岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

連想分類語  憲法宣伝

と き:2013年8月23日(木)12:15~

ところ:ビックカメラ前

概 要

 安保条約破棄諸要求貫徹岡山県実行委員会はオスプレイ配備撤回を求める街頭宣伝を行い、署名を集めました。今回の行動には11人が参加し、11筆の署名を集めました。

 マイクを握った弓田盛樹さん(岡山県労働組合会議・事務局次長)は、「いま沖縄では日米合意に違反した傍若無人で危険な飛行訓練がオスプレイにより繰り返され、住民の生活が脅かされている。沖縄だけでなく、岩国基地を拠点に四国・九州での低空飛行訓練、夜間訓練も繰り返し行われており、アメリカ軍が日米合意をほごにしていることは、米軍の横暴さを示している」と述べ、「近年、中国、北朝鮮は軍事拡大を図っている。こうした動きに対し、日本政府は日米同盟の強化や米軍基地の存在が抑止力として働くとしている。しかし、米軍の存在は抑止力どころか、周辺諸国に軍拡の口実を与えている。日本とアメリカの軍事費は世界全体の46%を占めており、日米の軍事力強化は中国や北朝鮮にとっては相当な脅威だ。そのため、日米の脅威に備えるために軍拡が進められ、軍拡競争という悪循環が繰り返されている。悪循環を断ち切るためには軍縮による緊張緩和、対話による平和的解決、相互協力が必要だ。日本は平和憲法9条を掲げて国際平和の先頭に立つべき。平和であることこそ最大の抑止力だ」と訴えました。

 署名をしてくれた人の中には、「知人にも広めるから、この署名を一枚ください」という人がいました。また、「自民党にはまともな議員が一人もいない」とオスプレイの強行配備だけでなく、憲法問題に対しても怒りを表す人がいました。


, , , , , , , , ,

と き:2013年8月7日(水)15:30~9日(金)13:00

ところ:長崎市民会館体育館

概 要

 戦後68年目を迎えた8月6日の広島では、年原水爆禁止世界大会-広島大会が開かれ、会場のグリーンアリーナには2,200人が集まりました。今年の本大会は長崎で開催され、全国、世界から6500人が集結しました。

 開会総会では田上富久長崎市長があいさつを行い、「今年で戦後68年が経過したが、核兵器は世界に1万7千発以上残っている。その中で核兵器の非人道性に着目するアプローチが進んでいる。核兵器の非人道性こそ、人間の視点、一人ひとりがつながり、全員が共有できる視点であると思う。私たちの社会に未来に核兵器はいらない。このことを会場以外にも広げ、次の世代に核兵器のない世界を残していこう」と核兵器廃絶への思いを述べました。

 平和行進全国行進者、福島代表団らも登壇しました。通し行進者の方々は、「核兵器廃絶」「原発ゼロ」を訴えました。

福島代表団の佐藤八郎さんは、「政府、東京電力は原発事故の影響を過小評価したウソの報告をし、多くの人を苦しめている。政府は収束していない原発事故を収束したと言い、いま福島原発事故が風化しようとしているのではないかと感じる。人類は核兵器とも原発とも決して共存できない」と力強く訴えました。小学6年生の志賀晃大くんは、「原発事故以降、両親とは2週間に1度しか会えない日が続き、外でも遊べない生活が続いた。友達と離れて暮らさなければならなくなりとても寂しかった。いま全国には54機の原発がある。こんな悲劇を2度と繰返してほしくない。そもそも核兵器は必要ないモノ。みんなが本当に必要としているモノを作ってもらいたい」と話し、会場からは大きな拍手と「がんばれ!」との声が溢れました。

 2日目は分科会が行われました。⑪分科会「青年のひろば」では被爆者証言の聞き取りが行われ、約300人の青年が参加しました。東京中央大学の学生は、「私たち若い世代が被ばく者の話を聴き、被爆者の思いを背負って、核をなくしたい、平和にしたいという願いを世界に発信することが大切だと感じた。今の日本政府の対応は世界の流れに逆行している。一番核兵器の悲惨さを知っている日本が、話し合いの立場を設けないことや、平和の条約に調印していないことに憤りを感じる。世界大会が終わってからも平和な世界を作る取り組みを実行していくことが大切だと強く感じた」と感想を述べてくれました。

