岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

連想分類語  民主県政をつくるみんなの会

と き:2019年11月9日(土)10:00~

ところ:岡山市勤労者福祉センター

概 要

民主県政をつくる会は岡山県知事選挙を1年先に控え、総会を開き30人が出席しました。

活動のまとめでは今年1月31日に提出した災害関連と日米地位協定の要望書の内容に触れ、県議会へ政務活動費の使途不明金の解明を求める陳情書が審議未了となったことなどが報告されました。

活動方針では若干の情勢として、県議会議員選挙で共産党が1議席減となったこと、参議院選挙で改憲勢力が3分の2を割ったこと、西日本号豪雨災害から1年5ヵ月が経過した中でのダムや河川改修の状況、県民満足度調査の結果などに触れながら、今後の具体的な取り組みとして、候補者擁立、政策レポートの作成、JR高橋駅高架事業中止、財政確立、役員体制、会計報告と予算案が提案され、全員の拍手で議案が採択されました。

総会では3名が特別報告を行いました。災対連岡山の伊原潔さんが「被災者支援の今日的課題」、県民医連の佐古さんは「病院再編問題」、県高教組の三上さんが「教員の変形労働制」について報告。そして、日本科学者会議岡山支部の小畑隆資さんが「地域政策づくりについて、市民と科学者と政党の共同を模索して」と題する講演を行いました。

 小畑氏さんは、科学者会議の6年間の研究活動の結果、安倍政治に対抗する「市民と野党の共闘の要」は「市民と科学者と政党の対等平等な共同による市民共通政策の提案」にあり、それは地域に根差した組織と運動の実現だとしました。その成果を踏まえて、これから幅広い分野の個人や組織の意見を得て、具体化と方法を検討することが求められていると今日的な課題を提起しました。

 なぜ共通政策が重要なのかについて、「政策は市民運動が立憲野党との共闘を選挙共闘へとつなぐ要に位置づけられるものであり、選挙共闘の結節点だ。さらに、市民連合やおかやまいっぽんの共通政策の基本としての3本柱に、①安保関連法の廃止、②立憲野主義の回復、③個人の尊重を擁護する政治の実現がある。その基盤には日本国憲法の平和主義、国民主権、基本的人権を確認することができる」としました。共闘勝利のために必要なこととして、「政策原理は綱領だが立憲野党の場合、憲法の3原則が共通基盤でもその理解は一義的ではない。市民と野党の共闘の発展のためには市民相互、市民と立憲野党、立憲野党相互の政治的コミュニケーションのネットワークが重要と考える」と述べました。

 その上で、市民主体の「政策」提言活動の一翼を科学者が担うことを目的に、「岡山人権政策研究委員会」を設立したことにも触れ、「平和主義も民主主義も基本的人権のためにあるという視点を据えて、政策論議をする」と研究委員会の内容を紹介。

 小幡さんは、人権政策研究を「人権問題」→「人権要求」→「人権政策」→「人権政治」というプロセス定式化できるとします。「政策は、理念やビジョンから自動的に出てくるわけではなく、総合計画としてプラン化、プログラム化され具体化されていくもの。しかし、要求は体系的である必要はなく、政策化されなくても実現可能。私たちは、問題を議論しているのか、要求を論じているのかを整理する必要がある」と課題を提起しました。


とき:2014年5月23日(金)9時30分~

ところ:岡山県庁議員応接室

5月23日、民主県政をつくるみんなの会は、倉敷駅高架問題で岡山県がJR西日本支社に依頼した計画の見直し案では経済効率がさらに悪くなり、問題視されていた踏切も残ることになることから、倉敷駅高架の計画を中止するよう2度目の申し入れを行いました。

都市計画の樋之津和宏課長はJRが出した見直し案を説明し、「費用の削減は1割であり、見直しによるメリット、デメリットはある。案は岡山県、倉敷市、JRの3者で話し合った結果であり、今後も臨港鉄道や街づくりの見直し案なども出しながら検討していく。現時点では評価できない」と話しました。

