でした。

CIMG7653

結局、JALの解雇事件も政府の宣伝に利用され、解雇自由な社会を野放しにした形になったのは非常に残念です。それだけに、整理解雇は絶対に許せないという社会的世論の形成が必要でした。公務員の賃金が高いと言われ、賃下げのもと、民間の給与も押さえられた時期(今も続いている)でしたから「給与が高い」という宣伝に国民が振り回されるのは大変危険です。しかし、酔っ払いのおっさんにそんなこと言っても無駄。周りの迷惑を考えて宣伝は中止としました。来月はまた頑張ります。


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top