岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   憲法宣伝

とき:2017年12月20日(水)17時30分~

ところ:岡山駅西口サンステ

12月20日(水)憲法宣伝。今年最後でした。8人が参加して14筆の署名です。最近の傾向から言えば人数の割によく集まったと思います。いくつかの組合にも電話をして宣伝に参加いただくように訴えましたが、来てくれた人には感謝です。寒いとは言え、比較的穏やかな体感温度に訴えにも力が入りました。署名をしてくださった方には感謝です。ご一緒に改憲発議を止めたいと思います。私たちも頑張ります。

今日もエピソードをご紹介します。仲間の訴えに近づいてきて、言葉こそ発することはなかったのですが、黙って訴えを聞いてくださった若い女性が署名に応じてくれました。近くで見ていると迷っているのかな?とも思いましたが、心を決めたようです。もう一人の若い男性は署名に抵抗があるようでした。「学校では習った9条だけど、署名は?」という感じで、仲間が「意思表示だけでもどうか?」と促すと、住所は書かずに名前を書いてくれました。

こうした人って結構いるような気がします。いつも署名運動を見ている人が署名をするときに「いつもやっていますね」と声を掛けてくれます。だからと言っていつも署名をしてくれるわけでもなく、迷っているのかな?と思うのです。その背中を押すのは私たちの運動であり、世論の力だろうと思います。署名運動のやり方や訴えにも工夫があると思うのですが、それだけで簡単に切り替えられるほど甘くないというのが私の経験則です。県内のあちこちで署名が進むことや「皆がやっている署名」というストレスの少ない運動としてどうやって印象付けるかだと思います。試行錯誤は続きますが、来年に向けて飛躍する運動として誇れるように多くの仲間と頑張りたいですね。


No tags

とき:2017年12月14日(木)17時30分~

ところ:岡山駅西口サンステ

12月14日(木)、憲法宣伝。7人が参加、署名も7筆。相変わらずだ。妙に数字が一致する。しかし、寒いですね。宣伝をしていると高校生の集団が集まって先生が何かを大声で話しています。こちらは拡声器ですが迷惑にならない程度のボリュームでゆっくりと静かに訴えました。30分ですから遠慮していると何も訴えることができずに終えることになるからです。

仲間の女性が若い3人のグループに声を掛け、何かを話していましたが聞き取れません。後で聞くと、「改憲反対の署名をお願いできませんか」と頼んだそうです。すると1人が「なんで改憲するのだ?」と聞いてきたそうで「戦争するために自衛隊を憲法に書き込もうとしているのよ」と返事すると、「そりゃいけん」と言って、3人とも署名に応じたそうです。この青年のように一般市民はなぜ、改憲をするのかが分からないようだ。そこで気が付いたのですが、確かに「戦争するために改憲するとは誰も言わないし、TVでも、ラジオでも言わない」だから、説明が胸に落ちるのだと思います。

今回の署名は意外に「働きかけ」が大切だと気付きました。

私は、子どもや孫に責任を持ちたい。戦争は始まると止められない。戦前の教訓をもとにつくられた憲法を私たちが「変えさせない、戦争させない」と自公政権に言い続け、3000万署名で改憲発議を止める運動を皆さんと成功させたいと訴えました。

次回は18日です。頑張りましょう。


No tags

とき:12月11日17時30分~

ところ:岡山駅西口サンステ
非常に寒い夕暮れ時。行き交う人の手はポケットからなかなか出せないようです。それでも8人の中が集まり、用意した400個のチラシはほとんど配りました。

署名は8筆。相変わらず参加人数と同じ署名が続いています。憲法を変えさせない、いくら強く願っても訴えなければ共感も広がりません。何とかしたいですね。常連の参加者から「憲方9条の条項を書いたものを渡してはどうですか」と提案があり、さっそく、9条の解説も加えて準備をしました。参加者の意見や工夫を受けながらどうやれば広がるのか?今後も試行錯誤が続きます。
しゃべていると、あまりの寒さに、時々つじつまの合わない訴えになっていることに気づきます。「危ない、あぶない」と修正しつつ、30分の宣伝は終了しました。風も強いために横断幕を張れませんでした。次回は14日です。


