岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

連想分類語  金曜イレブンアクション

と き:2013年11月8日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社

概 要

 原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は秋晴れの下64回目となる中電前抗議行動を行いました。本日の行動には36人が参加し、「森のくまさん」の替え歌で、脱原発を訴えました。

 福島原発事故により避難している被災者について政府は、自宅への期間を諦めた人への支援策を検討することにしました。政府は希望する避難者全員の期間を原則にしていましたが、除染がなかなか進まず、避難が長期化しているため、他地域への移住を選ぶ選択肢も示し、移住先での住宅確保の支援が軸になるとしています。

 街頭からは「がんばって」と拍手を贈ってくれる人がいました。


, , , , , ,

とき:2013年9月27日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

 9月27日(金)、恒例の金曜イレブンアクション中国電力抗議行動に26人が参加しました。ニュース担当の伊原県労事務局長は、「新潟県の泉田知事は東京電力の規制員会への再稼働申請を認めたが、原発の再稼働を認めた訳ではない。フィルターベントを追加しても被ばくは避けられない。これは使えないと言っており、仮に審査が通っても地元の意向を無視するような審査になれば、審査そのものが疑われる」と東電の対応を疑問視していること事が9月27日の報道でわかったと報告しました。また、福島県沖の試験的漁業がはじめ理、検査に通れば魚が県内外に流通することになる事もわかったと報告しました。東電はこれまでに原子力損害賠償機構から、過去20回、累計で3兆1683億円の資金を受け取った事が分かった」と報告しました。

これで倒産寸前の東電を国が支えている事がよく分かります。逆に、事故が起これば電力会社が倒産する規模のお金が必要になっていることです。参加者は、桃太郎の替え歌を歌いながら行進、最後は弓田事務局次長のリードで、「再稼働反対」をコールしました。


, ,

と き:2013年9月20日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社前

概 要

 原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は57回目となる中電前抗議デモを行いました。今回の行動には27人が参加し、「戦争を知らない子どもたち」の替え歌に合わせて抗議しました。

 本日、東京から避難されている大和田さんが初めて行動に参加されました。大和田さんは、「少しでも自分に何かできることはできることはないかと考えていた時にこの行動を知った。私も皆さんとともにがんばります」とあいさつしました。

 安倍首相は19日に福島第1原子力発電所を訪れ、汚染水漏れの現状を視察しました。視察後、首相は同行していた記者団に対し、「期限を決めて汚染水漏れ問題に当たるよう東電に要請した」と話しました。安倍首相はまた、「汚染水の影響が一定範囲内で完全にブロックされている」との認識を改めて示した。しかし、汚染水の海洋流出は続いており、ブロックできているとは言えません。

国際社会からは日本政府の対応に対して批判の声が高まっており、日本の食品に対する安全性も疑われています。この状況に国際世論は気づいているのに、国内世論は自分たちのことなのに追いつけていません。私たちはもっと真剣に対策を講じ、被災者への手当を考えないといけません。


, , , , ,

と き:2013年9月13日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社前

概 要

 原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は56回目となる昼休みデモを行いました。本日は24人が参加し、「ウサギとカメ」の替え歌で原発ゼロを訴えました。

 東京電力福島第1原発のタンクから高濃度の汚染水が漏れた事故により、近くの排水溝で放射性ストロンチウムなどの濃度が一時的に高まっていたことが判明しています。東電はこれまで、排水溝の上流で除染作業をしており、「汚染水の一部が海に出ている可能性は否定できない」との見解を示しました。上流には、300トンの高濃度汚染水漏れを起こしたタンクがあり、漏れが発覚した直後に汚染水が排水溝に流れ込みました。このため、排水溝を高圧洗浄して、たまっていた泥などを除去する作業を行いました。この作業で放射性物質の一部が下流に流れた可能性があるとのことです。

 原発事故の被害は拡大する一方です。こうした状況にありながらも、政府・電力会社は原発を再稼働させようとしています。福島の現状が理解できないのでしょうか。この期に及んで原発再稼働に固執するのは常軌を逸した行為としか思えません。

原発なくせ抗議行動ニュース(No.52)


, , , , , ,

と き:2013年8月19日(月)12:15~

ところ:岡山駅西口サンステ前

概 要

 8月も後半を迎えましたがまだまだ蒸し暑い日が続いています。本日も猛暑日ですが、原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は街頭での署名宣伝にとりくみ17人が参加しました。

 マイクを握った伊原潔さん(岡山県労働組合会議事務局長)は、「福島原発事故により発生した汚染水がいまだに海に漏れている。大問題だ。にもかかわらず、政府は原発を成長戦略の一環として推し進めエジプト、トルコに輸出しようとしている。福島の人たちはいまだに原発被害の補償を十分受けることができていないだけでなく、自主避難者として移住した人たちには一切の保障がない。故郷に帰れない人は現在15万に達している。このような状況の中で原発再稼働・輸出をすることが許されることだろうか」と訴えました。

 署名をしてくれた女子高生は、「チェルノブイリのことも原爆のことも知っていた。福島原発の事故を受けて原発は絶対にいけないと思った」と話してくれました。なお、今回の行動で集まった署名は32筆でした。


, , , , , , ,

とき:2013年8月9日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

 8月9日、第51回目の金曜イレブンアクションが行われ23人が参加しました。出発前に事務局長の伊原さんが、原発事故の対応や溜まり続けるプルトニウムに対するアメリカの懸念などについて報告しました。

