岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

月別 2013年8月

と き:2013年8月30日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社

概 要

8月30日(金)、台風が近くなり、雨とは縁遠い金曜イレブンアクションですが、この日は珍しく雨模様のパレードとなりました。しかも、カッパを着ると湿気で暑苦しいのは難点です。それでも26人が集まって、抗議の声を上げました。

伊原事務局長は、「福島第1原発では汚染水漏れで廃炉作業が難航している。政府も東電任せにしていた汚染水対策で本腰を入れだした。予算では3500億円を考えているようだが、対策が遅すぎる」と批判しました。また、ドイツの自然エネルギーの活用について朝日新聞が報道している内容を紹介して、「30年までに自然エネルギー50%をめざしている。ただ、電気料金の値上がりが問題となっており、大企業の優遇制度が家庭の負担を押し上げている。どの国でも同じ構図があり、日本のエネルギー問題の参考になる」と話しました。デモ行進では、弓田事務局員を先頭に「童謡・かたつむりの替え歌」を歌いながら、「ぜんぜんいらない原子力、子どもの命を守るため、原発いらない、動かすな♪」と抗議しました。


, , , , ,

久々に学習の友読書会が復活。楽しい会話が待ってます。

とき:2013年9月5日(木)19時~

ところ:地方自治会館3階

気軽にお越しください。


,

と き:2013年8月29日(木)12:15~

ところ:岡山駅西口サンステ前

概 要

 岡山県労働組合会議はJAL不当解雇撤回を求める街頭宣伝を行い、署名を集めました。本日の行動には11人が参加し、10筆の署名を集めました。

 マイクを握った伊原事務局長は、「日本航空はパイロット94名と客室乗務員108名を不当に解雇した。しかも整理解雇した翌月には200名の新規採用を行い、さらには510名の中途採用まで行った。2010年12月の解雇時点で人員削減目標、利益計画目標ともに達成していた。稲盛会長も、『収益力からみて、雇用の継続は可能であった』とそもそも整理解雇の必要はなかったことを明らかにしている。もはや、整理解雇に大義も道理もない」と訴えました。

JALの歴代経営陣は本業ではないリゾート事業への投資などを行っていましたが、ことごとく失敗に終わりました。放漫経営によりせっかくの利益を無駄にしたのです。それでもだれも責任を取ることをしませんでした。損失額は4100億円にのぼっています。

本日署名してくれた20代女性は、「友だちが航空専門学校に通っている。その友達からJALのことを聴き問題意識を持っていた」と署名をしてくれました。


, , , ,

とき:2013年8月25日(日)13時~15時30分

ところ:勤労者福祉センター5階会議室

2013年8月25日、「平和・民主・革新をめざす岡山の会」は第31回の総会を開き、40名が参加しました。総会では中尾元重代表が、「先の参議院選挙では衆参のねじれ解消が散々言われ続けたが、国民とのねじれはますます深まっている。国民の意識は今朝の朝日新聞で象徴的に現れている。朝日新聞と東京大学の谷口研究所の意識基調では、憲法改正について衆議院選挙のときは51%が改悪賛成だったが、参議院選挙後44%となり、7%減となった。集団的自衛権の行使も45%から39%の賛成となり、国民の意識は大きく変わっている。7%というのは700万の人口に相当するもので、国民の意識の流れを変える上でも革新懇の役割は重要だ」と開会のあいさつを行いました。

主催者挨拶をする中尾代表

氏平事務局長の活動報告の後、12人が発言しました。氏平氏は報告の中で、「安倍政権の政策と歴史認識はどれをとっても国民との矛盾を噴き出さざるを得ない。国民の声が届きやすくなった国会の新しい条件を活かして、国民的な共同を広げよう」と話しました。

活動報告をする氏平事務局長

討論の中で、県労会議の伊原事務局長は、「直接、革新懇の運動をしている訳ではないが、革新懇も参加する運動の中で共同の精神が発揮され、運動の前進を築いている。3.11のリメンバーウォークや金曜イレブンアクション、TPP参加反対協議会の運動、公務共闘の前進など、どれをとっても革新懇の力が発揮されている。この流れに確信をもって今後とも奮闘したい」と発言しました。参議院選挙で共産党の候補者として奮闘した垣内京美さんは、革新懇運動の前進が求められていることを実感したとして、「憲法問題で多くの有権者から不安と危機感を訴えられた。アベノミクスの景気対策や消費税の増税反対は有権者の気持ちとピッタリとかみ合った。岡山県の運動を大きくするためにも革新懇運動を前進させたい」と話しました。

垣内京美さん

また、美作革新懇の中西さんは、「県北で革新懇運動をするのはお金も人も乏しい中で岡山市に集中している力を借りたい。県下の地域革新懇会議なども開いて県下の運動を全体として高める必要がある」と訴えました。