No tags

とき:2017年11月29日(水)17時30分~

ところ:岡山駅西口さんすて

11月29日、憲法宣伝に6人が参加、署名も6筆でした。雨混じりの夕暮れ時。帰宅を急ぐ人がいます。憲法宣伝参加者はいまいちでしたが、心で負けると運動も負けると奮起して訴えました。憲法に立ち返り、今の政権の下で人権が保障されているのか怪しい。社会保障も教育もおかしい。憲法違反の法律が強引に成立させられている一方で、モリカケ問題など税金を好きに使って、お友達にも夫婦でつぎ込んでいる首相夫妻の報道が相撲協会の騒動で隠されている。改憲は許せないと声を上げようと訴えました。


宣伝も終わりにかかったころに警官が来て何かを仲間に言っています。どうしたのかと聞くと苦情があったというのです。何かと聞くと「宣伝がうるさい」と言うことでした。「何も聞いていませんが、そんなに大きな声でしゃべったつもりもなく、うるさいのであればボリュームを落としますよ」と話すと、「私たちも苦情がなければ来ない」と警察も言い訳。届け出も出している。うるさくしていない。「嫌がらせだとは言わずに、暗にそうだ」と訴えました。しかし、警察が来たことで訴えの時間を削られました。確かに文句を大声で言いながら過ぎていく人がいました。仲間に聞くと「うるさくいうあばちゃんもいた」と言うことです。妨害には気を付けたいものです。


No tags

とき:2017年17時30分~

ところ:岡山駅西口サンステ


17時30分から岡山駅西口サンステにて憲法宣伝を行いました。10人が集まり署名は22筆を集約しました。これまでの宣伝行動からすると、手応えのある宣伝でした。現職の自衛官が署名してくれました。その方のお話だと、「もう自衛官は辞める」とのことでした。政府のやり方に矛盾を感じている人がいることが分かりました。

「9条に自衛隊を書き込めば、もうそれは専守防衛の組織ではなく、軍隊となって海外に出かけ、戦争をする道具になることが懸念される。北朝鮮の脅威を煽りながらも政府は、トランプ大統領を招いてゴルフをやっている様子からはとても真剣に「脅威」などと考えているとは思えない。私たちは過去の戦争をなかったことにできないが、未来は変えられる」と訴えました。
今日は岡山市9条の会から3人が参加されました。やはり人数は多い方がいいですね。


No tags

とき:2017年11月10日(金)10時30分~11時30分

ところ:岡山駅西口さんすて

今日は秋闘の全国統一行動日。昨日は団体交渉で年末一時金や労働条件改善のために使用者との間で交渉が行われました。同時に社会的な問題とも向き合い運動を広げようと県労会議の仲間は「市民共同アクション、全国3千万署名」に取り組みました。

朝10時30分から岡山駅西口さんすてには県医労連や自治労連の仲間が集まり宣伝を開始。「安倍政権はアメリカと一体で戦争を始めようとしている。そのために憲法9条に自衛隊を書き込み、9条の平和主義を否定。明記されれば、自衛隊は新たな法律によってどんどん海外に出ていく軍隊になる。これは絶対に認められない」と訴えました。

宣伝の途中で、東口で宣伝をしていた共産党の皆さんが合流。大平義信前衆議院議員も署名を訴えました。「先の総選挙では立憲民主党が野党第1党になった。憲法を守れという国民の声が議席に反映した。選挙の結果は自民党がわずか17%で61%の議席を得るという小選挙区制度の弊害が極端に表れた。日本の民主主義が形骸化されている。自民党は憲法を変えるための発議をしようとしているが、これは憲法順守義務違反。しかも国民の過半数は自衛隊を9条に書き込むことに疑問を持っている。3千万署名にご協力を」と訴えました。

