岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

日付 2016年7月31日

とき:2016年7月28日~30日

ところ:東京ベルサール新宿セントラルパーク

7.28からの全労連大会始まる

7月28日から3日間の全労連大会が終わりました。全労連発足時(1989年)から3割の組織減の中、組織拡大は待ったなしの課題となりました。毎年10万人以上を増やしながらも、2万人程度の組織減をまねく実態に歯止めをかける必要があります。これ以上の組織減は組織の存亡にかかわる重大事です。簡単ではありませんが、総がかり行動の具体化などで組織拡大に打って出ようと新4カ年計画が提案され、全会一致で採択されました。

P1010946

P1010949

P1010955

P1010974

岡山県労会議がこの方針に応えるためには従来の運動をさらに進化させる必要があります。中立労組への働きかけ、未組織職場に組合をつくること、介護職場や中小企業との懇談はますます重要です。県労会議事務局だけでなく、組合員総出でやるしかないです。もう、やっていますが拡大はできていませんでは済まない状況です。勿論、一人一人の組合員が周りの非組合員に声をかける大運動も産別の力も借りながらすすめることは言うまでもありません。すべての組合が組織拡大を意識して最重点課題と取り組む大運動が求められています。

P1010980

公務は最大限の努力で組織減に歯止めをかけること、民間はそれを補う組織内の拡大で成果を出すこと、事務局は新しい陣地を築く種まきをすること、行動には全員が参加するスタイルを確立すること必要、などと考えながらの大会でした。

P1010986

財政難もあって無料のホットラインを有料にせざるを得ないという提案に多くの地方組織が反対しました。当然です。未組織の労働者がどんな状況にあるのか?クモの糸のような電話から日々、悲痛な叫び声を聞いている地方組織の相談員にはまさか?の方針です。大会は財政の厳しさと有料化への判断に衝撃が走りましたが、おそらく地方組織の最前線で闘っている労組役員は衝撃的で後退とも思える方針だったと思います。

私としては執行部の判断を信頼するしかない。財政の優先度で有料化すべきでないとする主張もわからないではありませんが、事務局長はそこも含めての判断だとしています。採決では反対も多く見られましたが提案は採択されました。

電話が有料化されても組織拡大を成功させるしか展望は見えません。

P1010987

安倍政権への怒りとともに参議院選挙での共同の前進にみんなが確信を持っています。学習運動から若い人が育っているという報告はうらやましい。激しい組織破壊と大企業の横暴に対して果敢に闘う組合に対する敬意を表します。最賃引き上げと公正な委員会審議を求める運動へは岡山の体験を通して強く共感します。沖縄に対する差別的で暴力的な攻撃に対して支援ではなく、民主主義と憲法破壊の問題として共に闘ってほしいとの訴えに、安保破棄の事務局として毎月街頭に出て沖縄の問題を訴えている組織として連帯感を共有しました。もう、沖縄だけの問題ではありません。

3日間を通して67人が発言しましたが、全労連の仲間は日々激しく全国で闘っています。困難には知恵が必要です。立ち止まってはいられません。動き出し、もがく中でこそ未来は開けると思います。考えられるすべてをやりつくして次期大会に胸を張って参加できるように成果を出したいと思います。県労会議もある意味で崖っぷちだと感じています。

もう出来ませんでしたでは済まされないとのプレッシャーが大きくなってきました。

P1010990

3日間の会議を終えて渋谷に向かった。全労連の仲間と一緒に鳥越俊太郎への支持を訴えました。1時間の行動で、東京も岡山もさして有権者の反応に変わりはないと感じました。嫌がらせをする人、うるさいという人は東京にもいました。健全な選挙活動や政策と人柄、経歴がマスコミを通じて公正に報道される時代は果たしてくるのでしょうか?東京でも鳥越俊太郎さんのポスターは落書きで汚されていました。それでも全労連の仲間は頑張っていました。日本の民主主義と健全な社会を取り戻す運動はこれからも続くと思いつつ帰途に就きました。

P1010982

一緒に声を上げた都知事選挙でしたが野党共闘は民進党代表の最終盤になっての代表辞任など腰砕けもあって、都民へのアピール度はトーンダウン。連合の自主投票も響いたと思います。結果は残念ながら、核武装発言と政治資金疑惑にまみれた女性候補が当確となりました。都民はまた同じことを繰り返しました。この連鎖はいつまで続くのでしょうか?残念です。


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top