岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   金曜イレブンアクション

と き:2018年3月9日(金)12時15分~

ところ:岡山市中国電力周辺

3月9日金曜イレブンアクションに24人が参加。久々に20人越えの抗議行動となりました。しかし、風は強く冷たく、歩もテンポも速くなりがちで息切れがしてきました。
放射性物質に66%の方が不安に感じるとする福島県民世論調査が3月3日に報告されている。一般国民なら「さもありなん」と思うのですが福島県民なら90%以上は当たり前でしょう?あまりにも鈍感すぎないか?「思いたくない気持ち」も分かりますがもっと、怒ってほしいです。


大飯3号機が14日にも再稼働です。住民の反対を押し切って4月の上旬にも営業運転とあります。これで6基目の再稼働ですが、きっと事故は続きます。高いコストと命を犠牲にしてもこの国の権力者は原発政策をやめないでしょう。
政府を変えるしか方法はないと思います。


ところで、エネルギー革命はすでに始まっているようです。水を燃やす技術がすでに始まっています。そうなればエネルギーは無尽蔵です。今こそ、官僚がよく使う言葉「注視」をしていきたいです。技術革新は私たちの想像を超えて進歩しています。

 


No tags

とき:2018年2月16日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

2月16日(金)、269回目の金曜行動となりました。日差しも暖かく、行進をしていると汗ばむほどの気候でしたが、それでも厚着をしていないとまだまだ寒さは厳しい状況です。21人が参加、原発や電気エネルギーに関するニュースを紹介しながら、抗議の替え 歌で中国電力岡山支社周辺をデモ行進、シュプレヒコールを上げました。

今日のニュースは①東通原発、断層回避した取水設備追加、再稼働に向けて準備、②東電労組が3%賃上げ要求の方針で交渉に臨むようだ、③太陽光発電コスト7年で73%減 風力発電は23%下落したとの報道です。

東通原発は東北電力ですが取水設備の真下に断層があり、活断層かどうかで争っていましたが、電力会社は許可がありない論争を避け、取水設備を追加する方針に転じました。再稼働するための転換であることに変わりはありません。

風力発電や太陽光発電のコストが下がり、世界的に火力発電よりも安くなると予測されています。環境への配慮で取り入れていた発電システムが経済的な選択になることは間違いのないことです。技術のある日本ではさらに下げられるはずですが、原子力発電に頼る既存の大手電力会社のために、コストと命の危険性が高い発電システムを採用する理由はありません。即刻、やめるべきです。

今日は元東電社長の原発事故裁判をめぐって、歌をつくりました。

暮らし 守れと 叫ぶ/止まらぬ 事故/津波来るとの 警告も/聞かぬ その耳

暮らし 守れと 叫ぶ/責任 問われ/予見できない 津波だと/主張 変わらず


No tags

と き:2018年2月2日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

2月2日(金)、節分を前に金曜イレブンアクション。鬼を払い、福を呼ぶ運動として末永く人から愛される運動として続けたいと思います。今日は17人が参加しました。
福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力元会長の勝俣恒久被告(77)ら旧経営陣3人の第2回公判が26日、東京地裁(永渕健一裁判長)でありました。勝俣被告らはいずれも「予見できなかった」として、起訴内容を否認しています。


私たちの認識からして、「予見できなかった」など笑止千万。多くの専門家が指摘をし、国会でも問題になっていたことを知らないはずはありません。私に言わせれば「聞く耳を持たなかった」が本音だと思います。
次に、東京電力福島第一原発事故の除染で福島県外で発生した汚染土について、環境省は31日、地中に埋めて処分するための基準や手法づくりに向けた実証事業を、今春ごろから栃木県と茨城県で始めると発表した。


半減期が数百年の放射性物質を地下に埋めて管理するなど、「何様のつもり?」と言いたくなります。たかが100年そこらしか生きられない人類のやることじゃないです。
政府は既成事実をつくって、全国各地で同じことをする狙いがあると思います。騙されちゃいけません。
今日は替え歌では、復興と称して勝手なふるまいをする政府に怒りの声を上げました。12番まである歌詞の2番までを紹介します。

