岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

9.14 最賃宣伝

と き:2011年9月14日(水)12:15~

ところ:天満屋アリスの広場前

概 要:

 

 平成23年度地域別最低賃金額改定の答申が発表され、岡山地方最低賃金審議会は685円(+2円)と発表しました。加重平均737円(昨年730円)、岩手、宮城、福島は+1円でした。パート・臨時労組連絡会はこの結果を受けて、秋晴れの下で12人が集まり宣伝を行いました。

 県労会議の伊原事務局長は、「中央最賃答申を1円上回ったことは評価します。しかし、685円では年収200万円以下とされるワーキングプアーにも満たない額です。アルバイトの募集広告を見ても、時給750円~850円となっています。政府は段階的に最低賃金を2020年までに全国一律1000円まで引き上げるとしていますが、今のままの水準では実現不可能です」と現在の最低賃金が現実にそぐわないことを訴えました。「私たちは最賃審議会に対して、意見を求めましたが一切取り合ってもらうことができませんでした。専門部の委員推薦にあたって、県労会議が推薦した候補は除外され続けています。財界・大企業の言いなりになるのではなく、市民の意見に傾聴するという誠実な対応が最賃審議会に求められます」と話しました。

 岡山県では10月27日から答申最低賃金が発効されます。685円では生活が成り立たないことは明白です。世間には震災だからしかたないという風潮がありますが、「震災だから」ではすまされないのが私たち1人ひとりの現実ではないでしょうか。

報道発表(地域別最低賃金答申)

この記事の感想は?
  • がんばれ!! 
  • いいね! 
  • 静観-- 
  • ちょっと… 
  • どうよ? 

RSS Feed

コメントはまだありません。

コメント募集中

<<

>>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top