岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

日付 2015年6月29日

とき:2015年6月25日(木)∼26日(金)

県労会議とJAL不当解雇撤回争議支援団体は6月25日~26日、大阪原告2名と航空労組連絡会の組合員6名を迎えて、岡山駅と倉敷駅で宣伝を行いました。原告と大阪航空労組連絡会の仲間は労組・民主団体への支援要請を行い、争議の状況を説明しました。

CIMG5876 CIMG5879

25日昼休み、岡山駅西口さんすてに集合した国労や自治労連、医労連の仲間に加えて国民救援会も加わって、13人が支援者としてJAL争議団と一緒に宣伝を行いました。

CIMG5888

CIMG5891

CIMG5895

原告の西岡ひとみさんや小森啓子さんが訴えを行いました。「2010年の年末に165名が整理解雇され、不当解雇撤回のために闘っている。会社は立ち直り、現在では毎年2千憶円以上の利益を上げている。労働条件や航空会社として当たり前の整備点検が不十分な状態で、パイロットや職員の流出が後を絶たない。会社が再生して以降、パイロットは170名も辞め、職員も2千人以上採用しなければいけない状況だ。いつ大きな事故が起こってもおかしくない。職員は会社に対して危機感を持っている。ベテランを多く含む解雇者を職場に戻し、早期の解決で会社の社会的信用を取り戻したい」と訴えました。用意したチラシ500枚は30分でなくなりました。自分の娘がJALに勤務しているという女性は「知らなかった。怖いですね。心配です」と話しました。

CIMG5921

CIMG5926

CIMG5933

午後からの支援行動では「植木社長への早期解決を求めるFAX要請に協力を」と訴え、各団体から快諾を得ると原告団は、「岡山の皆さんは本当に熱い支援を毎年いただいている。有難い。勇気づけられる」と口々に話しました。2日間の要請で募金も13万3千円が寄せられました。26日の倉敷駅での早朝宣伝行動では11人の仲間が支援に駆けつけました。田辺倉敷市議も参加していただき、訴えもしていただきました。ここでもチラシを500枚以上配り切り、反応の良さに原告団は励まされました。

CIMG5937

CIMG5942

CIMG5948

25日の集会では原告からの報告に加えて、初めての試みでしたが参加者からの質問や意見交換を中心に交流しました。「植木社長ってどんな人?」「大阪では不当解雇で闘った女性が勝利しているがその要因は?」「退職した人は会社の事を何と言っているのか」「そんなひどい会社になぜ戻るの?」などの質問で大いに認識を深め充実した時間を過ごしました。


No tags

と き:2015年6月26日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社周辺

概 要

 

激しい雨にも関わらず、イレブンアクション岡山は脱原発を求めてデモ行進を行いました。今回の行動には18人が参加。

CIMG5950

出発前の集会では弓田盛樹さんが情勢を報告、「安倍政権は原発推進を諦めてはいない。電気・ガス・熱供給事業の一体的全面自由化をねらう電気事業法改定案が可決されたが、原発と石炭火力を『ベースロード電源』とする古い発想に固執したものだ。さらには、全面自由化によって作り出される総合エネルギー市場も担い手となるのは、電力・石油元売り・総合商社などの巨大資本だ。寡占化によって料金の抑制どころか、値上げの危険が高まりかねないものだ」と話しました。

CIMG5958

CIMG5959

行進では「原発反対!」「川内原発反対!」「子どもを守れ!」と声を上げました。


, , , , , ,

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top