岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

連想分類語  寒河引き継ぎ

と き:2012年7月16日(月)12時~12時30分

ところ:備前市寒河~備前市

7月16日、梅雨も明けようとする炎天下の正午、日生町寒河のバス亭前の空き地には兵庫県と岡山県の平和行進団250人がつどいました。

岡山県を代表して、河重寛子さんが挨拶

岡山県代表団の河重寛子さんは引き継ぎ集会のあいさつの中で、「世界から原爆と原発をなくそうと多くの市民が声を上げ始めました。7月15日に県母親大会が開かれ650名が参加する中で、記念講演に招いたマラソンランナーの有森裕子さんがアピール署名にサインをしてくれた」と報告しました。

全国通し行進者の山口さん

全国通し行進者の皆さん

竹田さん

渡辺さん

また、40年前の1975年に製作された映画「歩く」が2007年「被爆者の声をうけつぐ映画祭」にて上映され、その後DVDとなって多くの方が観賞しましたが、その時ディレクターとして活躍されたのが山口逸郎さん(80歳)でした。今回、通し行進者として平和行進の先頭に立たれ、「映画人として行進に参加できことは感無量だ」と涙ながらに話されました。今年の全国通し行進者は、山口さんのほかに、渡辺正郎さん(横田基地の撤去を求める西多摩の会、64歳)と竹田昭彦さん(71歳)です。

氏平さん

県内通し行進者の氏平長親さん(65歳)は、「50年間の民青・共産党の専従生活の中で通し行進は念願だった。広島・長崎・福島・ビキニに思いを寄せて皆さんと一緒に頑張りたい。記録映画に当時の自分の姿が映し出されていた。今回、製作者の山口さんと一緒に歩ける事になり楽しみにしている」と決意を語りました。

岡山県内行進の出発です

引き継ぎ集会を終えると、早速、岡山県行進団120名は備前市役所までの4時間30分間、シュプレヒコールをしながら歩き通しました。


, , , , ,

とき:2010年7月16日(金)12時~

ところ:寒河バス停引き継ぎ

概要:・河重寛子さんからあいさつ

核兵器廃絶を訴えて兵庫県から岡山にしっかりと受け継ぎました。5月にニューヨークで開かれたNPT総会では核兵器をなくすための特別の取り組みをするとしました。国際行動やニューヨーク行動を踏まえて開かれる今年の原水爆禁止世界大会を大成功させましょう。

兵庫の行進団を受け入れました

・兵庫県の代表(委員長・西岡さん)

兵庫に入ってきたのは7月7日。雨の中の行進だった。非核神戸方式の堅持を訴えて歩きました。世界大会の成功に向けて頑張ってきた。アメリカにはっきりものをいう日本にしようと。NPTに60名が参加。宝塚市長も平和行進で歩きました。星野さん、五十嵐さんなど10人の県内通し行進者と歩いてきました。

 *通し行進者の紹介 5月6日夢に島出発、通し行進の五十嵐さんと大越さん

・五十嵐(男性)さん、

ひと言、皆さんありがとうございました。

・大越(女性)さん

  大越さん(中央)、五十嵐さん(左)

坂道で転びヨモギで手当てをしていただいた。岡山はパワーがあると言われてきた

県内通し行進 急遽青年(3人目)が決まった

・塚原さん

ビキニデー、NPT再検討会議に参加した。世界の平和への熱い思いを聞いた。

・清洲さん

65歳になった。NPTの感動を足に託して、平和を訴えて歩く

・竹永くん(19歳)

友達周りで平和について話すことがない。沖縄の辺野古野第2小学校に月1回飛行機墜落訓練をしている。非常に悲しくなった。行動にあらわすことが大切を思った。

県内行進の3人

塚原さん

清洲さん

竹永君

岡山医療生協の皆さん

 さあ、行進に出発

*兵庫県から大きな折りヅルが行進。羽がバタバタ動きます。

 *通し行進者・大越さんの言葉

岡山に入った時の印象はドキドキしながら入ってきた。岡山に入ると元気になるとと言われてきた。岡山では行進の思いが凝縮したような気持ちになった。坂を登りながら入ってきた時に思いが込み上げてきた。


,

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top