岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

カテゴリ   ディーセントワークデー

とき:2018年4月15日(日)12時~13時

ところ:岡山駅西口さんすて

4月15日(日)12時から1時間、岡山県労会議は岡山駅西口サンステにて最賃を軸としたディーセントワーク宣伝に取り組みました。宣伝行動は労働組合員だけでなく市民や政党の皆さんと一緒に取り組み、「最低賃金を引き上げ、8時間働けばまともに暮らせる社会を実現しよう」と訴えました。参加者は25人、署名は67筆を集約しました。

署名をしてくれた方の中には最賃制度を知っている人が多く、口々に「最賃が低すぎる。何とかしてほしい」と切実な声が寄せられました。4人組の若い女性のグループに広島県との最賃額の比較をしたチラシを示し、「広島県は818円。笠岡市の人はお隣の福山市で働けば賃金が高くなります。こんな制度はおかしい。全国一律の最賃制度は必要だ」とお話すると、「そうなの?それおかしい」と言って2人が署名をしてくれました。

署名をしている、母娘の2人連れは「最賃は低すぎますよね」と共感してくれました。

最賃宣伝は県労会議の運動としても長い歴史があります。最近、この間の訴えが、日本経済の疲弊が市民の人達に「何とかしなければ」という気持ちと一致するような手応えを感じています。合わせて、安倍政権のもとで起こっている政治の私物化や腐敗が生活不安として現れてきたようにも思います。裁量労働制のデータ捏造はあまりにも国民を馬鹿にした態度です。

支援に駆け付けた共産党の垣内さんは「長時間労働による過労死が働き方に対する不安や疑問として浮かび上がっている。通常国会に出された働き方改革法案はデータのねつ造によって裁量労働制は撤回されたが、高プロ制度は残っている。この制度は一定額の賃金で働かせ放題を許す内容だ。労働者の使い捨ては許されない。最賃を引き上げ、誰もが安心して働ける賃金制度をつくる必要がある」と訴えました。

県労会議三上議長は「高校の教師として貧困家庭で高校に通う学生が増えていることに、心が痛む。一人親の家庭であっても、子どもを普通に学校に通わせることのできる賃金はどうしても必要だ。署名で何が変わるのか・と思う人もいるが、市民の声を集めて要求することが大切だと思う」と署名への協力を訴えました。

パート・臨時労組連絡会の弓田さんは「最賃ではまともな暮らしはできない。全国どこに住んでも同じ賃金になる制度が必要だ。今すぐ1000円、1500円の最賃額をめざして皆さんと頑張りたい」と訴えました。

一人で16筆を集めた三ノ宮さんは「憲法ではこんなに署名は集まらない。最賃に対する関心の高さを痛感した」と明るい顔で話しました。

風が強く、宣伝が始まる前の「月桃の花」歌舞団の賑やかな宣伝とも重なり、華やいだ雰囲気の中で宣伝をはじめました。「森友疑惑徹底究明、安倍政権は退陣を」とするプラスターも同時に掲げ、市民の思いを共有する宣伝として取り組んだのも今回の宣伝の特徴です。  19日には総がかり行動としてアピールや宣伝も行われます。全国に連帯する運動として、生活と結び付けた最賃引き上げの宣伝は手応えを感じる宣伝となりました。


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top