岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   第88回岡山県中央メーデー

とき:2017年5月1日(月)10時~

ところ:旭川河川敷相生橋東詰三光荘前

5月1日(月)、第88回岡山県中央メーデーが開かれ、花と緑あふれる5月の街並みにデモ隊のコールが響き渡りました。

職場からの参加が年々厳しくなっているメーデーですが、今年は37団体400人が参加しました。澤田県労おかやま議長が開会宣言を行い、三上実行委員長が開会のあいさつを行いました。「安倍首相は働きすぎの社会から長時間労働を解消すると言っていたが、出された法案は過労死ラインの80時間労働を容認するものだった。先日も教職員は過労死ラインで働いていると報道された。山陽新聞でも岡山県の労働者は働き過ぎとしている。長時間労働の規制と大幅賃上げこそが経済と長時間労働解消の道だ。森友学園問題は教育勅語を教えている。おかしい教育がまかり通っている。共謀罪は内心の自由を侵害する法案だ。絶対に許せない」と挨拶しました。

CIMG9712

CIMG9718

CIMG9722

CIMG9723

来賓の垣内京美さんは「アベ暴走政治に未来はない。暮らしや命まで危険にさらされている。北朝鮮のミサイル問題で日本の対応はアメリカに同調して軍事的解決に手を貸そうとしている。北朝鮮に核開発をさせてはならない。共謀罪はキノコ狩りをすれば犯罪と捜査機関に判断される。働き方改革は過労死を認める法案は許されない。3月に国連で核兵器廃絶の議論がされたが日本も参加しなかった。被爆者の失望は大きい。野党共闘でアベ政権を退陣に追い込もう」と訴えました。

DSCF8547

DSCF8565

DSCF8571

DSCF8576

DSCF8588

岡山市の堤修二治さん(岡山市産業観光局産業政策担当局長)は経済と産業雇用政策を基調とした大森市長のメッセージを代読しました。

おかやまいっぽんの榊原精さんは「私たちは誕生して1年。昨年は安保法制を廃案するために政治団体を立ち上げ、安倍政権を退陣させるために全国で野党共闘をすすめている。三銀選挙では136%の力を発揮した。衆議院選挙でもさらに発展させたい」と活動を紹介しました。

DSCF8597

DSCF8611

DSCF8621

DSCF8632

各団体からの訴えでは、県商連、高教組、自治労連、県医労連は工夫を凝らした寸劇やパフォーマンスを披露しました。

DSCF8640

倉敷民商の禰屋町子さんは地裁では敗訴となったが、裁判所の判断は公安の言い分を丸呑みして、国民の申告権を認めない判決なった。私はあきらめない。ご支援を」と訴え大きな拍手に包まれました。

集会では「野党共闘を力にして、戦争のない平和な日本にするために一緒に頑張ろう」とするメーデー宣言を採択して、デモ行進に移りました。

DSCF8651

今年の成果は昨年に続いて、シュプレヒコールを宣伝カー任せではなく参加者が考え訴えるコールができたこと、月曜日という日程にもかかわらず400人が結集したこと、プラカード展も減少傾向にあるが37点が出展されたことは大きな励みです。会場設営費も前年と比べて安くなりました。関係の皆様にお礼申し上げます。


No tags

とき:2017年4月19日(水)7時45分~8時15分

ところ:岡山駅東口マツキヨ前

メーデー実行委員会は、共謀罪が審議入りとなった19日(水)の朝7時45分~、岡山駅東口マツキヨ前で第88回岡山県中央メーデーの案内をするために宣伝を行いました。参加者は7人、チラシは500枚を配布しました。

第88回目となる今年のメーデーは末広がりの数字が並ぶ縁起のいい回数を迎えました。しかし、国会情勢は大変緊迫しています。3つの点について訴えました。

CIMG9555

第1は労働法制の規制緩和です。月100時間、年間で960時間もの残業を容認するだけでなく、過労死の危険性についての指摘がされている問題です。上限規制があり、連合との合意がされていて、天井知らずの残業を可能とする現行法と比べてOKとする声もありますが、政府が過労死を容認する法律を作るなど言語道断です。絶対に許せないことです。

第2は共謀罪です。テロ等組織犯罪準備罪としてテロ対策という口実があればいいというものではないと前置きしました。政府の意図は明白です。戦争法に反対する国民の世論を押さえつけたいのです。沖縄の辺野古新基地建設に反対する住民の運動を見れば明らかです。現地ではすでに共謀罪まがいの不当逮捕が続いています。目障りな国民を監視して、盗聴などで得た証拠を犯罪と結び付けて閉じ込めておきたい狙いが見え見えです。一般市民は関係などと言いながら、下心は別にあって、将来的にも拡大解釈や戦前の治安維持法につながる法律として政府の足がかりになることはわかっています。年配者の経験を紹介しました。権力者の権限を与えるとろくなことにはなりません。

第3は原発再稼働です。すでに5つの原発の再稼働が容認され2つの原発が動いています。規制員会は推進の立場であり、安全神話が崩壊しても新たな神話が登場して、審査に合格すれば安全となり、電機は足りているにもかかわらず再稼働を容認する政府の暴走を止めなければなりません。戦争法との関係でも、北朝鮮のミサイルが原発に当たれば日本はたちまちの内に大混乱です。北朝鮮や中国の脅威を煽るのではなく、外交の力で平和を維持するのが本筋でないでしょうか?と話しました。

言いたいことは山ほどあっても朝に時間は限られています。3点を訴えてメーデー宣伝を終わりました。5月1日(月)旭川河川敷相生橋東詰めにお集まりください。。


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top