岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   金曜イレブンアクション

とき:2017年10月20日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支所周辺

10月20日(金)、254回目の金曜イレブンアクションに15人が参加しました。4週目にして雨も上がり、行進すると汗ばむ陽気となりました。

①なんと、神鋼の不正製品問題で、福島第二原発にも納入されたいたことが分かりました。

製品は、実際には計測していない検査データを記載して納入されていたそうです。東電は部品交換前で東電の倉庫に保管されており、「原発の安全性に問題はない」(東電HD)としていますが、事故以降の東電の動きを見ていると信じがたいです。

東電HDによると、神鋼メタルプロダクツという子会社のようですが、2016年9月から1年間の部品の「寸法成績表」の一部で、寸法を測定したように装っていたということです。安全神話は崩れましたが、製品も不良品だったとすれば大変なことです。

②関西電力が2019年に運転開始から40年を迎える福井県の大飯原発1、2号機について、廃炉を検討していることがわかりました。これまで最長20年の運転延長を原子力規制委員会に申請する方針だったが、安全対策費用がかさむことなどから方針転換も視野に入れるそうです。大飯1、2号機は出力117・5万キロワット。1979年に運転を始め、大震災の前は、関電は原発で発電量の約4割をつくっていました。震災後、巨額の安全対策費用が必要になり、関電はすでに7基を動かすために8300億円超を投じる計画でした。16年度の販売電力量はピーク時の10年度から2割減。17年度はさらに約6%減を見込む。儲からないのが真相のようです。ここでも安全は二の次です。

今日の行進の替え歌では、「古い原発 再稼働/たかはま 原発/32年の時を超え/さらに 動かす/いらない 恐ろしい/暮らし守らぬ 原発いらない/電気は 足りている/

汚染を 広げるな/避難の計画 不安な毎日/暮らし 脅かす」と歌いました。この曲は4番まであります。選挙で奮闘されている皆さん、ご苦労様です。来週はご一緒できるものと期待しています。


No tags

とき:2017年10月13日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

10月13日(金)、金曜イレブンアクション。雨の中15人の参加でした。それにしても3週続けて雨とは?金曜ジンクスも聞かなくなったようです。今日は、岡山駅西口で野党共闘の演説会がありますので、じん肺キャラバン、金曜アクション、演説会と結構タイトなスケジュールですが何とかクリア―しました。

最近の情勢に触れて、10月10日に東北電力の悪質な経営姿勢や自然電力の送電に関わる妨害国策の実態が京大再生エネルギー経済学の安田太陽、山家公雄の両特任教授に暴かれたとするニュースが流れています。なんと、「空き容量はゼロ」として、光や風力の送電を妨げていた東北電力の実際の利用率は十和田幹線で2.0%、最大の北奥幹線では18.2%と県並み利用率は低いにも関わらず、参入を妨げていたことが分かりました。ひどいものです。あくどいとはこのことです。

再処理工場である日本原燃の六カ所村(青森県)の建屋に雨水が流入したり、排気ダクトの腐食が見つかったりした問題で、規制委員会は保安規定違反を認定しました。原燃の工藤社長は審査の中断を申し入れたが、原発の管理やこうした再処理工場のずさんさが目につきます。人間による管理が十分になされなければ事故は簡単に置きます。いくら想定外だと言っても人間による過ちはなくなりません。こんなことで再稼働が許されるはずはありません。原発再稼働が続く中、福島地裁の判決は被害者への励みとなるものです。柏崎刈羽原発の再稼働などもってのほかです。

今日は雨の中ですがテンポの良い歌を選んで抗議行動を行いました。「過酷な労働関電やりすぎ、人が死んでもめざす再稼働/強引すぎる電力会社、規制の委員が許可を出す」と歌いました。この曲は6番まであります。


No tags

と き:2017年10月6日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

10月6日、金曜イレブンアクション。またまた、雨です。それでも16人が参加してくれました。うれしいですね。柏崎刈羽原発6.7号機の合格の報は悔しい。情けない。規制委員会は反対者はおろか異論も出なかったそうです。推進のための委員会だと言えばそれまでですが、六カ所再処理工場再開のメドも立たない状態で貯まった使用済み核燃料をどう処理するんでしょうか?専門家の皆さん、お答えください。しかも東電は安全を優先すると言っています。思わず、嘘つくなと声が出ました。こんないい加減な会社に安全など笑止千万です。