突然の訴えでしたが、参加者は大歓迎。元気の出る宣伝となりました。

署名には26人の参加で64筆となり、これまでの行動と比べると大きな共感を得た署名・宣伝となりました。一人で30筆を集める仲間もいました。いつも来ている自治労連の仲間は「今日は6筆の成果」と誇らしげでした。

宣伝の途中に、どこかで見たことのある人物が通りかかりました。付き人が2人いて、片手には大きな楽器のケースを下げています。そのケースには「松山千春」と書いてありました。署名を訴える機会を逸しましたが、いつにない「偶然」が重なる宣伝となり、いろんな意味で鮮烈な記憶が残る日でした。


No tags

とき:2017年11月9日(木)17時30分~

ところ:岡山駅西口さんすて

11月9日(木)、憲法共同センターによる宣伝・署名を行いました。参加者は8人ですが、今日は最近にない署名の数を集めました。それでも15筆ですが、これまで1ケタの数字が一気に2ケタになったことは大きな喜びです。いつもの仲間の皆さんに感謝します。

憲法宣伝は権力との最大ともいえる闘いです。この闘いに勝利するためには宣伝や署名だけでは無理です。市民に根差した、市民とともに進める憲法闘争をすすめる必要があると感じています。

先の衆議院選挙では立憲民主党が野党第一党になりました。民進党の解党という前代未聞の政変劇の中で、希望の党に票が流れず、「憲法を守れ」の声を結集で来たことは、これまでの市民運動があった方こそだと思います。数年までは憲法など議論にもなりませんでした。安倍政権になって市民の中にも危機感を共有することができる議論は始まりました。その影響で憲法を守ることは野党の課題ともなりました。今回の選挙でかろうじて国民の投票行動が自公政権や希望の党に行かなかったことは、小池百合子代表の「さらさらない発言」もありますが、市民連合をはじめ、おかやまでは「おかやまいっぽん」の運動が岡山県で息づいていたからに他なりません。しかし、思うような票が出なかったのは市民の中に根差した運動ができていないことに原因があったと思います。簡単にはできませんからね。

市民の中に根差すためには、地域に憲法カフェを開き、生活の場から政治を考える懇談を重ね、「おかやまいっぽん」の運動が市民の運動として広がる必要があります。憲法闘争はその土台の上に座っていなければ、根無し草になると思います。

私たちの運動は決して、単純ではありませんから計画通りにはいきません。様々な運動を地域から掘り起こし、安倍政権の改憲の狙いをつぶす運動こそが政治を変え、憲法を暮らしに生かすことになるのだと確信しながら今日の宣伝に臨みました。次回は11月27日です。さらに多くの人が参加してくださることを願ってやみません。


No tags

とき:2017年11月6日

ところ:岡山駅西口サンステ

11月6日(月)17時30分から再びサンステにて憲法署名を行いました。8人が参加して6筆を集めました。毎回厳しい数字です。仲間の集まりもイマイチですが宣伝の案内を見て参加して下さった方々に感謝です。自治労連からは3人も参加してくれて、事務所がお隣ということもあって本当にありがたいです。市民の皆さんには改憲の怖さを想像してほしいと思うのですが無関心な様子に、どう言って良いのか逆に悩んでしまいます。

署名をしてくださった若い人たちの中には改憲や戦争という言葉に敏感に反応してくれる人もいますので、まったく訴えが届かないという訳でもありません。「見せ方や訴え方で相手も変わるのかもって?」思いますが、どうしたらいいのかわかりません。仲間の女性が可愛い宣伝をしたいと言っていましたが、これはヒントになると思います。考えたいと思います。

