岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

連想分類語  PPO

と き:2016年8月4日(木)~6日(土)

ところ:広島県広島市・グリーンアリーナ

概 要

 

原爆投下から71年目の夏、核兵器の禁止・廃絶を求める新たな国際署名運動が始まります。国連では、核兵器禁止条約制定のための新たな協議機関が生まれています。2016年原水爆禁止世界大会は大きく広がる核兵器廃絶運動の中で開かれました。

IMG_7077

全労連議長・小田川義和さんによる開会宣言で世界大会は始まり、開会集会には4500人が参加しました。

IMG_7082

基調報告を行ったのは、冨田宏治さん(関西学院大学教授)で、「国連の場で核兵器廃絶のための法的措置に向けた論議が始まったのは、被爆者のたたかいと世界大会がつくりだした到達点だ。ヒバクシャ国際署名は核兵器固執勢力を世論の力で追い詰める最重要の取り組みだ」と訴えました。

IMG_7182

その後、日本被団協・岩佐幹三さん、市民連合・長尾詩子さんが来賓あいさつを行い、「ヒロシマから世界へ 被爆地からの訴え」として広島の被爆者7団体代表が国際署名に共同して取り組む活動を披露し大きな拍手が起きました。ベトナム平和委員会のブイ・リエン・フオン事務長は数百万の署名を目標とするとし、既に集めた8万の署名目録を岩佐さんら被爆者代表に手渡しました。

IMG_7127

セルジオ・ドゥアルテ元国連軍縮問題担当上級代表がスピーチを行い、「みなさんは素晴らしい仕事をしている。核廃絶への決意を持ってぜひたたかい続けてほしい」と大会参加者を激励しました。

IMG_7275

そして、「非核平和、憲法 9 条輝く日本へ~草の根から共同ひろげオールジャパンに」と題したリレートークが行われました。全労連副議長・長尾ゆりさんが司会を務め、沖縄県会議員・瀬長美佐雄さん、長野県原水協事務局長・丸山稔さん、山口大学名誉教授・纐纈厚さんが登壇しました。瀬長さんは米軍新基地建設に反対するオール沖縄のたたかいについて、「基地問題は沖縄だけの問題ではない。かつて、銃剣とブルドーザーで住民は追い出され、米軍が勝手に基地を作ったのだ。沖縄県民の苦しみは戦後71年もまだ続いている。高江と辺野古の闘いの支援をお願いしたい」と訴えました。

IMG_7167

IMG_7175

最後に、国民平和大行進の参加者が登壇し平和行進の歌を合唱しました。全国通し行進者と国際青年リレー行進参加者が平和行進の報告を行い、核兵器廃絶を訴え開会集会は終了しました。

IMG_7169

2日目は16の分科会が開催されました。第10分科会青年の広場では被爆者の方から直接体験談を聴くことを中心にしたフィールドワーク、体験集を読み合わせが行われました。全国から200人以上の青年が集まり交流しました。

IMG_7246

閉会集会には5500人が参加。集会では「広島からのよびかけ」が採択され、「国連作業部会が国連総会に対して、核兵器を禁止し、廃絶する条約の交渉開始をふくむ具体的な勧告を行うようもとめ、圧倒的な世論と運動の力で、『核抑止力』にしがみつく国々を包囲し、孤立させましょう」と決議文が読み上げられました。

IMG_7283

国連軍縮問題担当上級代表のキム・ウォンスさんが登壇し、「私たちの任務は国際社会として核兵器のない世界に向かって精力的に努力することだ。核兵器のない世界は全ての人にとって共通の願いであり、市民の意識を変え、自国の政府を導く責任がある。みなさん力に期待している」と発言しました。

フィナーレでは「日本の草の根の決意」として北海道、福島、東京、京都の参加者が横断幕や「ヒバクシャ国際署名 私たちが集めます」のカードを掲げて登壇しました。また、佐々木祐滋さんとMetisによる被爆2世、3世のコラボコンサートも行われました。

IMG_7314

世界大会に参加した19カ国54人の海外代表がヒバクシャ国際署名にサインしました。日本国内でも「ヒバクシャ国際署名」に大きく広げ、岡山県でも取り組んでいく決意を固めました。


, , , ,

とき:2010年2月6日(土)13時~14時

ところ:岡山駅ビックカメラ前

 岡山県原水協は5月のNPT核不拡散条約再検討会議に向けて、核兵器の廃絶を求めるアピール署名に取り組みました。PPO(ピース・ピース・okayama)の青年たちが多く参加してくれて、26名が集まり79筆の署名を集めることができました。医療生協からNPT総会に参加する西崎さんは「全国から1200名の代表団がニューヨークに行きます。私も岡山の代表団30人の一人として奮闘したい」と決意を語りました。平和委員会の谷口さんは「青年も参加します。地域で街頭で青年が核兵器廃絶に向けて、力いっぱい頑張ろう、と署名を呼び掛けています」と青年の活動を紹介しました。岡山市の林市議は「高谷市長も平和市長会への参加を表明しています。岡山市民の平和の声をニューヨークに届けましょう」と訴えました。

 

署名に応じてくれる高校生の姿も

この行動では県新婦人の豊田さんが26筆も集める奮闘ぶりを見せました。また、用意した賛同署名付きのはがきも300枚手渡すことができました。署名をしてくれた人の中にはノーベル賞の益川敏秀先生が呼び掛け人になっていることを知って、喜んで署名に応じてくれるなど、思わぬ反応にこちらがびっくりしてしまいました。

1時間の署名活動を終えて、全員でパチリ!


Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top