みんなの会は今回の説明会では、「3者で話し合ったものであり、倉敷市は承知していること。踏切は2か所しか除去できない、JRの試算では費用が縮減されているが地下道の増設などで市の負担が増えること、倉敷駅の高架工事の変更は期間も長く複雑な工法によりコストがかさむ事、さらには経済効率が悪くなることが予想されることが明らかになった」と話し合い、さらにみんなの会でも検討を加え、今後県の検討結果を待って対応していくことが確認されました。会ではこの日に、これまで集まった署名10269筆の署名を県に提出しました。


, ,

とき;2013年10月25日(金)18時30分~

ところ:勤労者福祉センター4階大会議室

 民主県政をつくるみんなの会は10月25日、総会と同時に、京都自治労連執行委員長の池田豊さんを招いて「勝つための首長選挙について学習会」を開き、関係者35名が参加しました。

総会で会を代表してあいさつする中島さん(人権連・県みんなの会代表委員)

勝つためにはどんな工夫や発想が求められるか?を考えようと、参加者は「府民本位の新しい民主不正をつくる会政策委員会」の事務局長などを歴任された池田さんの話に聞き入りました。

総括と方針・会計報告を行う平井事務局長

倉敷駅高架事業問題で差し止めの5万筆署名を集めようと提起が行われました。

池田さんは、「岡山県の知事選挙が終わって1年も経過してないのにもう選挙の準備か?岡山は相当力が入っている」と話しながら、「実は、全国で首長選挙が闘われながら交流がない。京都でも徳島や兵庫県と交流が始まったばかり。ネット選挙を意識しながら、CMづくりなど、発想の転換を行って勝つための選挙を工夫してきた」とパワーポイントを使って説明しました。

「以前は団体と個人との共同、2004年には市民団体との連携、2008年には会と構成団体との共同など、選挙に勝とうとさまざまな形態を模索してきたが、うまく機能しなかった。それは、会からのつながりが重視され、個人の自由なつながりが活かされない弱点があったから。2012年は会との連携を拡大して、それぞれの構成団体の自主性を重視、勝手連的な運動として発展させることに成功した」と話しました。その上で気を付ける事は、「主要な団体が徹底した共同を行い、多彩な人間模様を活かすことであり、前例にとらわれない創造的な取り組みをすることが必要。すべての共同を求めないことだ」と強調しました。池田さんは、「団体の要求がさまざまあっても候補者を押し出す宣伝を重視すること。短期の闘いでは見せ方や働きかけを工夫することだ」と再度、ポイントを強調しました。

講演をする池田豊さん(京都自治労連委員長)

 また、要求の取り上げ方では、「私たちの言いたい事、伝えたいことと有権者の知りたい事や関心は違う。市民アンケートは特別な層の要求になりがちで、間違いではないがそれにとらわれず、一般紙などの世論調査に応えることであり、言いたい事をすべて訴える演説や打ち出しは有権者には分かりにくい」と注意点を述べました。

「選挙は何よりスマートさ、センスが大切。要求いっぱいのプラカードは止めて、必要なことを大きく打ち出すプラスター、出馬表明も少人数で異色感を出すなどの発想の転換を追求する。若い世代はお金を持ってない。比較的豊かな世代からお金を集めることも今しかできない戦術として考えておく事」など、様々なアドバイスや具体的な戦術を紹介しました。

閉会挨拶をする花田自治労連岡山県本部委員長

 最後に池田さんは、「今やっている事は京都だけで考えたことではない。各地の選挙に出かけて、いいところをパクってきた結果だ」として、「岡山でも他県の支援と同時に調査をしては?」と勧められました。

 参加者からは、「同じことをしていたのではダメだ。支持者のやる気と有権者の関心を呼び起こす選挙にしたい」と感想が寄せられました。


, , ,

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top