岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   県春闘共闘総決起集会

とき:2018年3月3日(土)10時~

ところ:岡山シンフォニーフォール&岡山駅西口、東口

3月3日、県春闘共闘総決起集会が岡山シンフォニーイベントホールで開かれ、参加者は123名でした。昨年と比べて若干人数が減りました。県労会議15000人の組織実態からすれば少ないです。ですが最近の運動から見ると頑張ってご参加いただけたと思います。私が基調報告を行いました。15分程度の時間ですので十分な報告はできませんでしたが、春闘情勢、賃上げのチャンスだが労働法制の規制緩和で新たな搾取の仕組みが導入されようとしていること、公契約、最賃、春闘も政治課題であり政治を変えることなしに要求は前進しないことなどを話させていただきました。 県労会議加盟の9組織がそれぞれの春闘の取り組みと課題、決意を述べ集会アピールを採択しました。

県医労連は労働法制の規制緩和について、県国公は社会保険庁の分限免職と賃金減額訴訟について、生協労組は賃上げの団体交渉について、JMITUは経営改善と賃上げについて、

高教組は誤った教育改革と労働組合の闘いについて、年金者組合は年金裁判について、自治労連は非正規労働者の実態と闘いについて、国労はJRの安全運動と組織拡大、地域労組からは地労委を活用した労働時間規制と不当配転撤回の闘いが紹介されました。

連合の集会・デモと重なり、デモの許可は出たのですが出発が13時となったためデモを中止して宣伝行動に切り替えました。  予定通り、労働法制の規制緩和に反対する署名に取り組みました。岡山駅の西口と東口に分かれ、それぞれ17人と26人が参加しました。署名は74筆と、一日の宣伝署名では最高の署名数に達しました。

これまでの署名運動では市民になかなか届かなかった訴えや労働実態が通常国会で明らかとなり、署名数が大きく前進しました。勿論、たくさんの参加が大きく影響したと思います。熱心な署名運動に感謝したい。手違いで西口の宣伝で署名ができなかったことが悔やまれます。


No tags

と き:2017年3月11日(土)10時~

ところ:岡山シンフォニーホールイベント広場

岡山県春闘共闘は3月11日(土)、岡山市シンフォニービルイベントホールにて春闘総決起集会を開き200人が集いました。県労会議を母体とする県春闘共闘は29年目になりますが、4年連続の賃上げを勝ち取り地域経済を活性化させようと、産別の取り組みを交流すると同時に、市民に向けても大幅賃上げと地域経済活性化を訴えました。

P1040094

P1040108

来賓として出席した大平衆議院議員(日本共産党)は国会報告として、労働法制の規制緩和に触れながら、「80時間は過労死ライン、繁忙期には100時間もの残業を強いる改悪案に反対して闘う。戦争法や憲法改悪など安倍政権の暴走はすさまじいが、これを阻んでいるのが国民の運動だ。共謀罪は国民・市民の声を抑え込む狙いがある。森友学園問題など国民の財産を格安で安倍首相と親しい人物だからと売り渡そうとする政権は絶対に許せない」と決意を示しながら、集会参加者を激励しました。

P1040130

P1040127

三上県春闘共闘会議委員長は「森友学園問題は安倍政権を考え方や体質をわかり易い形で表面化したものだ。雇用はよくなったと言われるがその実態は決して良くない。国民生活の安定と賃上げを一体に取り組もう」と呼びかけました。

P1040138

P1040147

P1040157

P1040173

P1040177

P1040191

P1040194

P1040184

P1040199

伊原事務局長は、「社会的賃金闘争の3つの課題は同時並行して前進している。公契約運動も非正規公務員の賃金を正職員並みに引き上げ、公共工事の受注業者の下請けにも利益配分される状況を生み出したのは春闘を闘う仲間の成果だ。最賃引き上げと同時に、基本賃金の大幅引き上げと政治課題を同時に闘う春闘で市民を巻き込みながら前進することが大切」と基調報告を行いました。

