岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

連想分類語  核兵器廃絶署名

と き:2016年8月4日(木)~6日(土)

ところ:広島県広島市・グリーンアリーナ

概 要

 

原爆投下から71年目の夏、核兵器の禁止・廃絶を求める新たな国際署名運動が始まります。国連では、核兵器禁止条約制定のための新たな協議機関が生まれています。2016年原水爆禁止世界大会は大きく広がる核兵器廃絶運動の中で開かれました。

IMG_7077

全労連議長・小田川義和さんによる開会宣言で世界大会は始まり、開会集会には4500人が参加しました。

IMG_7082

基調報告を行ったのは、冨田宏治さん(関西学院大学教授)で、「国連の場で核兵器廃絶のための法的措置に向けた論議が始まったのは、被爆者のたたかいと世界大会がつくりだした到達点だ。ヒバクシャ国際署名は核兵器固執勢力を世論の力で追い詰める最重要の取り組みだ」と訴えました。

IMG_7182

その後、日本被団協・岩佐幹三さん、市民連合・長尾詩子さんが来賓あいさつを行い、「ヒロシマから世界へ 被爆地からの訴え」として広島の被爆者7団体代表が国際署名に共同して取り組む活動を披露し大きな拍手が起きました。ベトナム平和委員会のブイ・リエン・フオン事務長は数百万の署名を目標とするとし、既に集めた8万の署名目録を岩佐さんら被爆者代表に手渡しました。

IMG_7127

セルジオ・ドゥアルテ元国連軍縮問題担当上級代表がスピーチを行い、「みなさんは素晴らしい仕事をしている。核廃絶への決意を持ってぜひたたかい続けてほしい」と大会参加者を激励しました。

IMG_7275

そして、「非核平和、憲法 9 条輝く日本へ~草の根から共同ひろげオールジャパンに」と題したリレートークが行われました。全労連副議長・長尾ゆりさんが司会を務め、沖縄県会議員・瀬長美佐雄さん、長野県原水協事務局長・丸山稔さん、山口大学名誉教授・纐纈厚さんが登壇しました。瀬長さんは米軍新基地建設に反対するオール沖縄のたたかいについて、「基地問題は沖縄だけの問題ではない。かつて、銃剣とブルドーザーで住民は追い出され、米軍が勝手に基地を作ったのだ。沖縄県民の苦しみは戦後71年もまだ続いている。高江と辺野古の闘いの支援をお願いしたい」と訴えました。

IMG_7167

IMG_7175

最後に、国民平和大行進の参加者が登壇し平和行進の歌を合唱しました。全国通し行進者と国際青年リレー行進参加者が平和行進の報告を行い、核兵器廃絶を訴え開会集会は終了しました。

IMG_7169

2日目は16の分科会が開催されました。第10分科会青年の広場では被爆者の方から直接体験談を聴くことを中心にしたフィールドワーク、体験集を読み合わせが行われました。全国から200人以上の青年が集まり交流しました。

IMG_7246

閉会集会には5500人が参加。集会では「広島からのよびかけ」が採択され、「国連作業部会が国連総会に対して、核兵器を禁止し、廃絶する条約の交渉開始をふくむ具体的な勧告を行うようもとめ、圧倒的な世論と運動の力で、『核抑止力』にしがみつく国々を包囲し、孤立させましょう」と決議文が読み上げられました。

IMG_7283

国連軍縮問題担当上級代表のキム・ウォンスさんが登壇し、「私たちの任務は国際社会として核兵器のない世界に向かって精力的に努力することだ。核兵器のない世界は全ての人にとって共通の願いであり、市民の意識を変え、自国の政府を導く責任がある。みなさん力に期待している」と発言しました。

フィナーレでは「日本の草の根の決意」として北海道、福島、東京、京都の参加者が横断幕や「ヒバクシャ国際署名 私たちが集めます」のカードを掲げて登壇しました。また、佐々木祐滋さんとMetisによる被爆2世、3世のコラボコンサートも行われました。

IMG_7314

世界大会に参加した19カ国54人の海外代表がヒバクシャ国際署名にサインしました。日本国内でも「ヒバクシャ国際署名」に大きく広げ、岡山県でも取り組んでいく決意を固めました。


, , , ,

と き:2016年8月3日(水)7:45~

ところ:マツキヨ前

概 要

 