, , ,

と き:2013年8月26日(月)12:15~

ところ:天満屋アリスの広場前

概 要

 8月も終わりに近づき、朝晩が涼しくなってきました。TPP参加に反対する協議会は政府のTPP参加決定の発表を受け、TPPからの撤退を求める宣伝行動を行い、署名を集めました。本日の行動には10人が参加し、署名22筆を集めました。

 伊原潔さん(岡山県労働組合会議・事務局長)は、「TPPに参加しても日本に何一つ利益はない。政府の試算では農業生産4.5兆円の損失、実質GDP8.4減と報告されている。TPP参加によって日本経済は打撃を受けるとしながらも、一方でTPP参加するというのは矛盾だ」と話しました。TPP交渉の内容は一切国民には何も知らされていません。TPPの特徴の一つに交渉内容はTPPに参加してからでなければ明らかにされないというものです。

伊原潔さんは、「TPPに参加した場合、安い労働者が海外から流入するようになり、失業は増え、賃金水準は低下し、社会の貧困化がますます進んでしまう恐れがある。それだけでなく、日本が世界に誇る社会保障制度が崩壊する危険性もある。しかし、こうしたことは国民には一切説明されていないまま、TPPへの参加を決定するというのは現代の日本で許されることではない」と述べ、「TPPで最も危険なのがISD条項だ。この条項により投資家が不利益を被りそうになったときに相手国を訴えることができる。自分たちの利益のことしか考えていない大企業に、まっとうな行政を行う政府が訴えられ、国民の税金から賠償金がむしりとられてしまうことになりかねない。TPPによって自分たちの国ことを自分たちで決める権利までも奪われてしまうことになる」とTPP参加からの撤退を訴えました。

 署名をしてくれた人に話を伺うと、「TPPは危険」「絶対に反対」という声が多数ありました。


, , , ,

と き:2013年8月23日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社

概 要

 第53回目となる金曜イレブンアクションは、「ピクニックの替え歌」に合わせて脱原発を訴えました。本日の行動には32人が参加し、「原発なくせ!」と声を大にして訴えました。

 東京電力福島第1原発で貯留タンク高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏れ出していますが、さらに新たな汚染水漏れの可能性も浮上しています。同じ型のタンクは約350基あり、次々と汚染水漏れが出る危険性があります。また、あろうことか排水弁には漏洩センサーがあると東電は説明していました、実際にはなかったことも明らかになっています。東電や国の対策も手詰まり状態で、先が全く見通せない状況です。

 福島原発は手の付けられない状態にあるばかりか、深刻さは増すばかりです。このような事態にあるにもかかわらず、政府・電力会社は原発推進・再稼働をしようとしています。今や国内だけでなく世界からも社会的常識を疑われています。


, , ,

と き:2013年8月23日(木)12:15~

ところ:ビックカメラ前

概 要

 安保条約破棄諸要求貫徹岡山県実行委員会はオスプレイ配備撤回を求める街頭宣伝を行い、署名を集めました。今回の行動には11人が参加し、11筆の署名を集めました。

 マイクを握った弓田盛樹さん(岡山県労働組合会議・事務局次長)は、「いま沖縄では日米合意に違反した傍若無人で危険な飛行訓練がオスプレイにより繰り返され、住民の生活が脅かされている。沖縄だけでなく、岩国基地を拠点に四国・九州での低空飛行訓練、夜間訓練も繰り返し行われており、アメリカ軍が日米合意をほごにしていることは、米軍の横暴さを示している」と述べ、「近年、中国、北朝鮮は軍事拡大を図っている。こうした動きに対し、日本政府は日米同盟の強化や米軍基地の存在が抑止力として働くとしている。しかし、米軍の存在は抑止力どころか、周辺諸国に軍拡の口実を与えている。日本とアメリカの軍事費は世界全体の46%を占めており、日米の軍事力強化は中国や北朝鮮にとっては相当な脅威だ。そのため、日米の脅威に備えるために軍拡が進められ、軍拡競争という悪循環が繰り返されている。悪循環を断ち切るためには軍縮による緊張緩和、対話による平和的解決、相互協力が必要だ。日本は平和憲法9条を掲げて国際平和の先頭に立つべき。平和であることこそ最大の抑止力だ」と訴えました。

 署名をしてくれた人の中には、「知人にも広めるから、この署名を一枚ください」という人がいました。また、「自民党にはまともな議員が一人もいない」とオスプレイの強行配備だけでなく、憲法問題に対しても怒りを表す人がいました。


, , , , , , , , ,

と き:2013年8月19日(月)12:15~

ところ:岡山駅西口サンステ前

概 要

 8月も後半を迎えましたがまだまだ蒸し暑い日が続いています。本日も猛暑日ですが、原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は街頭での署名宣伝にとりくみ17人が参加しました。