 第1に福島第1原発の汚染水流出では、「解決の糸口がつかめず地下の坑道を通じて、割れた所から漏れた汚染水が地下に広がり、海に漏れている。国の推定では300㌧が流れ出している」と報告しました。また、「アメリカが日本の六ケ所村での使用済み核燃料の再処理でプルトニウムが貯めこまれることは、北朝鮮やイランの核開発の口実を与えないか懸念されている」として原発政策の矛盾を指摘しました。更に、福島第1原発事故で9ケ月間働いた2万人の内、白血病の労災認定基準「年間5㍉シーベルト以上」の被ばくをした労働者が9460人となり、中には労災の対象になる事さえ知らない人もいる」と話し、このままでは事故現場で働く人がいなくなると原発の怖さを強調しました。

 

デモ行進では、いつものように替え歌で抗議行動を始めました。今日は、「手のひらを太陽に・の替え歌」で、「♪~原発危険だ/失くしましょう/未来の子どもを守るため/しまねの原発動かすな」と歌いながら、最後の周回では、「上関に原発をつくるな」「漁民の生活を守れ」「瀬戸内の海を汚すな」とアピールしました。

ニュースはココ中国電力岡山支社抗議行動ニュース13.8.09

替え歌はココ手のひらを太陽にの替え歌2


, , , ,

と き:2013年7月19日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社周辺

概 要

 真夏日の下、49回目を迎えた金曜イレブンアクション。今回の行動には28人が参加し、「原発ゼロ」「再稼働反対」と訴えました。本日は「もしもピアノが弾けたなら」の替え歌を歌いました。

原子力規制委員会によって原子力発電所の安全性を審査する際の新規制基準が策定され、7月8日から施行されました。そして、施行当日から電力会社による審査申請も相次ぎ、原発再稼働の動きが強まっています。

こうした動きについて、「3.11以前の状態に戻っただけ」「何も変わってはいない」という意見や、「初めから再稼働ありきで新基準が作られている」などという意見もあります。また、安倍首相は成長戦略に「原発の輸出」を位置づけ、すでにトルコと基本合意まで取り付けています。

最新の世論調査では56%が原発再稼働に反対しており、58%が輸出に反対しています。国民の思いなど関係なく進んでいく政治にストップをかけましょう。明後日21日は参議院選挙の投票日です。みなさんの思いを選挙で表明してください。

中国電力岡山支社抗議行動ニュース13.7.19

もしもピアノが弾けたなら


, , , ,

と き:2013年7月5日(金)12:15~

ところ:中国電力岡山支社周辺

概 要

 外に出ると蝉の泣き声が聞こえるようになりました。いよいよ夏の到来を感じますね。本日は蒸し暑い天候でしたが、原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は原発ゼロ、再稼働反対を求めて、中電前でデモ行進を行い23人が参加しました。

 参加者みんなで、「シャボン玉とんだ」の替え歌を歌い、原発ゼロを訴えました。参議院選挙も始まり、各党の動きに注目が集まっています。

 原発が日本からなくなるその日まで声を上げ続けましょう(^_^)/


, , , ,

と き:2013年6月24日(月)12:15~

ところ:ビックカメラ前

概 要

 原発ゼロをめざすイレブンアクション岡山は猛暑のなかで宣伝と署名行動を行いました。本日の行動には10人が参加し署名7筆を集めました。

 マイクを握ったのは県労会議事務局長・伊原潔さんで、「福島原発事故から2年以上が経過した。依然として福島第1原発からは汚染水があふれ出るなど事故の収束とは程遠い状況にある。また、事故原因も究明されていない。それにも関わらず、安倍首相は原発再稼働・輸出を推進し、参議院選挙では原発再稼働を公約に掲げるとまで公言した」と述べました。

 また、「自民党の高市早苗議員は、『原発事故で死者は出ていない』という常識では考えられないような発言をした。安倍首相は原発のさらなる新増設を発言するなど、いま政治家の見識が問われている」と話し、「参議院選挙が近づいている。今回の選挙で原発に固執する政党にNO!を突き付けよう」と訴えました。


, , , ,

とき:2013年6月21日(金)12時15分~

ところ:表町商店街

6月21日、イレブンアクション岡山実行委員会は、定例の金曜アクションを表町商店街で行いました。台風が近づき雨の中で行われたデモ行進は、商店街のアーケードに救われて、「原発再稼働反対」「伊方原発動かすな」の声も気持ちの良いほど響き渡りました。

今回のアクションは原子力規制委員会が7月8日に新しい規制基準を適応して、原発の再稼働をさせる時期とも重なり、アピールはグッドタイミングでした。

参加者は24人、伊原県労事務局長を先頭に、「森のくまさんの替え歌」を歌いながら商店街を練り歩きました。今回も「抗議ニュース」が配布され、自民党の高市早苗政調会長の「原発事故で亡くなった人はいない」などの発言に、全国から抗議が巻き起こり、高市氏が謝罪撤回したことや規制員会の新しい規制基準に従って、高浜原発や伊方原発の稼働が申請された事が報じられました。金曜アクションは来週も表町商店街をデモ行進する予定です。

中国電力岡山支社抗議行動ニュース13.6.21

森のクマさんの替え歌


, ,

<< Latest posts

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top