岡山県労働組合会議は定例の早朝宣伝を行いました。本日の参加者は3人と少なかったですが、チラシ100枚を配布しました。

CIMG1476

マイクをとったのは伊原事務局長で主に最低賃金に訴え、「中央最低賃金審議会の答申が7月27日に出された。全国加重平均を時給24円引き上げ、822円とするとのこと。8月1日に岡山でも審議会が開催されました。県労会議は最賃の大幅引き上げを求めて意見陳述を行った。答申通りの改定となれば岡山県の最低賃金は757円となる。これまでにない大幅な引き上げ額が答申されたが、ワーキングプアや実質賃金の低下を考えれば不十分だ。また、日本の最低賃金は地域別に金額が異なるため、改定がされるたびに、地域間格差がさらに拡大することになる。このような引き上げが続く限り地方経済がよくなることはない。最低賃金は全国一律で1000円以上とすべきだ」と述べました。

さて、8月4日から原水爆禁止世界大会が開かれます。いま世界の7割以上の国が核兵器廃絶を願い、具体的な行動を呼び掛けています。被爆者の運動に圧されオバマ大統領は戦後初めてアメリカの現職大統領として広島を訪問しました。しかし、核兵器廃絶や被爆者への謝罪はありませんでした。被爆者とともにすすめる(新)核兵器廃絶署名は始まったばかりです。平和の継承者としての私たちの行動が問われるときです。


, , , , , , , , , ,

と き:2016年3月9日(水)12:15~

ところ:岡山駅西口さんすて前

概 要

 

岡山県原水協は定例の6・9行動を行いました。この行動には県労会議、高教組、医労連、岡山市職労、県人権連、中尾代表理事ら8人が参加しました。

CIMG9672

マイクをとったのは、平井事務局長で、「まもなく、東日本大震災から5年目を迎える。しかし、政府は原発の再稼動や輸出など、原発推進の姿勢を全く改めていない。そこには、日本がいつでも核兵器を持てることを示すことが安全保障上重要だ。そのために原発は必要という誤った考えがある。日本は、核兵器を持たない国の中で唯一、その原料となるプルトニウムを持つことが認められている。その量は核保有国にも匹敵し、『いつでも核兵器を持てることを示す』とはこのような状態のことをいう。しかし、危険な核兵器で他国を脅かして安全は保てない。核兵器をなくして平和な世界をつくり、原発ゼロで放射線被害をなくさなければならないのではないでしょうか。私たちが取り組んでいる核兵器禁止の署名に核の被害を繰り返さないの思いを託してもらいたい」と訴えました。

CIMG9674

署名に応じた男性は「原発再稼動などとんでもないこと」と署名に応じてくださいました。


, , , , , , ,

と き:2015年10月6日(火)12:15~

ところ:岡山駅西口さんすて前

概 要

 

岡山県原水爆禁止協議会(原水協)は定例の街頭宣伝を行いました。本日の行動には10人が参加し署名20筆を集めました。

CIMG7188 CIMG7191

マイクをとったのは平井事務局長で、「世界は今、核兵器の非人道性に注目、人類と核兵器は共存できないと、核兵器禁止条約の必要性に焦点を当てた議論が進んでいる。しかし、唯一の被爆国である日本はアメリカのいいなりで、核兵器廃絶を全面的に訴えようとしない。さらには、戦争法を強行採決するなど、再び戦争はしないと誓い、憲法9条を持つ国として出発した日本が再び戦争する国になろうとしている。世界で唯一の戦争被爆国の日本が核兵器廃絶の国際的イニシアチブを発揮するよう政府に突きつけよう」と呼びかけました。

CIMG7193


, , , ,

と き:2014年9月9日(火)12:15~

ところ:ビックカメラ前

概 要

 原水爆禁止岡山県協議会が定例の街頭宣伝を行いました。今回の行動には10名が参加し、32筆の署名を集めました。

 平井代表がマイクを握り、「世界は今、来年ニューヨークで開催される核不拡散条約再検討会議を焦点とし、核兵器のない世界を実現するために様々な努力がされている。核兵器のない世界を実現するためには、政府や自治体、市民団体などあらゆる方面から行動を起こさないといけない。その中でも、被爆国日本が世界で果たさなければいけない役割は大きい。私たちがとりくんでいる『核兵器全面禁止のアピール署名』は市民の立場から、政府・全ての自治体に核兵器のない世界への決断と行動を求めるものだ」と話しました。