 3日目の閉会総会も初日と同様に会場は満杯でした。閉会総会にはオリバーストーン監督が出席しました。

オリバーストーン監督は、「ブッシュ政権下の2008年。私はなぜアメリカが日本に原爆を落としたのかを考えるようになった。アメリカでは子どもたちに学校で10万人のアメリカ兵を守るためには原爆は必要だったと繰り返し教えられている。しかし、それは真っ赤の嘘だ。アメリカではこのような歴史を伝えられることで原爆投下は正しいことであると強制的に受け入れるようにされ、このことが戦後の歴史の基盤となっている。いまアメリカは安全保障国家としての道を歩み続けているが、根底には、力=正しさ、権力=正義であるという考え方がある」と述べ、「日本にきて私は日本の人たちは歴史をわかっていないと感じた。日本は戦争の後、酷い破壊の中に多くのものを忘れてしまったのではないか。日本の学校教育の中では、日本が中国、東南アジア諸国に侵攻したことをきちんと教えていない。反対にドイツでは戦後国全体で歴史教育が行われ、2003年アメリカがイラクに侵攻した際、反対を表明した。しかし、日本はアメリカのイラク進攻を支持し、その後も、アメリカのいいなりになる首相が次々に誕生している」とアメリカいいなりの日本政府を批判しました。「安倍首相は危険な人物だ。福島原発事故は収束していないにも関わらず原発再稼働しようとし、核兵器廃絶署名に賛同しないなどヒロシマ・ナガサキから何も学んでいない」と話し、「オバマ政権は中東での失敗によりアジアへ進出しようとしている。今は非常に重大な時期だ。皆さんこそが日本の良心を代表している。主権者としてアメリカにものを言うべきだ」と締めくくりました。

 最後に日本原水協の安井正和事務局長が行動的を行い、「次回NPT再検討会議を20ヶ月後に控えている。9月を皮切りに新たな気持ちで核兵器全面禁止のアピール署名を訴え、被爆国日本が相応しい役割を果たせるよう、被爆者とも原発被害者とも力をあわせよう」と会場に呼びかけました。


, , , , , , , , , , , , , , , , ,

とき:2013年6月29日(土)

ところ:岡山駅前東口&西口

 憲法改悪反対岡山県共同センターは岡山空襲のあった6月29日、5月に続き憲法集中宣伝行動に取り組みました。岡山駅の西口と東口に分かれ、ノボリ旗やプラスター,

ゼッケンも賑やかに2ヵ所で36人が集まり115筆の署名を集める事ができました。

訴えでは憲法共同センターの中尾代表や伊原事務局長をはじめ、医労連、民医連、新婦人の仲間がリレーでお話をしました。西口の反応は特に好調で、64筆を集める成果となりました。岡山空襲展を見た帰りだという83歳の女性は、「14歳の時に岡山空襲に遭い、父親が出かけていたために、姉と赤ちゃんの3人で逃げた。戦争をしてはいけない。自民党も以前の総理は良かったが、安倍さんはダメだ」ときっぱりと話し署名をしてくれました。

東口では1人で17筆を集めた民主商工会の福木さんは、「若い人が積極的だった。9条があったから戦後日本は軍隊を持たず、他国の人を殺してない」と言うと、「それはすごい」と反応が返ってきたと言います。憲法共同センターは7月からの参議院選挙に向けて、「憲法を変えさせない大きな世論をつくりたい」と5月から憲法集中宣伝に取り組んでいます。市民団体や労働組合から多くの方が参加して元気の出る宣伝行動となっています。今後が期待されます。


, , , ,

とき:2013年6月10日(月)12時15分~

ところ:天満屋アリスの広場周辺

 憲法共同センターは6月10日、アリスの広場にて定例の憲法宣伝を行いました。参加者は11人、署名は18筆の協力を得ました。

事務局長の伊原さんが「憲法を変えようとする動きが自民党政権をはじめ野党からも聞こえるが、彼らの狙いは9条を変えて戦争ができる国づくりであり、基本的人権の抑圧だ。これは私たちが勝手に言っているのではなく自民党の憲法改訂草案に書かれていることだ。9条では国防軍を明記して、徴兵制も考えられている。公共性を優先するために国民の権利を制限しようというのが彼らの考え方。6月29日は戦災祈念日で当時、2000人が亡くなった。戦後の復興に懸命に努力された人たちの苦労を無にするような9条の改悪は絶対に許せない。憲法を参議院選挙の争点にして、改憲派の議員を少数派に追い込み、改悪を食い止めよう」と訴えました。


,

とき:2013年5月18日(土)11時~12時

ところ:岡山駅東口ビックカメラ前&西口サンステ前

 5月18日、憲法改悪反対岡山県共同センターは集中宣伝行動日を設けて、11時~12時まで岡山駅の西口と東口に分かれて宣伝・署名行動を展開しました。共同センターでは、憲法改悪の動きを重視して、これに反撃する立場から今年に入って、月2回の宣伝行動を継続してきましたが、憲法審査会の動きが活発化してきたことや安倍政権の靖国参拝、従軍慰安婦問題、過去の侵略戦争への無反省な対応など、危険な動きが強まっていることから集中宣伝行動日を設けて、大規模な宣伝をやろうと企画したものです。