風が吹き抜ける 誰もいない街
壁が立つ 海を遮る
何をするのか
街もないのに

風が吹き抜ける 仮設の住まいに
肩を寄せ 暮らす毎日
身を切る 仕打ち
補償も 切るのか?
比較的気温も穏やかで行進のしやすい金曜行動でした。


No tags

とき:2018年1月26日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

1月26日(金)、金曜イレブンアクションです。雪が舞い、中止かとも思われた寒くも、冷たい日でしたが、何とか雪も上がって金曜アクションも無事に終えることができました。14人が参加しましたが、さすがに寒風の中での行動ですから人の出も少ないです。いつものようにニュースを紹介して替え歌で行進、抗議とアピールの行動となりました。

福島第1原発内のカメラ映像が紹介されています。炉心が溶けて、内部また、小石のようにそこにばらばらに溜まっている様子も伺えます。どうやって取り出すのか疑問です。また、計画が延期になるのではないでしょうか?7年目の春が来ます。

こんな状態で原発の再稼働がされていることに違和感を覚えます。明らかに廃止すべきです。
今日の替え歌では、成人式を迎えた福島の若者たちを思いながら、悲喜こもごもの彼らの心に思いをはせながら、

悔しさ 悲しみ 終わらぬ日々
友との別れも 過ぎしあの日
今こそ 語らい 門出祝う
福島 この時 わがふるさと

悔しさ 悲しみ 終わらぬ日々
危険を 承知で なぜ動かす
あれから7(しち)年 二十歳祝う
帰らぬ友との 誓い固く

と歌いながら行進しました。


No tags

と き:2018年1月5日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

1月5日(金)、金曜イレブンアクション。新春の抗議行動に20人が参加しました。

年が明けて263回目の行動ですが、参加者それぞれに新年のご挨拶から初めて早速、デモ行進で訴えました。今回は昨年のサンタさんに続きパンダさんが大活躍。怒りの声を上げました。

柏崎刈羽原発が規制委員会による「適合」との認定を受けたのが12月27日でした。これで7施設14基の原発が再稼働、またはその準備に入ります。地元の合意という点で新潟県は知事が容認していません。当たり前ですが福島第1原発事故の検証さえできていない中で再稼働などもってのほかです。

昨年のことですが、高レベル放射性廃棄物の最終処分場について、説明会に謝礼が学生に約束され動員されていた問題で、説明会を主催した原子力発電環境整備機構(NUMO)が調査したチームは、NUMOの職員が東京電力の社員らにも参加を呼び掛けていたと発表しました。これを受けてNUMOは全国説明会を中止するとしています。「委託先に事業を丸投げしていた」というのですから呆れます。東電もこの説明会に関わっていたことも間違いないと思います。

お金儲けの再稼働のためにはルール違反や社会の規範も守れない大手会社のやり方は、神戸製鋼や日産・スバル・三菱の自動車産業、三菱マテリアル、東レ、そしてJR西日本のやっていることと同じです。それでなくとも東電は国にしがみ付き、補助金をもらいながら被災者への支援を放棄する社会的な道義もない会社です。情けない。

こうした会社は儲けが一番であり、市民の生活や命は二の次になっています。再稼働などもってのほかですが、替え歌で「抗議の歌声」を響き渡らせました。東芝がアメリカの原発事業から撤退することになりましたが、腐りきった会社の成れの果てです。そこで働いていた労働者には何の責任もないことですが、会社の不祥事で被害をこうむるのは労働者という社会の構図は変わらないのか?と思うと情けなく思います。東電のような会社がいつまでも事業を続け、新潟の原発が再稼働に向けて動き出すことに心の底から怒りが湧いてきました。


