岡山県労働組合会議

はい、岡山県労会議です。086-221-0133

日付 2016年3月20日

と き:2016年3月19日(土)13時30分~、15時~

ところ:岡山駅東口・西口、石山公園

3月19日(土)、戦争法に反対する総がかり実行委員会の宣伝・署名行動に110人が結集、署名は126筆を集約しました。署名数は過去最高の数字になりました。戦争法廃止の署名は現在、中央センターの集約によると500万を超えました。岡山県ではSTOP戦争法岡山実行委員会の集約で10万を超えたところです。1月になって急ピッチで署名が広がり、温かくなったこともあって手応えもよくなり、署名の数は急激に伸びてきました。

DSCF2163

DSCF2152

DSCF2159

DSCF2173

DSCF2183

DSCF2180

DSCF2184

岡山駅東口の宣伝では県職労の委員長さんや、平和委員会の代表、共産党から訴えがされました。戦争になることへの懸念がいっぱい飛び出しました。戦争になれば犠牲になるのは国民です。自公の国会議員が戦争に行くわけではありません。戦後71年間、世界では300もの紛争や戦争があったそうですが、犠牲になった人の84%は民間人です。日本が戦争になれば、或はテロの標的なればフランスやトルコのように、民間人がテロの爆破事件に巻き込まれるに違いありません。安倍政権が報道規制をしていることや高市総務大臣が電話停止を発言しています。また、戦争法をまともに報道するテレビのキャスターが降板させられる事態が進行する下で、日本の報道の自由が奪われていると県職労の委員長は訴えられました。19日は全国一斉宣伝行動日ということもあり、県内各地で宣伝行動が繰り広げられました。東京渋谷では5600人が結集して「野党や市民もまとまるぞ」と声を上げました。

DSCF2177

15時からは石山公園で弁護士会主催の集会とデモ行進が行われました。吉岡会長があいさつ。「国民にとって何が危険かといえば安倍政権だ。戦争法を廃止しよう。安保法制の違憲訴訟を立ち上げた4月には決起集会もやる。5月は2000人の集会を企画している。参加をしてほしい」と訴えました。民主党、維新の党、共産党、ママの会、ティーンズソールの高校生が訴えました。会場は野党共闘、戦争法廃止の決意に大きな拍手で包まれました。集会の様子を見ていた若い人が「弁護士会がデモやるのか」と驚いていました。

P1000655

P1000648

DSCF2186

P1000692

P1000696

P1000698

デモ行進では歩道から手を振ってくれる人、次々にデモに参加する人が出てきて、当初、300人だったデモ行進団は400人に膨れ上がりました。野党共闘・戦争法廃止の大きな足掛かりが生まれた瞬間でした。弁護士会にも感謝しながら、さらなる運動の発展を願うものです。


No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

アーカイブ

To top