宣伝では東口に25人、西口に16人が参加して、合計で115筆の署名を集めることができました。宣伝には宗教者9条の会から袈裟を着た住職さんなど5名も含め、労働組合や民主団体から情勢の重大性を感じて結集した仲間が集まり、共同センター始まって以来の大宣伝となりました。

宣伝では伊原事務局長や県医労連の岩本書記長がマイクを取って、訴えを行いました。「マスコミの間では、橋下大阪市長(維新の会代表)が従軍慰安婦問題で人権感覚を欠いた発言が話題になっている。沖縄の米軍の司令官に対して風俗営業を活用するように進言したというのですから驚いた。政治家や公務員は憲法を守る義務がある。第99条に明記されている。国民の基本的人権や尊厳を守ることは当然の義務であり、そもそもこんな発言は許されるものではない。安倍政権は基本的に橋下氏と歴史認識が同じであり、9条を変えて国防軍を創設するなど、日本をアメリカと一緒に戦争にできる国にしようとしている。そのために国民の人権を抑えて制限しようというのが彼らの考え方だ。このことは私たちが勝手に言っているのではなく、自民党の憲法改定草案に明確に示されている。ご一緒に反対の声を上げましょう」と宣伝しました。

署名をしてくれた人の中には、「簡単に憲法を変えられては大変。今の政権の人たちは危険だ」「戦争体験者として、食べ物がなかったので苦労した」と話されました。また、「他国から攻めてくれば困るだろう」と言ってくる人がいましたが、「平和外交を進めればせめて来ることはない。今まで攻められたことがありましたか?」と聞くと「それはそうだが」と納得する場面もありました。

共同センターでは今後も集中宣伝で憲法改悪勢力を追い込んでいく宣伝を強化して、参議院選挙では維新の会や自民党の議席を減らそうと話し合っています。


, , , , ,

と き:2013年5月9日(木)12:15~

ところ:天満屋アリス広場前

概 要

 憲法改悪反対岡山共同センターは表町商店街で憲法署名・宣伝行動を展開しました。今回の行動には15人が参加し、19筆の署名を集めました。

 県労会議の伊原事務局長は、「自民党は2分の1以上の国会議員が賛成すれば憲法改定の発議をすることができるようにと、憲法96条改悪を狙っている。その上で9条を変え、国民の権利に制限を加えることを目的としている。私たちは憲法をよくするならまだしも、日本を戦前に逆戻りさせるような改憲には反対だ」とし、「そもそも、憲法をどう変えるのか、なぜ変えるのかといった議論も国民への十分な説明責任も果たされていない。先に憲法96条を変え、発議要件を緩和した上で改憲を提案するといのは到底納得できることではない。こうした安部首相に対して、専門家、マスコミなど多方面から批判の声がある。一国の首相として許されることではない」と話しました。

 私たちが宣伝をしている隣で、雑誌ビックイシューの販売が行われていました。販売員の方はホームレスで、雑誌を売ることを通して自立を目指しています。その方も、「署名します」と協力をしてくれました。


, , ,

と き:2013年3月18日(月)12:15~

ところ:アリス広場

概 要

 憲法改悪反対岡山県共同センターは街頭宣伝にとりくみ、署名を集めました。参加者は4人と少なめでしたが、署名10筆を集めました。

 伊原事務局長は、「自民党は憲法を変えて、日本を再び戦争のできる国にしようとしている。憲法9条がなくなると、みなさんの子どもが戦争に駆り出されるかもしれません」と自民党・安部内閣による改憲案の危険性を訴えました。

 今回、署名に応じてくれた人は高齢者が多かったのですが、みなさん口々に「政府の考えが恐ろしい」「戦争は2度としてはいけない」と言っていました。


, , , , , , ,

とき:2013年2月18日(月)12時15分~

ところ:天満屋アリスの広場前

憲法改悪反対岡山県共同センターは2月18日の昼休み、表町商店街にて憲法宣伝・署名行動を行いました。雨の降る中での宣伝でしたが6人が参加して20筆の署名を集めました。

