岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

日付 2017年8月19日

8月19日(土)総がかり行動岡山実行委員会のアピール行動を行いました。岡山駅西口のサンステには60人が参加して、戦争反対の声を上げました。

行動では参加者全員がコールで「戦争するな、ミサイル打つな、いのちを守れ、平和が一番、憲法守れ」と訴えました。共産党の余江さんは「北朝鮮のミサイル発射など不安な情勢だが、アメリカと北朝鮮との執拗で激しい挑発行為が行われている。日本はこうした戦争につながる問題を軍事演習などで圧力を加えるのではなく、両国を話し合いの席に着かせ戦争させない役割を果たすべきだ。迎撃ミサイル配備もやり方を間違えている」と話しました。県平和委員会の谷口さんは「岩国市は空母艦載機のB35ステルス戦闘機が16機も配備され、日本はアメリカの基地強化に手を貸している。10月には平和大会もある。参加して平和な日本を訴えよう」と運動を呼びかけました。戦争させない1000人委員会の梶原代表は「アベ首相は憲法に自衛隊を明記させ憲法9条にある戦力を持たないとする条文を空文化させようとしている」と警告しました。県平和委員会顧問の中尾さんは「日米軍事担当者の安全保障会議が開かれ、日米で圧力を加えていくことで一致した。それは軍事同盟の強化で、核の傘を含むもので核兵器を抑止力と考える強硬姿勢だ。迎撃システムのイージスファイア-なども日米の軍事分担であり許されない」と語りました。社民党の武本さんは「政党として協力しながら戦争する国づくりをすすめる安倍政権を打倒したい。立憲野党の政府を実現したい」と期待を込めました。

アピールは北朝鮮とアメリカとの緊迫した情勢が叫ばれる中で、日本がアメリカと一体で行動する危険性を訴え、戦争させない運動を大きくしようと声を上げました。

1時間の行動で店からは「やめてほしい」などの苦情も出ましたが、憲法に保障された権利であり、1時間の行動で社会のルールを守っての行動です。共謀罪など人権を侵害する法律が強化されればこうした行動もできなくなる可能性があります。

日本の未来は自分たちで守るという共通の認識で、真夏の行動は参加者の情熱でいっそうテンションも上がりました。


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top