 署名に協力してくれた人は、「核兵器はいらない」「核では平和は守れない」と声を聞かせてくれました。


, ,

と き:2014年7月9日(水)12:15~

ところ:ビックカメラ前

概 要

 岡山県原水協は定例の街頭宣伝を行いました。今回の行動には15人が参加し、チラシを配布しました。

 マイクを取ったのは平井昭夫さん(岡山県原水協事務局長)、「国際政治の場では被爆者が一貫して訴えてきた『核兵器と人類は共存できない』との考え方が多数派になりつつあり、ヒロシマ・ナガサキに壊滅的な被害をもたらした核兵器は、人類全体の安全保障上なくそうという議論がされている。この流れに核保有国は揺さぶられている。今年5月にニューヨークで開催されたNPT再検討会議第3回準備委員会で、イギリスは『人道的影響の流れは核軍縮が進んでいないことへの不満の表れ。共感する』と述べた。人々の声と行動で核保有国を追い込むチャンスだ」と話しました。


, ,

と き:2014年6月9日(月)12:15~

ところ:岡山駅西口さんすて前

概 要

 岡山県原水協は66回目となる6・9行動を岡山駅西口さんすて前で行ないました。本日の行動には13人が参加し、署名17筆を集めました。

 岡山県原水協・平井事務局長がマイクを取り、「安倍首相は憲法9条の解釈を変えて、集団的自衛権を使い、日本を戦争する国に作り変えようとしている。いま日本政府は非核三原則を持ちながら、アメリカの核の傘に依拠する外交政策をとっている。そのために核兵器廃絶を訴えることができない。日本政府に核兵器廃絶のイニシアチブの発揮を求めて私たちは署名を集めている」と訴えました。

 署名に応じてくれた20代の大学生は、「ニュースで集団的自衛権についての報道を聞くと、本当に戦争になるのではないかと恐ろしい」とコメントを寄せてくれました。


, , ,

と き:2014年4月24日(木)9:00~

ところ:岡山市―久米南町―美咲町

概 要

 原水爆禁止岡山県協議会は2015年NPT再検討会議に向け4月15日から自治体キャラバンを行いました。本日で最終日を迎え、岡山市、久米南町、美咲町の3自治体を訪問し、「核兵器全面禁止の決断と行動を求める請願書」を提出し、「アピール署名」への協力を要請しました。残念ながら、首長・議長に出席いただけませんでしたが、私たちの要請に応じてもらうことはできました。

写真は久米南町

 平井事務局長は、「私たちが草の根の運動を粘り強く進めてきた結果、国際政治は核兵器禁止条約の必要性を確かなものとしている。しかし、一部の核保有国とその同盟国による抑止力論によって困難な状況もある。重要なのは世界で唯一の核被爆国である日本の政府が核兵器全面禁止・廃絶の国際的イニシアチブを発揮することだ」と取り組みの主旨を説明しました。

 自治体からは、「時代に逆行するような出来事が多い。武力を持って国際問題を解決するなど時代遅れだ」という意見や、「政府の進む方向もきな臭い感じがする。平和な社会を守らないといけない」という意見がありました。


, , ,

と き:2014年4月18日(木)14:00~

ところ:春日町周辺

概 要

 岡山県労働組合義と自治労連岡山県本部は、勤労者福祉センターの周囲で核兵器廃絶署名を集めました。今回のとりくみには7人が参加し、署名31筆を集めることができました。

訪問先では、「核兵器はなくならない。やっても無駄」と言いう人もいましたが、「NPT再検討会議を知っている」と署名に協力してくれる人。居酒屋の女将さんは仕込みで忙しいにも関わらず署名に応じてくれました。また、署名を預かったくれた会社もあるなど、元気の出る署名活動でした。

今後は規模を更に広げ、より多くの人と協力して署名行動にとりくみたいと思います。


, , , ,

と き:2014年3月6日(木)12:15~

ところ:ビックカメラ前

概 要

 

 岡山県原水爆禁止協議会は定例の街頭宣伝を行いました。今回の行動には8人が参加し、署名8筆を集めました。

 平井事務局長がマイクをとり、「被爆者の訴えに世界が注目している。核兵器をなくすには法で禁止にするしかない」と訴えました。

平井さんは、「ヒロシマ、ナガサキを経験した日本は、核兵器禁止・廃絶を要求する権利、義務を持っている。2月にメキシコで核兵器の人道的影響に関する国際会議が開催され日本も参加した。この国際会議の場で、5人の広島・長崎の被爆者による証言が注目を集めた。しかし、日本政府は同会議で、核兵器禁止にはまったく触れず、核兵器禁止条約交渉を求める国連決議を棄権し続ける態度を改めることはなかった」とし、「今の政府は核兵器の使用を『個別的・集団的自衛権の極限状況』に限ると言って、事実上核保有国の行動を認めている。安倍首相の推進めている戦争できる国づくりをやめさせ、被爆国としての自覚を持ち、非核平和の外交を行うよう声を上げていこう」と話しました。


, , , , ,

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top