福島第1原発の除染で3000万円の過払いが発覚、安藤ハザマなど8件の集計ミスや不正請求が明らかになっているにも関わらず、3カ月の指名停止処分で返還を求め不正請求としないなど言語道断。どこまで癒着しているのか?と唖然です。


今日は総選挙も近いということで、政党を意識した替え歌に挑戦です。「事故から数えて6年半/いまだにふるさと戻れない/政府は支援を打ち切った/原発つぎつぎ再稼働」と12番までの替え歌を歌い続けました。


No tags

とき:2017年9月29日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

今日は金曜イレブンアクション。選挙中ということもあり参加者は18人。元気よく「しずかな湖畔」の替え歌を歌いながら抗議行動を行いました。

自然も豊かな ふるさと追われ
仮設の暮らしに 疲れたよ
せき にん
せき にん とれ

ふるさと追われた 仮設の暮らし
むごいよ 支援を 打ち切った
せき にん
せき にん とれ


以下、9月26日のニュースです。
欧州連合(EU)の行政機関である欧州委員会が、東京電力福島第一原発の事故後、福島産のコメなどに科している輸入規制を年内にも緩和する見通しになりました。米国も22日、福島などの牛乳・乳製品の輸入規制を緩和しており、厳しい規制を続ける中国などに影響を与えることも期待されるそうです。


福島県産のコメや岩手県や宮城県などの一部の水産物など。秋田県の産品もすべて除外される見通しで、日本産のコメに対する規制がすべてなくなります。米国は岩手、宮城、福島、栃木、群馬の5県産の牛乳・乳製品で、放射性物質の検査の証明書の添付がいらなくなった。EUの食品の安全に関する専門家でつくる委員会が25日、欧州委の規制緩和案を了承。今後、欧州委が正式に決定する見通しです。
一見、明るいニュースのようですがこれでいいんでしょうか?日本でも敬遠されている東北3県の米や水産物です。放射性物質の検出もされていないということですが、本当でしょうか?放射性物質の検査証明がいらなくなったということは、そうでない生産物が混じってもわからなくことを意味します。外国だからいいことにはなりません。逆に外国からの輸入を受け入れることになります。検査基準が緩和され消費者はどんな添加物が入っているか分からなくなりませんか?東北の方には申し訳ないですが簡単に歓迎できません。


No tags

とき:2017年9月22日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

金曜イレブンアクション250回目の9月22日はあいにくの雨でした。

市長選挙に中区市議補選が重なり、事務局長を含めて常連の参加がない状況です。

クォーター記念日をみんなで祝おうと思ったのですが残念ですが、それでも15名が参加しました。

記念誌が濡れないように1冊ずつビニールの袋に入れてお渡ししました。冊子は11月25日に開催する木村さんの講演会と25曲の替え歌が入れてあります。これまでに歌ったものとこれから歌う予定の歌の両方を掲載しています。実際に現場で歌うのと自分で歌うのとではかなり印象が違うと思いますが、記念として受け取っていただきました。

双葉町に復興拠点ができるそうですが、その拠点となる面積と同じ広さの中間施設ができるということですから、まさに廃棄物と同居です。これが復興の出発点ですから悲しいですね。安心して暮らせる故郷に戻れないことほど悲しいことはありません。

浪江町の国道114号線も6年5か月ぶりに開通だそうです。今年の3月に避難指示が解除されましたが、沿道の集落はいまだに避難指示のままだそうです。道路は開通しましたが本当にこれでいいのでしょうか?完全に除染ができるはずもなく、住民の方の気持ちを思うと複雑です。私は何のため規制基準があるのか?日本政府が無視していることに疑問を感じます。

今日はおもちゃのチャチャチャの替え歌を歌いました。

「危険な会社、不思議な会社、命と引き換え金儲け/海に流れる汚染水、あれから6年過ぎたけど、いまだに事故は止まらない/氷の土壁、無駄だった」

来週から300回に向けて新たな気持ちで頑張ります。


No tags

と き:2017年9月15日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支店周辺

9月15日(金)は249回目の金曜イレブンアクションです。21人が参加しました。岡山医療生協から若い方や日頃からマラソンで鍛えている人などが参加して賑やかです。刈羽原発の再稼働に向けて規制委員会のお墨付きには「あまりにも福島県民の感情を無視した判断であり、会社の体質や同じ過ちを犯す保障などない会社に再稼働の合格証を渡していいとは思えません。田中委員長も当初は反対していたと聞きますが「がっかり」です。福島第1原発事故が発生してから5年ほどは停止していた原発は、規制委員会という推進組織が合格証を与える仕組みによって再稼働を始めました。川内原発、高浜原発、伊方原発、玄海原発と続きました。さらに原発は動き出すと思います。まだ、6万人~8万人の避難者がいます。支援金を打ち切り避難者とは認めない動きもあります。危険な原発という国民の認識はありますが、原発は次々に再稼働しています。もう、政府を変えるしか方法がないと思います。今のままでは日本は汚染大国になってしまいます。北朝鮮のミサイル問題もあります。戦争にでもなれば原発に飛んでくることも考えられます。安倍政権に政治を任せていると暮らしがめちゃくちゃになりそうで怖くなります。