No tags

とき:2017年12月22日(金)12時15分~

ところ;中国電力岡山支社周辺

12月22日、金曜イレブンアクション。20人の参加でした。今年最後の抗議行動です。サンタさんも参加する金曜アクションも恒例となりました。今日はお菓子を配っての行動でした。年末もいよいよ押し迫ってきましたので、正月用の写真も撮影して来年の行動を盛り上げようとしっかりと笑顔で撮影しました。

さて、1週間のニュースを拾ってみると相変わらずの原発政策に呆れてしまいます。大飯原発1・2号機の廃炉が決まりましたが理由は安全対策費用がかさみ儲からないからだそうだ。安全の為ではないのです。電力会社の考えそうな言い分です。情けない。方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止め命令では、四電が保全異議を申し立てているそうですが、その理由がふるっています。「過去260万年間で最大規模の噴火が起きたとしても住民らは避難のため3号機から離れていくとし、事故で放射性物質が放出されても具体的な危険性はない」というのです。「正気ではない」と思いました。「ふざけんじゃない」と言いたいところです。こんな人たちが原発を運営管理しています。もんじゅでは残業代を従業員に払っていませんでした。社長も役員も処分されてそうですが、情けなくて、何が危険かよりも、社長以下役員の姿勢こそ危険です。

廃炉は決まりましたが冷却材のナトリウムが取り出せません。こんないい加減なことはありません。

年末なのに怒り心頭ですが、来年こそ国民運動の勝利で笑顔の年にしたいものです。


No tags

とき:2017年12月8日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺
12月8日(金)、金曜イレブンアクション。260回目です。とにかく寒い~。風が吹いて冷たい中での抗議行動に17人が参加しました。
ふくしま第1原発の汚染水を止めるための凍土壁が役に立っていないことが伝えられています。ひどいものですね。雨が降ると逆に地下水が溢れそうだというのですから呆れて、笑えない話です。もんじゅのナトリウムも取り出しが困難にもかかわらず、計画だけが決まっている。前代未聞。計画優先で方法論は見つかっていません。また延期するに決まっています。なんとも笑えない話です。


7年近くが経過する中で、未だになす術もない原発事故。再稼働が続く中で事故はないと言えるのでしょうか?誰も信じてないと思います。安倍政権の下で、意見を言う側近はいないのかと恐ろしくなります。日本を滅亡に導く政権を一刻も早く終わらせたいと思います。


あまりにも寒いということで、今日は「たき火の替え歌2」で抗議しました。①原発政策 無責任/炉心の燃えカス 溜まってる/放射能 止まらない/埋めれば万年 汚染する。②原発政策 無責任/もんじゅは止まった 動かない/汚染した ナトリウム/取り出す方法 見つからない。と歌いながら10番まであります。4回歌うともうシュプレヒコールです。今年もあと2回の抗議行動となります。皆さんの参加を待っています。


No tags

と き:2017年12月1日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

12月1日(金)、259回目の金曜イレブンアクション。寒かったです。太陽に日差しが温かいですが、ビル風は冷たく、厳しい日でした。今日は21人が参加してくれました。

核のごみ説明会で謝礼金を学生に支払ったという事件がありました。原子力発電環境整備機構(NUMO)が委託したオーシャナイズ(東京都)という会社だそうですが、経済産業省は記者会見で、この業者について「今後の会には一切関与させないことを伝達した」としています。企業の不正と政権の疑惑が問題視される中でありえない話ではないと思いました。公然とした不正が長い間、まかり通る日本社会はデタラメばかりです。テレビ・マスコミが報道するモリカケ問題は明らかに首相の手が入った事案であり、誤魔化しているのも分かります。国民を平気で騙す政権が「襟を正して」もそれは誰もが見せかけと信じてはいません。

その企業の不正はブーメランのように原発の会社にも返ってきました。大飯原発を再稼働させたくても、神戸製鋼のデータ改ざんで部材の安全点検に時間がかかっています。

分かったことは規制委員会の再稼働容認は原発会社の言いなりで、委員会としての調査機能は果たせていないことです。今回のことだけでなく再稼働している原発の不具合が発覚する度に国民は、「またか」と思うのですが、大事故は目の前に迫っている気がします。