P1040210

産別の報告では9つの労働組合が活動報告や先行組合としての取り組みを紹介しました。JMITUでは4千円引き出しの支部もあり手応えを感じていました。生協労組は正規100円、非正規10円の回答に怒りをもって2次回答引き出しに向けて闘っています。自治労連の保育分会が中心となって待機児童解消に消極的な岡山市政を批判する寸劇で抗議しました。県医労連は社会保障の闘い、高教組からは教育を県民に取り戻す闘いと決意などが紹介されました。

P1040235

集会を受けて春闘アピールを採択した参加者は、デモ行進で「大幅賃上げ」「地域経済活性化」「100時間もの残業は認めない」と訴えました。


No tags

とき:2015年3月1日10時~12時

ところ:岡山県総合福会館

3.1県春闘共闘学習総決起集会に181名が参加しました。今年の集会はそれぞれの産別が闘いの課題や運動を報告し、学びあう企画としました。官民一体の春闘と言いながら学習会をしてそれで終わりでは、何とも手応えのない集まりとなり、団結に欠けるとの思いから苦肉の策でした。ところが意外にも、迫力あり、連帯感にあふれ、闘いの気概に満ちた集会となりました。

CIMG4614

やってよかったという感慨が駆け抜けました。共産党衆議院議員中国ブロックの大平喜信さんが激励に駆けつけ、デモ行進もご一緒していただきました。元気が出ました。訴えも労働者派遣法について、労働組合の課題に寄り添ったご発言をいただきました。感謝です。最後まで参加者は熱心に聞いていました。基調報告では情勢に触れながら、今年の春闘では昨年のテツを踏まず、必ず大幅な回答を引き出し、連合春闘に引きずられることのないようにすること。もう一つはこの一年間私たちは何もせずに過ごしたのではなく、最賃の引き上げや公契約運動、社会保障制度に対する闘い、消費税増税ストップなどありとあらゆる課題に挑戦して、春闘引き出しの土台を築いてきたことです。憲法でも戦争をしない平和な日本を壊さないためにも外に打って出す運動で世論を喚起しようと訴えました。

DSCF1340 (2)

DSCF1381

DSCF1389

DSCF1399

DSCF1408

DSCF1422

DSCF1417

産別の報告では8団体が報告と訴えを行いました。県医労連は社会保障制度の問題に触れて、看護師不足、医療・介護の診療報酬削減反対の運動に取り組んでいると報告。自治労連は昨年、7年ぶりに賃金を引き上げさせたこと、県内では現場労働者の低賃金と病院、図書館の民営化に反対する取り組みが紹介されました。高教組は教員の労働実態がすでに残業ゼロの中で働いている、評価制度の導入もあるが、子ども達の貧困化を放置して競争教育に駆り立てる岡山県の姿勢を批判しました。国労に仲間は歌を歌いながら春闘要求を4本の横断幕に書きました。県国公は賃下げ裁判や社会保険庁の分限免職に闘いに対する支援を訴えました。JMIUは経営側から賃上げの原資が高すぎると批判されたことを紹介しながら、中小企業への賃上げ原資確保のための署名に取り組んでいると報告しました。生協労組は経営が厳しい中でやっと光が見えてきたこと。年金者組合は年金裁判やマクロスライド年金制の解説と同時に年金者組合への加盟を訴えました。それぞれ、回答指定日に向けて今年こそ本格的な賃上げ闘争に撃って出るとの構えを見せ、仲間の元気な姿を見せました。

DSCF1429

DSCF1443

今年は元気に闘える。絶対に連合春闘に負けない。そんな気概溢れる訴えとなりました。集会後は団結がんばろうとともに、雨のなか、デモ行進にもほとんどの仲間が結集してくれました。シュプレヒコールも勇ましく、元気に行進しました。この日は連合のメーデーともバッティングしましたが、熱気あふれる訴えに参加者も決して負けていないとの確信を持ちました。

DSCF1459

春闘は盛り沢山の課題があります。みんなで助け合って団結して闘うことを実感できた一日となりました。次回、3月12~13日の統一行動も今日の勢いを持続させ、大いに奮闘しようとの呼びかけに組合員は元気溢れる行進で応えました。

 


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top