 マイクを握った伊原潔さん(岡山県労働組合会議事務局長)は、「福島原発事故により発生した汚染水がいまだに海に漏れている。大問題だ。にもかかわらず、政府は原発を成長戦略の一環として推し進めエジプト、トルコに輸出しようとしている。福島の人たちはいまだに原発被害の補償を十分受けることができていないだけでなく、自主避難者として移住した人たちには一切の保障がない。故郷に帰れない人は現在15万に達している。このような状況の中で原発再稼働・輸出をすることが許されることだろうか」と訴えました。

 署名をしてくれた女子高生は、「チェルノブイリのことも原爆のことも知っていた。福島原発の事故を受けて原発は絶対にいけないと思った」と話してくれました。なお、今回の行動で集まった署名は32筆でした。


, , , , , , ,

第17回戦争遺跡保存全国シンポジウム岡山県倉敷大会

とき:2013年8月17日(土)13時~8月19日12時

ところ:水島愛サロン

8月17日~19日の3日間、水島愛サロンで第17回戦争遺跡保存全国シンポジウム倉敷大会が開かれ、初日の全体会には300人が参加しました。開会のあいさつや続いて、立石憲利(岡山民俗学会名誉理事長)が岡山県内の戦争にまつわる民話を紹介した後、記念講演が行われました。

全国から300人が参加した集会1日目

主催者挨拶をされた十菱駿武(じゅびししゅんぶ・戦争遺跡保存全国シンポ会長)さん

岡山の戦争にまつわる民話を話す立石憲利(亀島山地下工場を語り継ぐ会代表)さん

「ドイツの戦争遺跡―犠牲者に思いを馳せて」と題して、イェンス・クリスティアン・ヴァーグナー館長(ドイツ・チューリンゲン州・V2ロケット地下工場のあるミッテルバウ=ドーラ強制収容所記念館)が、「当時、負けが決まっていた戦争に転換点をもたらそうとしたナチスドイツはV2ロケットの開発を始めた。1943年の中頃のイギリスの空襲に伴って軍需産業を守るために、その一部を地下坑内に移転することを試みた。この地下工場は国内に多くある。1943年から1945年の間に、政治犯や捕虜など50万人の強制収容所の収容者が地下工場の拡張工事に従事させられた。そのモデルとなったのがドイツ・チューリンゲン州・ミッテルバウ=ドーラ強制収容所であり、6万人の囚人が地下工場の建設とロケット兵器の製造を強いられた。その労働は過酷なもので、木製の4段ベッドが地下工場に建てられ、労働者は昼夜2交代で作業にあたり、食事は粗末でトイレはドラム缶だった。その為に囚人たちは糞便が染みついた宿舎で休息を取ったが、工場ができるまでに2万人以上が死亡した。これをドーラの地獄として保存して、戦争犯罪を告発するために記念館が建てられた。問題なのは、こうした地下工場が戦後何十年も忘れ去られて、なかった事にされていた事実であり、ドイツは戦後の反省の中で今日の文化を築き、戦争の遺跡を歴史博物館や追悼の場、或いは歴史的な犯罪の証拠の場として地下工場を再建しているが、戦争犯罪を証拠立てる手段として、強制収容所や建築遺跡は特別の保護を必要としている」と話しました。

 イェンス・クリスティアン・ヴァーグナー館長

戦争遺跡保存全国ネットの菊池実さんは、「何を残したいかは政治的な目的と重なる」として、保存の現状と課題を基調報告としてまとめました。

地元岡山県のからは、亀島山地下工場を語り継ぐ会の村田秀石さんが「亀島山地下工場の保存と活用をめざして」と題して地域報告を行いました。亀島山地下工場は1941年に、三菱重工業名古屋航空政策所岡山工場という巨大な軍需産業が建設され、従業員3万人で海軍一式陸上攻撃機513機と紫雷改9機を製作しました。そこでは朝鮮人による掘削工事と若い未熟練労働者による部品製造が行われていたことが分かっています。この工場跡も戦後40年が経過する中で保存と公開を求める運動がはじまり、50年を経過してはじめて碑が建てられました。現在は安全対策と市民公開を求める運動が進んでいます。

全国シンポは2日目に保存や調査、博物館としての継承課題などが報告され、3日目となる19日には現地見学会などが行われました。


, , ,

と き:2013年8月16日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社周辺

概 要

 52回目となる金曜イレブンアクションは、最高気温40度という猛暑の中で行われました。今回の行動には22人が参加し、「線路は続くよ」の替え歌に乗せて脱原発を訴えました。

 いま国内で稼働している原発は大飯原発3・4号機で、4号機の運転を9月15日に中止し、定期検査に入ることを関西電力は原子力規制委員会に申請しました。3号機は既に申請済みで9月2日から定期検査に入ります。およそ1年2ヶ月ぶりに国内の全ての原発が停止することになります。

 しかし、自民党・安倍政権は「原発ゼロなどと無責任な事は言わない」と明言し、原発再稼働に躍起です。原発再稼働は絶対に許されることではありません。全ての原発が無くなる日まで声を上げていきましょう。


, , , , ,

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top