雨も降って冷たさが身に滲みる表町商店街で宣伝

自公政権は昨年の衆議院選挙で国会議員の2/3の議席を得て、憲法改正に向けた動きを強めています。憲法審査会も動き始め、参議院選挙で2/3を獲得すればいっきに憲法を変える意気込みです。そもそも現在の選挙制度は4割台の得票で8割の議席を占めることのできる小選挙区制度を基本とした制度であり、民意を反映する制度ではありません。言わば、虚構の議席で憲法を変えようというのですから、これほど国民の願いに反した行為はありません。今でも自民党が標的としている憲法9条の改悪は国民の52%が反対しており、民意でもありません。しかし、自民党の憲法草案によれば憲法96条(憲法改定発議要件)を変えて、過半数にすることによって憲法を改悪しやすくすることが彼らの目的でもあることがわかります。このように本来なら憲法遵守義務のある権力者が憲法を邪魔だからと言って、勝手に変えることは本来許されるものではありません。私たちが声を上げる時です。戦後67年間、日本は戦争に加担をせず、国民は精一杯平和を発信してきました。その裏で権力者たちは虎視眈々と改革を目論んできたのです。民主主義を形骸化して、マスコミを利用しながら他国との摩擦を利用して軍備拡張を狙ってきました。「暴挙を許さない」という声を市民の皆様と一緒に大きく広げて行きたいと思います。

意外に署名はたくさん集まりました。意気込みかな?

宣伝途中に、倉敷市長選挙でも一緒に闘った室山さんにお会いしました。快く署名もしていただきました。


, , ,

とき:2月9日(土)12時15分~

ところ:表町商店街アリスの広場前

2月9日(土)憲法改悪反対県共同センターは表町商店街で「憲法9条を守ろう」宣伝署名行動を行いました。土曜日で参加が危ぶまれましたが、7名が参加して18筆の署名を集めました。安倍内閣は発足してから憲法改悪を表明しています。最初は96条の憲法改定発議の要件を「3分の2から2分の1」にすると言っています。憲法は戦後67年間民主主義と平和、国民主権を守って頑張ってきました。圧倒的国民の支持のもとに権力者の暴走を抑えてきたのです。それを簡単に変えることができるようにする狙いはわかっています。「権力者の思うように権力をふるいたい」「憲法に束縛されるのは嫌だ」という声が聞こえてきそうです。集団的自衛権が問題になっています。武器3原則も破って、F35戦闘機の部品の輸出も認めてしまいました。着々と既成事実を積み重ねて国民の抵抗を萎えさせることが目的です。憲法9条の平和原則を知らない人もいるでしょうが、この原則のおかげで、戦後一貫して日本人は他国民を殺さずに済んでいます。

彼らは25条の生存権を法律で弱めようとしています。生活保護者の給付費を8%下げるとしています。こんなことは許されません。関連する制度100以上に影響するとされますが、基準は所得税で保険料や就学援助など多くの制度が引き下げられることになります。安倍首相は「わかっている」と言っていますが、本当はわかっていません。どこまでも国民の生活を落としめたら気が済むのでしょうか?財界・大企業から応分の負担を求める考えはないそうです。共同センターは今後月2回の宣伝と学習講座を開く予定です。


,

と き:2013年1月7日(月)12:15~

ところ:アリス広場前

概 要

 今年初めの宣伝は憲法改悪反対岡山県共同センターによる憲法宣伝で幕開けです。今回の行動には8人が参加し、署名12筆を集めました。

 マイクを握った県労会議の伊原事務局長は、「日本国憲法の草案に関わったベアテ・シロタ・ゴードンさんは亡くなる前に、『日本の平和憲法をしっかり守ってもらいたい。女性の権利向上にしっかり努めてもらいたい』との言葉を残した。私たちはこの言葉を胸に刻んで憲法を守るために奮闘します」と話し、「残念なことにいま憲法9条を変えて世界で戦争できる日本にしようとする動きがあります。昨年の総選挙で自公政権が復活し、自民党・安部首相は集団的自衛権を行使できる憲法に変えたいと言っている。また、最近の新聞報道では従軍慰安婦問題に対して、自主的な朝鮮人女性の行動であったという内容に変えようとしている。戦争の事実を隠ぺいするようなことには絶対に同調できない。日本は侵略戦争を反省し、中国・アジア諸国と友好条約を結び発展させることに努めるべきだ」と訴えました。

 署名に協力してくれた70代女性は、「戦争は絶対にいけない」と思いを話してくれました。また、「いまの自民党は怖い」という声もありました。

 テレビや新聞では中国の領域侵犯、竹島問題、北朝鮮のミサイル問題などを取り上げ、「自分たちの領土は自分たちで守らなければならない」「そのためには自衛権を行使するしかない」「日米同盟のさらなる発展が必要」などという議論がされています。しかし、私たち日本人がしなければならないのは、アメリカに追従した軍拡ではありません。過去の事実を正しく認識し、深く謝罪を示し、アジア諸国の中で平和の先頭に立つことです。


, , , , ,

<< Latest posts

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top