どうして国民はそのことに気が付かないのでしょうか?代わりの政党がないとか言いますが、自公政権は最悪です。それ以外の政党なら他の政党の方がまだいい、と言うよりもまともです。国民の命を守ろうとせずに、言葉だけで実際は戦争やアメリカと大企業言いなりの政治です。

そんなことを考えながらデモ行進を行いました。今日は秋も深くなり、「村祭りの替え歌」で抗議しました。「刈羽の原発お墨付き/東電儲かる喜んだ/どんどんやたらと許可を出す/どんどん溜まるよ廃棄物/規制の委員は無責任」と声を上げました。


No tags

と き:2017年9月1日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支店

9月1日(金)金曜イレブンアクション247回目です。涼しくなり、『秋かな』と思える季節感が漂う昼休みの時間です。25人が参加して脱原発を訴えデモ行進を行いました。

審査が遅れていた玄海原発3・4号機の使用前審査の申請書が提出されたことで、来年2月ごろの再稼働となる見通しだとする報道がありました。4号機も12月ごろには審査申し出になるようです。北朝鮮のミサイルが危ないというなら再稼働はやめるべきです。

福島第1原発の溶けた核燃料の取り出しですが、どうやら取り出し方法が決まったようです。気中工法と言って、格納容器内の水を低くして空気中で取り出す方法だそうですが、水中でやる「冠水工法」では空いた穴の補修が難しいそうです。溶けた核燃料はロボットアームで取り出すとしています。

毎回のニュース紹介ですが、原発問題に詳しくなっていることに気が付きます。これからもニュースを続けたいと思います。

もう秋ということで今日は「虫の声の替え歌」で抗議の声をあげました。


No tags

とき:2017年7月21日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

7月21日(金)金曜イレブンアクションに24人の参加でした。とにかく暑い。さすような熱さに焼かれそうです。集合場所は日陰でいいですが、行進中はほとんど太陽の直射でヒリヒリします。

7月15日、漁業者が「風評被害の元を断ちたい」再稼働反対海上デモを行いました。玄海原発3、4号機の再稼働に反対し、15日に新松浦漁協が行った海上デモに参加した刺し網漁を営む桑下康博さん(47)は再稼働について「なんにもいいことはない。心配事が増えるだけ」と話しました。「一番気がかりなのは風評被害だ。事故が起きれば、放射性物質の流出にかかわらず、魚の価格に多大な影響が出ると思う。最近、テレビで魚の寄生虫アニサキスが取りあげられると、魚価が落ちた。アニサキスなんて昔からいた。もしこれが原発事故だったら……。風評被害の元を断つためにも、原発は動かさないほうがいい。それが一番」と思うと話されました。その通りですが、私は命の問題として考えてほしいとも思いました。もちろん、漁業者の皆さんには死活問題です。みんな立ち上がっています。私たちも頑張りましょう。

関西電力が社員の給与カット幅を見直すことが分かったそうです。福井県の高浜原発3、4号機が再稼働しましたが、8月からの電気料金値下げが決まったために、近く労働組合と協議を始めるそうです。社員にも「メリットを還元する」と言っています。関電は、2013年に電気料金を値上げした際、社員の月給を5%程度カットすることで労組と合意しています。昨春には、家庭向け電力販売の自由化を控え、社員のやる気を高めるといった名目で、削減幅を2.5%に縮めていたそうですがどうするのでしょうか。結局、カット幅は5%に逆戻りするのでしょうか?地域の賃金相場が下がりそうだ。投資家に株の配当をするくらいなら職員に還元したらどうだろうか?原発を廃炉にしたら、さらに賃金をさげる方向に行きそうだ。

今日は替え歌で「海を越え ニューヨーク/国連 決めた~よ/世界のどこにも 持たせない/平和 求めて/話そう いらない/核の兵器は 悪魔の兵器さ/つくるな 核兵器(つくるな)/とばすな 核兵器(飛ばすな)/どこにも いらない/平和な 世界に/

