岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

連想分類語  憲法9条

と き:2018年8月27日(月)17:30~

ところ:岡山駅西口さんすて前

概 要

 

戦争をさせない、9条壊すな、総がかり行動実行委員会は3000万人署名を集めました。行動には4人が参加し、30分で7筆の署名を集約しました。

県労会議の弓田さんは、「安倍政権は集団的自衛権の行使容認、安保関連法を強行した。9条に自衛隊を書き込むことが実現すれば、名実ともに軍隊と同じになり、日本はあまりかと一緒になって世界中で武力行使をすることになる。しかも、その目的は日本の国益=経済的利益を守るためとされている。日本の利益のために海外で戦争をすることが許されていいわけがない。憲法9条の平和主義を守ろう」と訴えました。

また、県労倉敷の平林明成さんは、「9条改憲をどう思うか」と問いかけ、「もしかしたら自分には関係ないと思っているかもしれない。しかし、憲法9条が変えられ、平和主義がなくなることは何を意味するのかを考えてみてほしい。この問題はみなさん自身の生活に直結する問題だ」と述べました。

安倍政権は2020年の改憲発議を目論んでいます。総裁選でも改憲を宣言し、改憲派の中でも1000万人署名を開始しています。一人ひとりが自分たちの問題として憲法を考え判断していくことが求められます。


とき:2013年5月18日(土)11時~12時

ところ:岡山駅東口ビックカメラ前&西口サンステ前

 5月18日、憲法改悪反対岡山県共同センターは集中宣伝行動日を設けて、11時~12時まで岡山駅の西口と東口に分かれて宣伝・署名行動を展開しました。共同センターでは、憲法改悪の動きを重視して、これに反撃する立場から今年に入って、月2回の宣伝行動を継続してきましたが、憲法審査会の動きが活発化してきたことや安倍政権の靖国参拝、従軍慰安婦問題、過去の侵略戦争への無反省な対応など、危険な動きが強まっていることから集中宣伝行動日を設けて、大規模な宣伝をやろうと企画したものです。

宣伝では東口に25人、西口に16人が参加して、合計で115筆の署名を集めることができました。宣伝には宗教者9条の会から袈裟を着た住職さんなど5名も含め、労働組合や民主団体から情勢の重大性を感じて結集した仲間が集まり、共同センター始まって以来の大宣伝となりました。

宣伝では伊原事務局長や県医労連の岩本書記長がマイクを取って、訴えを行いました。「マスコミの間では、橋下大阪市長(維新の会代表)が従軍慰安婦問題で人権感覚を欠いた発言が話題になっている。沖縄の米軍の司令官に対して風俗営業を活用するように進言したというのですから驚いた。政治家や公務員は憲法を守る義務がある。第99条に明記されている。国民の基本的人権や尊厳を守ることは当然の義務であり、そもそもこんな発言は許されるものではない。安倍政権は基本的に橋下氏と歴史認識が同じであり、9条を変えて国防軍を創設するなど、日本をアメリカと一緒に戦争にできる国にしようとしている。そのために国民の人権を抑えて制限しようというのが彼らの考え方だ。このことは私たちが勝手に言っているのではなく、自民党の憲法改定草案に明確に示されている。ご一緒に反対の声を上げましょう」と宣伝しました。

署名をしてくれた人の中には、「簡単に憲法を変えられては大変。今の政権の人たちは危険だ」「戦争体験者として、食べ物がなかったので苦労した」と話されました。また、「他国から攻めてくれば困るだろう」と言ってくる人がいましたが、「平和外交を進めればせめて来ることはない。今まで攻められたことがありましたか?」と聞くと「それはそうだが」と納得する場面もありました。

共同センターでは今後も集中宣伝で憲法改悪勢力を追い込んでいく宣伝を強化して、参議院選挙では維新の会や自民党の議席を減らそうと話し合っています。


, , , , ,

と き:2012年6月11日(月)12:15~

ところ:天満屋アリスの広場前

概 要:

 梅雨入りをし、雨模様の日々が続く中、県労会議は憲法宣伝と憲法改憲に反対する署名を集めました。11人が参加し、署名17筆を集めました。

 マイクを取ったのは伊原事務局長で、「いま、憲法を変えようとする動きがある。その内容は天皇を元首とし、自衛隊を国防軍にしようという恐ろしい内容だ。また、憲法9条までもを変え、日本が他国に対して戦争をできる国にしようとしている」と危機感を示しました。また、憲法を生活に活かすことについて、「いまテレビ報道では、芸能人を利用した生活保護に対するバッシングが行われている。生活保護を受けたくて受けている人などいない。いま政府がしなければならないことは、大企業・財界優先の政治を改め、憲法の精神に基づき、国民生活に根差した政策を行うことだ」としました。

 憲法の前文では「日本国民は、国家の名誉にかけて、全力をあげて高い理想と目的を達成することを誓う」と宣言しています。高い理想と目的が「平和の実現」「安定した国民生活」であることは言うまでもありません。憲法を掲げて、平和の実現と安定した生活を求めていきましょう。

みなさんも一緒に声を上げましょう。


, ,

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top