今日は「福島は 何時まで続く/暮らしとふるさと 奪われて/汚染に除染で 荒れた街には/中間施設が 残るだけ/帰らぬ家族 帰らぬ友たち/苦しみ続く ふるさとを思う」

と歌い、再稼働に抗議しました。


No tags

と き:2017年11月10日(金)12時15分~

ところ:中国銀行岡山支店周辺

11月10日(金)、金曜イレブンアクション。17名の参加でした。11月25日に講演会を開くことをお伝えし、今日の替え歌にもその思いを盛り込んだと説明しながら、行進前のミニ集会を行いました。

原発自主避難の賠償裁判で二審の判決では賠償額が半減したことが報道されています。どのような理由かは定かではありませんが、全国21カ所で行われている集団訴訟に影響を与える可能性も否定できないと批判の声が上がっています。福島地裁では6年の歳月を経て原告が勝利しましたが、国と東電の姿勢は本当に許せません。

中間貯蔵施設が本格稼働したとの報道ですが、本格稼働したのは福島県双葉町と大熊町です。30年以内に県外で最終処分とされていますが立候補地はないはずです。今でも契約済みの用地は全体の約4割だそうです。11月に講演をいただく木村さんの娘さんの遺骨が見つかったのも中間貯蔵施設予定地です。自分の土地であり、土地は提供できないと言われています。単なる土地の提供ではなく、遺族の悲しみがしみ込んでいます。東電や国の責任ある姿勢が見られないのも土地確保を困難にしています。

古い図面使って対策に見落とし、雨水が流入したと報道された浜岡原発ですが、市が原発の漏電事故を受けて、すべての貫通部をふさぎましたが、古い図面だったために見落としがあり、1か所から水が流れ込んだとされます。古い図面を見てとはお粗末です。気が付かなかったと言えばそれまでですが「お粗末」の一言です。原発事故にはこの手の事故が絶えないことは周知の事ですが、「大事故にならなくてよかった」とはとても言えません。

今日は「街を捨てたよ ふるさと離れ/誰も知らない 土地に暮らすよ/あまりの悔しさ 責任とれと/裁判続けたよ 闘った/福島地裁 勝利をしたよ」と歌いました。

 


No tags

とき:2017年10月27日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社

10月27日(金)金曜イレブンアクションは久々に秋晴れです。歌いながらデモ行進をしていると、日が照って暑いくらいです。選挙も終わり久しぶりに22人が参加しました。

いつものように、ニュースを紹介。大変残念なことですが韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、建設を中止していた韓国原発「建設再開」を有識者委員の意見や世論調査踏まえ、建設を中止していた新古里原発5、6号機(蔚山(ウルサン)市)を世論に従って建設再開を勧告しました。残念です。あれだけ北朝鮮のミサイルや核開発に懸念を示しておきながら、原発にミサイルが落ちることなど考えていないかのような判断は明らかに間違っています。韓国の大統領には期待感もあったわけですがこれで吹き飛んでしまいました。安倍政権と同じで国民を犠牲にして憚らない大統領だということを証明したようなものです。これでは逆に国民が哀れだと思う。キチンとした情報が開示されていない証拠だ。

福島県の大熊町では中間貯蔵施設が28日から運用を始めるとのこと。原発事故から暮らしを取り戻す一歩が始まったと言えますが、これからの道のりを考えると気がめいります。

今日の行進では「アビニョンの橋の上で」の替え歌で抗議行動です。「声を出してみんなで歩こう/平和暮らしみんなで守ろう/危険なゴミは埋めたらあかん/声を出してみんなで歩こう/平和暮らしみんなで守ろう/溜めるな炉心原発止めろ/声を出して みんなで歩こう/未来子どもみんなで守ろう」と歌いました。かなり早いテンポなので息が切れました。結構疲れます。


No tags

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top