権力の暴走を止めるためには、反対というイメージだけでなく、「考えよう」とか「知っていますか?」などの問いかけが重要ではないかと思っています。横断幕やのぼりも少しお金を掛けて、イメージを変え運動を再構築してみたいと考えるようになりました。

肝心なことは3千万署名を集めきる運動を強化することです。前に進みながら工夫を凝らしてみたいと思います。共謀罪も同じですが、国民投票になった時の政府と財界の運動は想像以上に熾烈になると思います。その時に、騙されないための情報をきちんと提供することだと考えます。まだ、時間があります。さらに進化した運動へと頑張ります。


No tags

10.31憲法宣伝

いよいよ、10月も最終日です。憲法宣伝の反応は一向に高まりません。参加者が少ないこともありますが、今日は7人で7筆でした。

今日は、憲法共同センターに組織されてない一般の方々に支えられた宣伝でした。労組の関係は私を含めて2名でした。昼・夜と工夫しながらやっているつもりですがどうやれば集まってくれるのか?思案中です。11月3日には中央集会もあります。たくさんの方が参加されることを願っています。

私たちは恒例の憲法公布記念のつどいに結集します。アベ政治を許さないプラスター宣伝と合わせて、高山佳奈子さんの講演を楽しみにしています。

さてさて、今日は多面的に憲法を語りました。特に「若い人たちに関心を持ってほしい」と率直に訴えたつもりですが、途中で気付いたのですが、どうやら今日はハロウィンで派手な血塗りの顔だったり、奇抜な服装の男女が目立ちます。こちらの方が場違いな雰囲気もあります。年配の方が仲間に話しかけているのに気づきました。どうやら「わかるけど、何にも変わらないよ。無駄だと思うよ」と言っているのが聞こえてきました。年配のご婦人ですがこちらの人がハロウィンの衣装に身を包んだ女性に訴えると署名しているようでした。

こんな時代でも署名に協力していただける方はいます。「北朝鮮との対立を深めると、いつミサイルが飛んで来るかもわからない。対話の姿勢を見せて、ましてや自衛隊を憲法に書き込むなどの行動に出れば、その先はきっと危ない」とも訴えました。

ますます暗くなる夕方宣伝ですが、灯りをつけることも考える必要がありそうです。


No tags

とき:10.30憲法宣伝

ところ:岡山駅西口サンステ

憲法共同センターは市民共同3千万署名に呼応した「改憲させない・9条守れ」の署名宣伝行動を行いました。総選挙も終わり、立憲民主党が議席を伸ばしましたが、共産党は議席を減らし、社民党は現状維持となったもとで安倍首相は国民に支持されたと言わんばかりに改憲の準備に入るようです。加計・森友学園問題は説明もせず、北朝鮮の脅威を煽った自民党は安倍首相の支持率は下がりましたが議席を維持しました。特別国会では首班指名だけを行い、国会審議は来年に持ち越そうとするだけでなく、野党の質問時間を削減する暴挙に出ています。本来なら麻生副総理の「北朝鮮のおかげで勝利した」発言や加計・森友疑惑解明などやるべきことはたくさんありますが安倍首相にその気はないようです。

今回の質問時間削減で立憲民主党は「審議に応じられない」と言っています。これを梃子に安倍首相は国会を開かないように画策しているかのように見える国会情勢です。

それならばこちらも改憲阻止のための署名と世論結集の運動を強化すべく奮闘するチャンスです。

早速、岡山駅西口サンステに仲間が結集。総がかり運動でつながった組織外の市民も参加しての署名運動となりました。10人で9筆の署名を集めました。勝負はこれからです。暴走政治には国民の安全装置を最大限に働かせる必要があります。

日本大会参加者も憲法や安保条約破棄の運動を広げようと話し合いっています。すでに始まっている憲法宣伝は総選挙で市長選挙や総選挙で出足が遅れました。ポップ、ステップ、ジャンプで言うならステップの段階です。足場を強く踏みしめて飛躍的に署名を集めたいと思います。


No tags

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top