みんなで 決めたよ」と国連での核兵器禁止条約採択を祝いました。


No tags

とき:2017年7月14日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

7月14日(金)、金曜イレブンアクションに25人が参加しました。照り付ける日差しは突き刺さるようで汗が止まりませんが、これが原発ゼロの運動です。休みなく続け、粘り強い闘いの力で中国電力を追い詰めようという気迫が込められています。ご参加いただいたみなさん、お疲れ様です。

今日はさすがの規制委員会田中委員長も怒りを爆発させた話をご紹介します。7月11日の報道です。東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働に向けた審査をめぐり、原子力規制委員会は10日、東電の新経営陣に原発の安全に対する姿勢を確認する臨時会合を開きました。規制委員会は「福島第一原発の廃炉を主体的にやりきる覚悟と実績が示せない事業者に、柏崎刈羽を運転する資格はない」などとする再稼働の要件を提示しました。

これは福島第一原発で増え続ける汚染水や取り出した核燃料などの処理方法が決まらないことについて規制委員会が問いただすと、小早川社長が「国の検討を注視している」と判断を保留すると無責任な返事をしました。これには推進の立場にある田中俊一委員長も「東電は福島県民と向き合っていない」などと批判したそうです。

さらに田中委員長は「廃炉の責任は東電にあるのに主体性が見えない。危機感を持っている」と厳しく東電を追及したというのですから呆れます。こんなことで国民の理解が得られるはずもなく。「ちゃんとせよ」と言うことでしょう。なんとも情けない。

ところで7月8日、核兵器禁止条約が国連で採択されました。加盟国の3分の2以上となる122か国の賛成です。被爆者の思いがついに世界を動かした瞬間でした。日本が棄権したことは「被爆国なのに」と怒りでいっぱいです。

そんなこともあって、今日の替え歌では「①世界はすごいぜ/核兵器無くすと/本気で話し合う/草案ぶち上げた ②世界はすごいぜ/願いが届いたよ/日本の被爆者が/世界を 動かした」と声を上げながら行進しました。


No tags

と き:2017年7月7日(金)12時15分~

ところ:中国電力岡山支社周辺

7月7日(金)、なぜか七夕です。津波と原発事故で亡くなった方との出会いを示唆しているような気もする日ですが、蒸し暑い日です。熊本・大分の災害に比べればたいしたことではありませんが、今日は18人が参加しました。

7月1日から福島原発訴訟裁判が始まっています。6月30日に報道された被災者の中西さんのお話を報道で知りました。西中さんは、「悔しさや悲しさが込み上げてきました。せめて病気だったお父さんの藤吉さんをベッドの上で亡くならせてあげたかった」との言葉は重く辛いです。多くの方が同じ思いでしょう。それを当時の社長たちは無罪を主張するというのも頷けません。「予見できなかった」ではなく、「指摘に耳を貸さなかった」が本当ではないでしょうか?

訴訟団の団長をされている武藤類子さんは、「福島県田村市では多くの人が亡くなり、今も苦しみが続いている。事前に対処していればこんなことにはならなかった」と話しています。

喜ばしい報道はありませんが、六ケ所村再処理工場建設費が当初の4倍、2.9兆円に跳ね上がったとの報道を知ってびっくりポンです。全部電気代で賄われることに変わりはありませんが、これまでにも失敗続きの再処理工場です。本当にできるのでしょうか?騙されている気がします。

高浜原発3号機も営業運転をはじめました。これで全国5基目になります。関電は電気代を下げると言っていますが、そんなことでごまかされはしません。いったい、廃炉費用にこれから先どれだけのお金がかかるのでしょうか?もうすぐ原発の使用済み核燃料の冷却プールは満杯です。

規制委員会田中委員長の発言も呆れました。「北朝鮮のミサイルは原発よりも東京都のど真ん中に落ちたほうがいいんじゃないか」と言うのですから、これにはガックリです。

高浜原発再稼働にあたって住民に説明する際、ミサイルのことを聞かれての発言のようですが、日頃から適当な受け答えが露呈した格好です。あまりにも情けないです。

今日は替え歌で「時は巡り流れて消えた/故郷は戻らない/支援閉ざされた街/暮らしは還らない/生きる勇気/未来見つめ/命守れる社会つくると/誓いは固く」と抗議のデモを行いました。


No tags

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top